12月31日  (土)    除夜 大晦日


   今年最後の日が沈んでいく  神戸大池





夜寝ている間にう〜んと呻るくらいの腹痛あり。
どうやら我主治医の見立てでは胃に潰瘍か腫瘍かができているらしい。
そこに麻婆豆腐の麻辣が染み込んでいたいのだろう。水とかカルピスとかを飲むと少しは治まる
そのために夜中に何度起きたことやら。朝になっても腹を長売ると痛い。
それでも10時から穣君の個人指導だ。今回は私に穣君を紹介してくれたSさんも一緒だ。
ゲームをしたり、漢字クイズをしたり、持参の絵本を読んでくれたり、絵を描いてくれたり
算数の勉強に入りそうになったらそんなことで時間稼ぎをして誤魔化そうとしている節もある。

帰ってきてホッとしたころに電話、見ると着信回数17。授業中だったので全く気がついていない。
それにしても今日の授業希望を今日電話して予約というのは無理だよなぁ
とはいえ、午前中は体力的には一寸問題があったけど、時間的には空いている。
大急ぎで腹ごしらえをして出向く。まあ、きっとあるだろうと思っていたので教材は十分用意済みだ。
夜も食事会をというお誘いだったが、こっちは先約が入ってしまって残念。
一昨日、言ってくれていたらいけたのになぁ。
でも、この二つの授業のおかげで腹痛の方もかなりよくなった。酒とともに授業も百薬の長だな。

夜は先ほどのSさんご持参の大吟醸というお薬を飲みながらすき焼きにて療養。

風邪でも二日酔いでもない病気で不遇のまま暮れていった2016年でありました。



今日の「公案」  

   薪灰となりぬるのち さらに薪とならざるがごとく人の死ぬるのちさらに生とならず    『現成公案』

                今この一時を大切に生きる。「無常なればこそ怠ることなかれ」が、仏教の精神である。













  12月30日  (金)    


   もうあさってはお正月 目出鯛さんも売れ残らないようにね





プールに行きたい気持ちはあったんだけれと、
冷蔵庫が来たら困るしな、と思ってがらくたを積み上げた書斎に籠もっていた。
案外、こういう雰囲気を好んでいるのかもしれない。

ぼんやりとパソコンの前に座っている内に電子図書を2冊買ってしまった。
「君の名は」 ♪君の名はと尋ねし人あり、その人の名も知らず・・・の「君の名は」ではない
今、若者たちの間で大流行という「君の名は」である。
ちょっと読み始めてみると結構面白そう(と感じるのはワシの若さの故かな)




今日の「公案」  

   善行無轍迹    善く行くものは轍迹なし

                                            「老子」












  12月29日  (木)    


   お正月向けの花  湊川市場にて





今日は肉体的にも精神的にも緊張感のある一日であった。
まず、老人大太極拳42 今年の最終回である。
別に中国では今が年末という感覚はほとんどないが、
それでも出席は十数名と閑散たる最終回であった。
練習内容も先生が目の怪我ということでほとんど指導に当たらず
班長さん指導による通しの練習を二回ほどしただけ
やっぱり終わりの方の神戸行きで休んだあたりがちょっと不覚え。
まあ、来年も同じコースを1からやり直すんだからまあいいか。

gacco の方、「ビジネスエコノミクス」が11月16日から
「食養生」が12月14日から始まっていたのを全然忘れていた。
「ビジネス」の方は課題提出期限もとっくに過ぎているけれども
もともと点を取る必要もない。課題に答えることを抜きにして、
ただ聞くだけに徹したら、講義が2倍くらいおもしろかった。
これからはこの方法にしよう。

冷蔵庫が来たら困るのでプールに行く前に書斎の片付け。
片付けというよりは散らかしと言った方が適切だけれども
新しい冷蔵庫を設置して再片付けするまでは
いつ地崩れするかわからない穴蔵生活だ。

夜は「川国演義」で麻婆豆腐などで。




今日の「公案」  

   桃花のさかりなるを見て忽然として悟道か  

                                            「渓声山色」












  12月28日  (水)    


   こんな人形のある家っていいね。どんな人が住んでいるんだろう





垣根の上にはまだ雪帽子が残っている。
そのお隣には半裸の子が合唱して客を迎えている。
正月も近いことだし、散髪に行ってツルツルにしてもらった。
正月も近いことだし、宅配で酒とビールと水を買った。
正月も近いことだし、大型の冷蔵庫をインターネットで注文した。
プールに行ったらサウナは故障していた。
地下鉄に乗ったらカードの金がなかった
紙の本「トットチャンネル」一日で読了。おもしろかった。

今日の「公案」  

   養心莫善於寡欲  心を養うは寡欲より善きはなし

                                            「孟子」












  12月27日  (火)    


   腐っても鯛 枯れてもバラ ということか





午前中は宅配が来るはずだったのでずっと家で待機、というよりパソコンの看病に
でも結局は、ブログをUPする機能以外は回復せず。宅配も車の故障とかで来ず。
神様のやることはホントそのたくらみが見え見えだよ。
物欲を離れよ、の警告も次第にエスカレートしてきている。今日は大型の冷蔵庫が壊れた。
そして、そろそろパソコンからも離れよ、との警告を発しようとし始めているみたいだ。
でも今のところ、ホームページビルダー、FFFTP、一太郎だけ残してくれるのは
もう少しブログは続けてもいいよとお考えであるらしい。

今日はメールではなくて「はがき」を出しに行ったよ。神様よ ご照覧あれ。



今日の「公案」  

   たいせつなのは「今に徹する心」です。
   老いたら老いに徹する。
   病気になったら病気に徹する。
   明日のことは明日、
   昨日のことは昨日のこと。


                                「男の禅語」












  12月26日  (月)    


   さて、私のパソコンどうなるのやら





一日遅れのホワイトクリスマスである。
昨日は雲か霧かスモッグかはたまたPM25か、
空が真っ白なホワイトクリスマスだったけど・・・

パソコンの調子がどうにもよろしくないので、
思い切ってというか、ついついというか
起動時にリカバリのボタンを押してしまった。

そしたらまずWindows10 が消えて 8 に戻ってしまった。
そして、すべてのプログラムが消えてしまった。
今、やっと一太郎とホームページビルダー、FFFTPを回復して
ブログがUPできるようになったところだ。
でも、使い勝手が全然変わってしまっている。

昨日(26日)と今日一日は、ずっとパソコンの看病につきっきりとなることであろう。




今日の「公案」  

   一つのことにわき目もふらず没頭している時、人は一心であり無心になれるのです。
   坐禅をするなら坐禅に、パソコンを治す時はパソコンに一心=無心になる。


                                                                               「男の禅語」












   12月25日  (日)    クリスマス


   人々を潤したあと





クリスマスだった。
小3の優子にプレゼントを渡されて初めて気がついて馬鹿なクリスチャンである。
プレゼントは緑色が下のチーズケーキ、赤い袋は金魚のパックに入ったお茶だった。

勉強(?)は漢字のクイズ。父親も含めて、う〜ん?と大格闘。
漢字へのかけらから元の字を見つける問題は優子が一番。
二つの漢字を組み合わせてひとつの漢字を作る問題は忠一が一番。
お父さんは三番目でした。

伊勢丹のJINs にメガネを作りに行った。
今使っている100均のメガネでも不自由しないのだが、やっぱり目にはわるいかな、と思って。
すごいね。何も見ないで枠は舞うと同じでいいですか、と聞いたよ。覚えているんだ。

宇治の友人からメガネのチェーン送ってやるとのメール。いつもいつもご心配かける。

パソコンの調子がめちゃくちゃ悪い。やっぱりリカバリが必要か?


今日の「公案」  

   苦空の因を救うは利他なり


                                    空海 「御請来目録」












   12月24日  (土)    クリスマスイブ


   これには何が腰掛けるのだろう





10時から穣君の個人指導。
初めに写真のようなクリスマスカードを貰った。
穣くんはクリスマスプレゼントに「かぎ」が欲しいんだそうな。

指導と言えるのかどうか、前半は穣君が持ってきたゲームで一緒に遊ぶ。
遊んであげるというより、遊んでもらっている感じかな。
かなり一生懸命やってもなかなか勝てない。
勝つ時もあるが、なにかちょっと手加減をしてもらているような・・・

ゲームのあとは家から持ってきた「さむがりやのサンタクロース」という絵本を
読んで聞かせてくれた。

そのあとちょっとだけ勉強らしく
「やま たす やま =(出る)」
「ひと から作れるかんじ(漢字)=(足 大 天 など)」
「ちからのないおとこは=(田)」
などのゲームをする。

さて、算数に入ろうとしたら、ちょっと目をつぶってといって
写真のような計算問題を作成。
「先生、やってみなさい」という。
11番が難しいな、と言うと足し算が引き算にかわった。

なんとか答えて出すと 100点 と書いて「持って帰りなさい」と渡してくれた。
全く「先生気分」だ。

午後は急遽 明日 忠一・優子の個人指導が入ったので大慌てで教材作成。

夜は冷凍ながら海老・蟹系のつまみで和風総本家など見ながらビールを3本。





今日の「公案」  

   一時の座禅なりとも諸法とあい瞑す


                                    道元 「弁道話」













   12月23日  (金)    天皇誕生日


   このように空を掃く箒が沢山あるから日本の空は奇麗なのかな





諦めを教えているのか、所有欲を捨てなさいと言っているのか
とにかくこのごろ物がよく無くなる。
昨日、月曜日に作ったばかりの眼鏡ケースがまた無くなった。
3つ目である。今度はケースだけではなく、眼鏡本体もご一緒だ。
失った場所は昨日粥を食った上島コーヒーに違いない。
ここで本を読んで、帰ってきたら無かったのだから、まず間違い無い。
今朝聞きに行ったらやっぱり知らないという。
そらしょうがないわな。神様の試練を珈琲屋の服務員が変更出来るわけがない。
でも不思議だよね。非常に大切な物(パスポートとか)は無くならない。
かなり大切な物(銀行カードとか)無くなって冷や汗をかくけれども、対応ができるようになっている。
もうちょっと軽い物は(13000円の懐中時計とか)は何日が後に出てくる。
そして出てこないのは眼鏡ケースなど生活に必需でないものである。
神様の試練にも愛情を感じるよね。

今日はかなりオーソドックスにパンと紅茶とハムエッグ。



今日の「公案」  

   毒箭を抜かずして空しく来処を問う


                                    空海 「続遍照発揮性霊集」













   12月22日  (木)    


   冬至のめじろと柿





冬至の翌日、やっと遅い太陽が昇った。
昨日までは9時、10時になっても白夜のような薄暗い夜明けだった。
この大気汚染は健康への脅威だけではなく「百薬の長」の配達にも影響を及ぼしている。
宅配業者からのメール

 先日の大気汚染の最高レベル「赤色警報」が発令され、高速道路は一時閉鎖されました。
 それによって、今日の入荷できません。なにとぞ、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
という具合だ。

幸いにして今日は空が見えている。気持ちよく老人大にも通えた。
太極拳の方は、通しの練習を2回やっただけであとはグループ練習をビデオにとって視聴した。
真ん中に写っている黒いのが私だけれど、何かいもむしがごろごろしているみたいな動き、
イメージとしてはもうすこしマシと思っていたんだけどなぁ。これは空気が悪いせいではないわなぁ

天気がいい内にとプリンターインクを買いに行って、プールとサウナ。
帰りは上島珈琲によって、コーヒーならぬ粥を食いながらしばらくの読書。




今日の「公案」  

    昇悟の機 仰がずんばあるべからず


                                        空海  「続遍照発揮性霊集」













   12月21日  (水)    冬至


   冬至  柚子が輝いている  なんと天津とちがうことか





もう何日連続なのだろうか、最悪の赤警報の大気状態が続いている。
この頃は部屋の中でもエアマスクをしなければならない程になってきた。
テレビが映りにくい、インターネットも繋がりにくい。
いくら大気汚染には鈍感な北京天津人でも、これじゃあかなり病人も出ているんじゃあないかな

ゴミ捨て以外は部屋から出ない、窓も開けない、あくびもしないという生活をしていても
なんか肺がおかしいという気がして、倦怠感を感じる。

じっと家におるもんだから、きょうもまた紙の本を読んだ。
「神戸摩耶山殺人事件」斎藤栄著 
事件はともかくも場面はなつかしい我が庭でのできごとである。ただそれだけ。

これも久しぶりにDVDを見た。
「十字架」 いじめで死んだ子の級友たちの背負った十字架。
生きるってのはこういうこと、と言うような真面目なドラマである。
一生懸命見た。




今日の「公案」  

    差し向かう心は清き水鏡  よしあしうつる影はとどめじ


                                                       盤珪永琢 「禅の名言94/100」