11月22日から12月2日まで神戸に行ってきました。その間の記録は右の「過去ブログ」からご覧ください。

   12月10日  (土)    


  北条鉄道 サンタ列車  この列車の中でどんなことが行われているかはブログでも





午前10時15分から、中1・小3の子の個人指導。
と言っても、今日は「日本語教師会」の日で
そこで私は「紙芝居・かさじぞう」を上演することになっている。
指導というより、その練習を聞いてもらう会である。

そのあと、中1の子には「絵本 さくらいろのハンカチ」
小3の子には「絵本 ともだちのしるしだよ」を読んでもらい
そのあと、小3の子は中1のお兄ちゃんに読み聞かせをする
中1の子は小3の妹に読み聞かせをする。

どちらも初めての絵本なので、読むのも聞くのも真剣でたいへんよかった。
特に「ともだちのしるしだよ」は読みながら涙声になったりしていた。

「ともだちのしるしだよ」は難民の子のものがたり。
「さくらいろのハンカチ」は東京大空襲のものがたり。
今現在もこのような難民として生活している子がいること、
空襲を受けるというのはどんなことか、
私時噸の経験を交えて2冊の絵本を読んだ。

今月の教師会は模擬授業をする人が怪我で出来なくなったり
結局、一般の企業のすごく立派な会議室をお借りしてできたのだが
会場が軒並み断られて使えなくなったり・・・と難産な会であった。

教師会では小3の子が絵本を朗読し、4日の日曜日NHKの朝のニュースで
紙芝居をやっている場面があったのでそれや、「世界一受けたい授業」の
国語の時間で「絵本」をやっていたのでその録画とかを見てもらったりした。

たまたま神戸にいる間に電車に乗ったら乳母車で絵本を見せている母親や
今日の送られてきた季節の写真に神鉄の電車の中で
絵本の読み聞かせをしている写真なんかもあった。
gacco「日本語教育」についてもその講義の一部を視聴してもらい、
課題もプリントして配布した。一緒に受講してみませんかと呼びかけたが
反応は何もなかった。 プレゼンの仕方が悪かったんだろうな。







今日の「公案」  

   五大に皆響きあり、十界に言語を具す
   六塵悉く文字なり、法身は是実相なり
   

                                空海 「声字実相義」








                              11月22日から12月2日まで神戸に行ってきました。その間の記録は右の「過去ブログ」からご覧ください。

   12月 9日  (金)    


  日本の空も冬に向かっている





きのう太極拳の授業に行ったら掲示板に
明日、老人大の民楽団、合唱団の発表会があるという。
さっそく友人を誘って聴きに行った。

席取りと友人とのダベリを予定して1時間も前に会場着
おかげでオーケストラ並みの楽団の練習風景もたっぷり見ることが出来た。

驚いた! すごいものである。
前の「民族楽器学習成果発表会」とは違ってセミプロ級である。
全体演奏の迫力も二胡や琵琶などの中国楽器とは思えないほどの迫力だし
少人数のグループ演奏もその技量は素晴らしい。

服装なんかもきっちりと揃っているところから見ると
あつこちで演奏会などやっているんだろうか。

ただ、いつものことだけれど、聴衆が悪い。
私たちは一般席最前列、私の前は「特別招待席」なんだけれども
そこに坐った女性二人、全く音楽は聴かずずっと私語のしっぱなし。
やかましくて音楽が聴けないというほどではないんだが
肩寄せ合って笑ったりしているのがどうしても目に入って気分悪かった。

「たった一週間で世界が広がった、中国・内陸都市への放浪記」電子版
まったく読むに耐えないほど幼稚。
ま、私のブログだって他の人がよめば、これなんじゃ! なんだけどな。

夜、友人4名来宅。
おでんを食いながらさわいだ。






今日の「公案」  

一手拍を成さず、片脚歩むこと能わず
   

                                「高野雑筆集」








                              11月22日から12月2日まで神戸に行ってきました。その間の記録は右の「過去ブログ」からご覧ください。

   12月 8日  (木)    真珠湾奇襲攻撃 太平洋戦争勃発


  日本の秋





日米開戦から71年、ことしはオバマが広島で演説をし、安部が真珠湾を訪れる
原爆投下を謝罪したわけではない、と言いながらもやはりその意義は大きい。
30万人の虐殺を認めなくとも、日本の首相が南京を訪れるというのはやはり無理かな

老人大 太極拳42。2週間休んでいる内に42式全部の練習が終わったみたい。
練習はまだ3回あるので、空白の2週間のところもこれから何度も練習するだろうけど
今日も通しの練習をしていて、その部分だけオタオタとしてしまう。
でも、これってすごくないか?
練習したところはちゃんと楽しく動けて、練習を欠いた部分は動けない。
これって77歳の私でもちゃんと「練習効果」が現れているってことだよね。
何か新しいことを勉強したり練習したりすれば、しないのとははっきり違いが出ている。
おお! 私はまだ成長期にあるんだ!!

帰りは歩いて「禧之源」に寄って成長の糧を買って帰る。

教師会や個人指導の資料作りが楽しい。






今日の「公案」  

   学んで時にこれを習う亦説ばしからずや

                               論語 「第1章「学而第一」








                              11月22日から12月2日まで神戸に行ってきました。その間の記録は右の「過去ブログ」からご覧ください。

   12月 7日  (水)    


  朝から温泉に行っているヤツもいる





やっと今日(実は昨日だけれども)一日のだけのブログを書くという日が帰ってきた。
何日分もまとめて書くのはホントしょうもない。
今日は何を喰ったとか、つまらぬことでも毎日毎日書いていく。
そこには深い考察なんてものはうりはしないけれども、
今日喰った細巻きの美味さの「本当」が書かれている。
もちろん、それを喰っていない「読者」にとっては何の意味も感動もないが・・・
禅って「こんないいこと考えたよ」なんて言わない行為なんだろうよ。
自分の行動で人を感動させようというのは詩人や小説家で禅人じゃないだろう。

今日は銀行でひと揉めしてから、プールに行った。
サウナに入ると欧米系の人二人がいた。英語ではない言葉で話し込んでいるが時々微笑んでくれたりして友好的
そしたらさ、彼らの友人の若い女性が水着姿で入ってきて横に坐った。
女の人と一緒にサウナに入ったのは初めてだなぁ。これぞ普通なのかも知れないなぁ。
男が女性のサウナに入っては、これは普通では済まんのだろうけどね。

帰津してからの一週間でいただいたメール。

  昨日はありがとうございました。子供は二人とも頂いたプレゼントにとても喜んでいまして
  息子はCDを聞きながらちょうどこういうのが欲しかったと言ってドラムの練習をしてますし、
  娘は直接色を塗るのがもったいないと言って、紙を引いて写していました。

  よかったですね。紙芝居!30分、たいへん助かります!
  実験授業というより、体験時間といったほうがいいかもしれません。まだ模索中なので。
  私のほうはぜんぜん大丈夫です。楽しみにしています。

  メールありがとうございます!メールで教えてくださった事をわたくしはまずよい勉強になりました。いまから、わたし先に一生懸命に練習します。
  笑いながらお勉強ができてとても嬉しいですさすが国語の先生で、すばらしいです、尊敬します。
  これで学期末の学生さんのテストの内容が全部決められると思います。
  本当にありがとうございました。また、ご指導くださいませ。よろしくお願いします!

まだ勉強始めていないんだけれど
  久下先生
  ありがとうございます。よろしくお願いします。

こんな幸せな生活をしている。








今日の「公案」  また、始めます。私のためです。無視してください。

   仏道をならふといふは、自己をならふなり

                               道元 「現成公案」








                              11月22日から12月2日まで神戸に行ってきました。その間の記録は右の「過去ブログ」からご覧ください。

   12月 6日  (火)    


  神戸から帰ってきて身心ともやっと普通になってきたかな 





万葉倶楽部で足湯につかりながら読んだ本
帰ってきて写真の整理に疲れて目休みに読んだ本
この三冊は特別内容が深いというわけではないが、
どれもどれも読んでいて気持ちのいい、
そしてそれなりに私にとって必要なことを教えてくれる本だった。

このブログもやっと「今日」の日に戻ってきた。
明日からはもう少しゆったりとブロごうと思う。










   12月 5日  (月)    


  神戸から帰ってきて身心とも「落ち葉」状態 そのB





月曜日、いよいよ天津での生活再開である。
早く起きて、まず老人大へ来期の太極拳42の登録に向かう。
ところが、まず予備登録をして抽選の結果、それに当選しなければ登録できないという
11月17日に事務所で聞いたのと話しが違うではないか、としばらく押し問答。
その間、2階の教務処と6階の健康系の事務所を行ったり来たり、
約1時間かかって、とにかく今日は予備登録だけをして、ということで帰る。

帰りに銀行によって余った米ドルを中国元に両替して通帳に入れる。
たったこれだけのことで、また小1時間だ。
まあまあ、今の私は全中国人民並みに時間にはたっぷり余裕があるからいいけれど、

よかったのは銀行の帰り、ずっと気になっていた炉焼き煎餅みたいなのを買って喰ったこと
目の前で注文したのを焼いてくれるので、待っている間少し寒かったけれども
なかなか美味しい。いつも沢山の人が並んでいるわけだ。

久しぶりにプールに行く。服務員みんながどうしていた? と声をかけてくれる。






   12月 4日  (日)    


  神戸から帰ってきて身心とも「落ち葉」状態 そのA




ものすご〜く空気が悪い。まるで私の頭の中を表しているみたい。
すぐ隣のビルがぼんやりしているし、地上なんかまったくみえない。
天津空港では延発、欠航が相次いで大混乱という。
午後になってほんの少しよくなったけれども、大勢は変わらず。
こんな日にプールになど行ったら健康になるどころか、身心に悪い。
ということで一歩も外に出なかったんだけれど、それでも大変忙しかった。
ブログ「神戸旅行記」を書かねばならぬ。いや、その前に数百枚の写真の整理だ。
一日中、目が潰れるか、と思うくらいがんばった。






   12月 3日  (土)    


  神戸から帰ってきて身心とも「落ち葉」状態 その@




まったくくたくたである。 昨日の酒も残っている。
でも、個人指導の約束が10時15分からと、12時00分からの2件ある。
これがあるからこそ、今日の日起きられたのだと思う。
中1の子には「究極のドラム」というCD付きの練習本、
小3の子には「ディズニーの絵はがき塗り絵の本、
初めて会う小6の子には聞くとすぐ眠くなるという「おやすみロジャーCD本」
をお土産としてあげた。本当に喜んでくれて、おかげで私自身の身心が目覚めた。
それでもやっぱり帰ってきてすぐにベッドにごろり。