11月20日  (日)    


  嵐山の秋




今日は個人指導の日だったが、朝8時過ぎにメールがあって
午後3時半からにしてほしいとのこと。
残念! 午後2時半から携帯を買いに行く約束をしてしまっている。
次の日曜日も私が神戸滞在中のためできない。
次は12月4日になる。
子どもたちより私の方が楽しみにしていた授業だから本当に残念。
銀行で元のありったけを卸してスマホ購入に備える。
まず最初に電話番号の回復だ。
長いこと待ったけれど手続き自体は簡単で、かつ無料。
スマホの選定には時間がかかった。 HuaWei にしたかったんだけど
結局は Lenovo に落ち着く。
メールの送受信はちゃんとできるけれどもその他はあやふやなままだ。
まあ、ここ数日、無くてもなんとかなったんだから
きっとそのうちなんとかなるだろう。
電子図書「雑談の技術」 読了。 

やっぱり神戸にも小型パソコン持参しようと考えて、今日のブログは acer で作成、UPしてみた。
もっとも、神戸滞在中パソコンと向き合ってる時間と気持ちがあるかどうかは不明だけれども。


今日の「公案」

   山は是山、水は是水

                   (禅林句集)











   11月19日  (土)    


  奈良 春日ホテルの「万葉弁当」にみる秋




今日もバタバタと忙しい日であった。

まずは「天水供水」というところに行って水を買う。
天津では水と電気はあらかじめ買って、クレジットカードのようなものに
入力してもらい、それを各戸のメーターに入力して使えるようになる。
ガスだけは進んでいるのか、遅れているのか、
毎月メーターの検針と同時に集金をしていく。

とにかく水を買ってから、プールに行った。
いつもよりは随分早い時間帯である。
時間帯のせいか、土曜日のせいか遊客はすくない。
ゆっくりとサウナを楽しんで、16日に行ったばかりの
古文化街に再度足を運ぶ。
この前は、思いつきだったので、簡単な土産の員数が合っていないので
その員数あわせである。
ついでにふらりと「老美華」という中国靴博物館に立ち寄った。
普通の西洋革靴よりも何か格好いいやん、と思ってついつい衝動買い

忙しいと言いながらこのようにゆらゆらとしているのは
日本に帰った友人の忘れ物を持ってきてくれるように頼まれ、
その受取りの時間(4時20分)までの時間つぶしのためである。
というあこともあってホント久しぶりにマクドでハンバーグを食った。

さて、家に帰って水のカードをメーターに差し込んでみたが全く動かない。
服務員に来てもらって色々やってくれたが結論はメーターが壊れている。
もうとっくに水は出なくなっているはずなのに、ちゃんと水は出ているのだ。
それなら、まあ慌てることはない、と思うのは貧乏人の常。



今日の「公案」

   脚下照顧

             (禅林句集)











   11月18日  (金)    


  奈良 正暦寺福寿院  庭は狭いが借景で広がる




リス君はおだやかにねむっている。
このように頭を隠してしまうと側でどんなに大きな音を出そうと
全く知らぬ顔である。

酒と水の宅配が来るのを待って、銀行に行った。
昨日、銀行で順番待ちをしている内に、
ここで水道水が買えるときいたので買いに来たのだ。
機械が故障でその修理に長いこと待って、やっと動き出したと思ったら
電気は売っているけれども水はダメだという。なあ〜んだ!

全国盲人学校弁論大会の録音を文字化する。
何カ所が聞き取れないところがあったけれども割と簡単に原稿になる。

午後は六里台のバス停で待ち友人と合わせて老人大の音楽会に行く。
「2016年老年人大学音楽系教学成果展民族器楽専場展」という
長い題の音楽会である。
二胡とか瓢箪の笛、箏などに混じって
ハーモニカ、アコーディオンなどの演奏もある。
マイクを余り使わないので静かな演奏会であった。
まぁ、これが本来なのかも知れないけれど、
体中を包み込まれるような音がなくてちょっと寂しかったな。

帰ってきて友人とおでんの残りの大根などを食いながら
5時前まで、またまた、日本語教育論をしゃべり散らす。

友人が帰った後、そのまんま、ベッドに寝てしまった。
7時ごろだったかな。



今日の「公案」

   清風万里秋

             (禅林句集)











   11月17日  (木)     大学生節(中国)


  紅葉、黄葉、そして秋空 真っ盛りだな  六甲森林植物園




忙しい一日であった。
まず、太極拳であるが、始まる1時間ほど前に行き
事務所で2017年度の受講登録、まだ受付をしていないのだが
私は22日から12月2日まで神戸行きなので、
その間に締め切られたら困ると思って相談に行ったのだ。
12月5日に申込をし、14日に受講料を払えばOKとのこと。
まあ、このメモを持っておれば大丈夫だろう。
先生と班長にも欠席届を提出。

7階で書道展をやっていたので参観。
ほとんどの書は読めない。人が読めなくても字なのかねぇ
なんとなく読めたのが左の3点。一番左のはゆっくり読めば面白そうだ

帰ってすぐ散髪に行く。御覧の通りツルツルになって
ビザ申請書用の証明写真を撮りに行く。
銀行にも寄ったけれどえらい沢山の人が待っていたのでこれはパス

地下鉄の駅で「城市カード(定期券みたいなもの)」を購入。
このまえ銀行カードと一緒に失ったものの補給だ。

家楽福、Huawei、蘇寧、国美のスマホ売り場を視察。
6〜700元位からあるけれども1500元くらいのが適当みたい。
中には30元なんてものもあった。大丈夫なんかねぇ。

新しいのを買う前に今ある iPhon と iPad で WeChat ができるようにと
友人が家にやってきていろいろ挑戦してくれる。
6時に来て10時まで頑張ってくれたが、結局ダメ。
次の日曜日にスマホを買ってから再挑戦しようということになった。
6時からのは横に坐っていただけなんだが、へとへとに疲れた。


今日の「公案」

   至道無難 唯嫌揀択

        真理にいたることなどなにも難しいことではない。
        それはただ、えり好みを嫌うだけのことだ。    「禅の名言67/100」











   11月16日  (水)    


  まさか、雪が降ったというわけではあるまいね




スーパーで小豆の餡を買ってきてぜんざいを作って食った。
餅は古くからあった「サトウの切り餅」である。
賞味期限は去年の8月であるが、別に何ということはなかろう。
一つ一つの餅を包んでいる袋がパンパンに膨らんでいて空気に触れていないことは解る
味は悪くはなかったんだが、ぜんざいはやっぱり粒餡にすべきだったな。

昼もぜんざいにして、古文化街にでかける。
神戸に帰る時の土産に何か中国的なものはないか、と街の中を2往復ほどもしたが
これといったものは見つからない。
右の餅を売っているような写真、実は宝石の原石を磨いているのだ。
ただの石ころに見える原石だから安いといえば安いんだけれども
それでも私の予算には合わないし、土産にしたところで
「玉磨かざれば光なし」ただの石ころとして放置されるだけだろうしね。

ぶらぶらと歩いているだけで随分疲れたので
プールは止めてサウナとシャワーだけで帰った。
今日のサウナ温度も高く、バスタオル2枚を借りて寝ころんでいると
30分もしないうちに汗が滝のように流れ出した。
「臥禅」とはいかなかったけれど、こういうのもまたいいものだ。

テレビで「全国盲学校弁論大会」というのを見た。
中に一人、内容はそれほどでもなく平凡なんだが、
文章が詩みたいに聞こえるスピーチ原稿があった。
なんどか聴き直して、やっぱり文字化してみようと録音した。

DVD「まかない荘」 
これも見始めてから随分時間がかかっているなぁ。
食べ物系のやつはついつい買ってしまうんだけれども
ドラマも食べ物も中途半端なものが多い。
私のブログなんかもおなじだなぁ。
ぜんざい作って食いました、なんて何の意味もないけれど
ただこともなく今日も生きています、というメッセージ。



今日の「公案」

   法界を初心に念えば、普賢微咲したもう

                               空海「秘蔵宝論」










   11月15日  (火)     七五三


  柿が終わったら次は何を喰うのかな。




銀行カードが無くなったのは10月6日だった。そして二度目が11月10日
そして今日は11月15日、今度はスマホが無くなった。
スマホが無くなればどんな困ったことが起こるのかはよくわからない。
これをかざしたらスーパのレジが通れるから、きっと危ないかもしれない。
とりあえず友達に頼んで「停機」の手続きをしてもらった。
きっと物への執着から遠ざかる修行の段階にきたのかなぁ
次は何が無くなるんだろうか。

神戸行き1週間前になった。そろそろ本格的に準備にかからなきゃぁ。



今日の「公案」

   心暗きとき、遇うところ悉く禍なり

                               空海「続遍照発揮性霊集」










   11月14日  (月)    


  これ、ほおづき(鬼灯)かな? その名に似合わずひっそりとしていい感じだな。




今日は月曜日、そして火曜日と水曜日は予定 何も無し
木曜日は太極拳の練習あるのみ。
なるべくこの日に2017年度の登録を済ませたいと思っている。
そして金曜、土曜となにもない。

ここ数日はおでんのおかげで、食事の用意も無い。
いよいよ、何も無い人生に突入かな。
「無為自然」といきたいところだけれど、
なかなかその境地にもなれない。

gacco「コミュニケーション Week4」修了したけれど
今週の理解度テストは 4/5 コース全体では 48/100
レポートで12点とれば合格は簡単だけど、
もう不合格でいこうかなと思っている。

「サービス産業のイノベーション Week4」 最終回だけれど
今回はほとんど簿記の授業みたいで面白くなかった。
こっちはテストはない。受講しましたと届ければ100点をくれる。

ある教材を探して雑誌と本 40冊ほどの目次を読んだ。
結局見つからなかったんだけれどもね。暇つぶしにはなったわね。

電子版「空海2 生きる言葉」読了。字が小さくて往生したが、
なかなか真面目な本だった。像は私の四国遍路の時のもの。



今日の「公案」

   無為自然

                    禅の言葉










   11月13日  (日)    パリ同時多発テロ 1周年


  けたたましい赤だな。花の赤は虫を誘っているのだが、これは何のための赤なんだろう?




昨夜も今朝も昼もおでんを食って二つの鍋をやっと一つにまとめた。
でもまだこれから何日おでんを食い続けなければならないことか。
別に文句があるわけではない。毎日二度三度火を入れて
おでんの匂いの中で本を読み、パソコンに向かうのも悪いものではない。

もひとつ、神戸行きを控えて携帯用のパソコンの前線復帰を計っているが
これがなかなか大変である。いくつかのソフトがなかなかインストール出来ないし
キーボードの具合もいま使っているパソコンとかなり使い勝手が違う。
どっちみち神戸にいる間は毎日飲み会と温泉でパソコンに向かってる時間なんて
ほとんど無いんだからパソコンを持って行くのはやめようかなどと思い始めている。
じゃあ、何のために小型のACERパソコンを買ったのだ?ってことになるけれどもね。

4時30分から近くの喫茶店での個人指導。
はじめに来年度の老人大の登録要項を中1の子に翻訳してもらう。
彼は英語も中国語もできるんだ。
その後、中1の社会科の教科書を使って小3の子も交えて、今日はアフリカの勉強。
アフリカってどこにある? ヨーロッパの下。 
へぇ、ヨーロッパの地面掘ったらアフリカが出てくるんか? てな具合の勉強だ。
続いては日本の大学生向けのワークブック「大学生のための日本語表現実践ノート」
に出ている問題を小3,中1にやらせてみる。
小3の子の答案が右の写真である。ここでも「南」を「下」と言ってしまっているけれど
その他はほぼ完全である。日本の大学生はこんなこと練習せにゃいかんのか??

勉強終わって近くの「川国演義」で食事をごちそうになる。



今日の「公案」

   道を学んで利を謀らず

                    空海「遍照発揮性霊集」










   11月12日  (土)    今日は孫文の誕生日なんださうだ


  こういう春先のような実もなっている




第141回天津日本語教師会の日である。
今日のテーマは「読めるけど話せないを解決するための実践授業」である。
参加者個々に参観記録を書いてもらおうと小さなプリントをつくったりなど
司会が私になっていたので、どう研究会を進めるか、いろいろ考えて行ったのだが
今日の学生役の諸君(8名)がほとんど日本語が解らない学生が中心だったので
その進行は大変困難だった。最初から50音がやっとというレベル対象と
解っておればそれなりに貴重な授業方法の発見もあったろうに、と残念だった。

も一つは司会者の問題意識を前に出しすぎて、司会者と言うよりも講師みたいな
役割を演じてしまったことだ。
余程注意をしたつもりなんだけれども、
あとで考えてみるとやっぱり先生意識が出てしまっている。

行きしなにちょっと昼飯を喰いに伊勢丹に寄ったらえらい大々的に「日本展」
というのをやっていた。

研究会・食事会のあと、先生お二人、わが家でおでんを肴に飲んでしゃべへる。



今日の「公案」

   能書は必ず好筆を用う

                    空海「遍照発揮性霊集」










   11月11日  (金)    光棍節 独身者の日 ポッキーの日


  赤い桜紅葉の中から顔を出す青い葉、白い穂 健気




朝から「おでん」を煮込んだ。昨日銀行カード紛失・再発行の騒動を終えて
大量に買い込んだ材料はとてもひとつの鍋では納まらぬ。
じゃがいも、大根、豆腐、蒟蒻、油揚げ、竹輪、筍、海老団子、魚餅、鶏脛などである。
昨今の私の状況から考えるに、火を使っている間は台所を離れるわけにはいかない。
ちょっとした失敗が、銀行カードが無くなった、くらいでは済まないものな。
とか、考えられるということはまだまだ軸足は娑婆にあるということなんだろうな。
本を読んじゃあダメだ、テレビ・DVDも時間を忘れてしまうのでダメ、
とにかく立ち仕事だにぁ、と思って掃除・洗濯・アイロンがけといろいろやった。
そうそう、こんな歌があったな。
♪今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ、
何がなんだか、どれがどれやらさっぱりわからず、それがごっちゃになりまして・・・
というわけで気がつけば12時過ぎ、いけねぇ、教師会に遅れる!
大急ぎで外出の用意をして出かけようとして、ふっと気がついた。
あれ、今日は金曜日、教師会は明日じゃんか! と。
軸足はともかくも、頭は「時空を超え」始めているのかも知れないな。

銀行もプールもあきらめて台所に椅子を持ち込んで読書しながらおでんに付き合った。

夜は久しぶりに「銭湯」に行って、体を伸ばし、丹念に「垢すり」をしてもらう。
帰ってきてからはウィスキーのオンザロック(これも久しぶりだ。)




今日の「公案」

   楓葉経霧紅

                 禅の言葉