11月10日  (木)    


  これもきっと「菊」なんだろうな。かわいそうに・・・・




太極拳、自主練に参加すべく授業開始30分前に老人大に行ったが
いつもの裏庭には誰もいない。やっぱり冬場は無しなんかな、とあきらめて
教室に行くと、廊下でぼそぼそと練習をしていた。
でも、それぞれバラバラなので、参加せずぼんやりと眺めるにとどめる。

さて、練習が終わって帰ろうと思ったら定期入れが無い!!
バスに乗る時、交通カードを出したので
定期入れを家に忘れているということはありえない。
帰って昼飯も食わずに銀行に直行。

失ったカードは10月8日に再発行してもらったばかりのものだ。
幸い窓口の係員は一月前に再発行の手続きをしてくれた人だ。
ちょっとあきれた顔をされたけれども、もう慣れたものだ。
順番待ち45分で、再発行手続きは25分で完了。
カードも通帳も一ヶ月ぶりでまっさらになった。
が、家に帰って気がついたが、新しい通帳には何も記載されていない。
また、明日にでも行って前の通帳を引き継いでもらわなければならない。

このような大きなミスをおかすことが多くなってきている。
しかも、その時に大慌てもしなくなってきている。
蛙のツラに小便ってなものだ。(写真の蛙は食用です)
もう少ししたらミスをしたという自覚もなくなってくるのかなぁ。
まあ、それが年相応に順調な人生の歩みというものなんだろうけど・・・

NHK プロフェッショナルで認知症の生活を、ファミリーヒストリアで聾の生活を見た。
別に選んでみているわけではない。神さんが見ろって言うから・・・
自覚的にしdマガジンで「世界の性革命」 人間が神様から離れていきよる。




今日の「公案」

   凡夫は善悪に盲いて、因果有ることを信じず
   ただし眼前の利のみを見る。
   何ぞ地獄の火を知らん。

                               空海 「御請来目録」










   11月 9日  (水)    アメリカ大統領選挙 トランプ当選


  桜紅葉  桜吹雪があって、葉桜になってそれで終わるのかなと思っていた 桜もパッと散るだけじゃあないのか




次期アメリカの大統領はトランプと決まった。いやぁ、驚いたなぁ。
専門家を含め大概の人は接戦だ、予断を許さないとかいいながらも
クリントン当選を疑っていなかったのじゃあないか。
私も昨日「ひょっとしたらトランプ? って思わせるところがアメリカの凄さだ。」
と書いたのはやっぱり結局はクリントンと思っていたからだ。
プールに入る前はトランプ優勢だったが、サウナから出てみるとトランプに決まっていた。
マジびっくりした。これがアメリカの凄さだ。
ひょっとしたらトランプじゃあダメだと思いながらも、クリントンの既成路線安住を
批判するという意味でトランプに入れたという人もいるかも知れない、とか思ってしまう。
TPPはやめるんだろうけど、その他はどうなの、
各国の首脳の話でも要するにどうなるか何もわからないって言っている。
でもどうなんだろうかね。メキシコとの間に壁作るんかい?
イスラム教徒の入国は拒否するんかい?
大統領になってから選挙戦で言ったあれはウソだった、とか言うのかい?

Eテレ「100分de名著 正法眼蔵」始まる。テキストは買ったが、それは終わってから読もう。
その方が講師と伊集院の対話を楽しめる。






今日の「公案」

   真言は美ならず
   美言は信ならす。

                 「老子 81章」










   11月 8日  (火)    アメリカ大統領選挙


  昨日は森の小道を寄り添って歩く老夫婦  今日は茎に残って寄り添う花二輪




日曜日の「炉開きの茶会」の写真を送っていただいた。
私から見ればかなり惨めなおじいさんが茶を飲んでいる写真が数葉
自分が思っている自分と人から見た自分とはこんなにも違うものだな、
ということがよく解る。録音で聞く自分の声もまた同じである。

姿や声だけではない。しゃべっている話しの内容もまた同じである。
「・・・・だから○○だろう」としゃべっているつもりが「・・・・」の部分が飛んで
「○○だろう」だけをしゃべって、人から「なんでやねん?」と
思われているようなことも多い。
好意的にあいづちを打っているつもりが、「うん、うん、その通り、よくできました」
と上から目線になっていることも多いと思う。
先生稼業の垢はサウナでもシャワーでもなかなか落ちないので困っている。

突然 gacco を思いだして2つの講座を聴いた。
「コミュニケーション Week3」
当たり前と言えば当たり前の内容・・・・という感想で終わってしまう。
自分の狭い理解から、ちょっとはみ出して聴くことができれば
生き方が変わるようなヒントが取れたかもしれないのに・・・・

「サービス産業のイノベーション Week3」
こっちは日本中の多種多様な仕事の現場からの報告がいっぱいあって
それだけでも、ふぅ〜ん、へぇ〜、な〜るほどと面白い。
自分に引きつけて言えば
「あいさつで始まらない会話はない」に惹きつけられた。
これまた、当たり前のことなんだけれどもね。
これまた、もう一度見直してみる必要がありそう。
禅にとって挨拶とは、極めて重要な修行という言葉もあるしね。

電子版「新版 ADHDのび太・ジャイアン症候群」 司馬理英子著 読了
こういう行動パターンがあればそれはADHDかも知れない
ADHDの子はこういう行動に走りやすい、等々という説明が長々とある。
私の子どもがADHDだったりしたら、長々しい説明の繰り返しも熱心に読むんだろうけれど
人さまの子の行動を診断しようってな気持ちは無いので、やや飛ばし読みになった。

WebMoney を送ってくださった方が、これ読んでみてくださいとおっしゃった本2冊を
読み終えた。まだ残額があったので電子版の本 4冊を買った。ごめんなさい。
「道元」 和辻哲郎著
「禅学入門」 鈴木大拙著
「雑談の技術」 ビジネス科学委員会著
「大東利用の演説 歴史を創った絶巧の話術」 パトリック・ハーラン著

左は天津市内にある格林豪泰酒店(グリーンツリーイン)の入口である。
星条旗は逆さまに掲げられていない?
アメリカ大統領選の投票が始まった、この時、この星条旗は何を意味する?
クリントンとトランプとどっちが嫌いか、を競う投票。
ひょっとしたらトランプ? って思わせるところがアメリカの凄さだ。
イギリスだってEU脱退なんてやってのけるなだ。日本はまだまだ米英には勝てないな


今日の「公案」

   禅にとって挨拶とは
   まさに魂と魂、人と人がぶつかりあい、
   相対峙する際の、きわめて重要な修行

                               「禅の名言02/100」










   11月 7日  (月)    立冬


  こういうのホントいいなぁ




8日の朝、昨日はどんな一日だった? と思い出そうとしても
何も浮かんでこない。こんなことが度々起こるようになった。
でも、これも毎日ブログを書いているからで、もしこの作業が
なければPM2.5とかで視界が全くきかない世界にいるような
そんなぼんやりとした毎日となってしまっているんだろうな。
痴呆のゴールラインだけはもうそこにはっきりと見えている。

今日の飯は質素だ。朝と昼の兼用は辣白菜に切り餅2個
夜はインスタント焼きそば一平ちゃんに冷凍餃子
昨日のサラダの残りとビール2本。
DVD「まかない荘 DEF」 ワシの夕食、この一皿よりは
ちょっとだけましかな。

・電子図書「ADHDのび太・ジャイアン症候群」 半分読了
・ビザ申請代行会社に問い合わせメール
・NHK「こころの時代 良寛」「Nスペ トランプ現象」
・神戸での予定がほぼ埋まってきた。



今日の「公案」

   足るを知れば辱められず
   止まるを知ればあやうからず

                             老子 44章 










   11月 6日  (日)    


  三木の金物市  古式ゆかしいこういう行事もある




午前10時から天津日本人会主催の「炉開きの茶会」
今日は頑張って作務衣ではなく、ちゃんとした和服で出かけた。
和服で外に出るのは天津に来て初めてのことと思う。
この間、冬服を出していて、偶然に見つけたものである。
汗かきかきアイロンをあててなんとか着られるようにしたものである。
角帯が見つからず兵児帯で代用だが特に違和感はない。
結構暖かいし、そんなに動きにくいということもない。
これからは時々着用してみよう。

南開大学の茶室でのお茶会は炉開きとあって「濃茶」である。
正式に茶道を勉強したことはないんだが、抹茶や茶室には
小学校の頃から親しんでいた。
が、「濃茶」の回し飲みは初めてだ。
これは不味い! なんだか胃が重た〜くなって
昼過ぎ家に帰っても飯を食う気がしなかった。

午後は小3と中1の子の個人指導。
梅江の喫茶店(パン屋さん)で社会科、国語、家庭科を
混ぜ合わせたようなものをわいわい楽しくやる。
家庭科は「自分で料理をしてみて」という中学生の作文の読解
中1のお兄ちゃんが漢字の読みてやったりしながら
小3の妹が文章を読んで感想を言い合ったりする。
中学生のさくぷんでも「音」になれば小3で大体理解はできるんだなぁ
右のはその延長で自分で出来る料理について書いたものである。

DVD「総理の料理番 FG」終わりまで全部を見た。

リス君、左は今まで使っていた布団だが、
裏地がガーゼ風になっているので、それを噛むのが好きのようだ。
それはいいんだが、それに足の爪を引っかけて取れなくなってしまう。
救出にはえらい時間がかかってしまって可愛そうだったので
布団をガーゼのないものに替えてやったに、おとなしく寝ていた。

15日までかなり時間があるけれど、
今年の冬の寒さはひどいからなんだろう今日から暖房が入ったみたい

朝はまた、梅干し粥 夜は刺身を買ってきて食った。
帆立は冷凍の刺身だけれども、ちょっとヤバイかなと思って焼いて喰ったら旨くなかった。



今日の「公案」

   自分で「こういうことがきっと風流だな」と思うようなことも風流ではない。
   あくまで自然なふるまいを他人が見て、
   「ああ、これは」と感じたものが風流です。

                                              「男の禅語」 P181










   11月 5日  (土)    世界津波の日


  錦市場  いかにも市場らしい感じがいい




「日米韓」っていうけれども
韓国もアメリカも大変なことになっているなぁ
パククネ大統領の支持率5%
クリントン・トランプの支持率差5%
あと数日で世界は変わるかも知れん。
北朝鮮はどうするんだろうかなぁ。
リス君も檻の中からじっと世界を眺めているよ。
ちょっと気を紛らわせてやろうかと
猫に鈴ではないけれど檻の中に鈴をぶら下げてみた
表面上は余り関心はないような顔をしているけど・・・

中はここ20週間ほどの間に視たテレビ番組
右は今週視る予定の番組だ。
こうしてみると毎週20〜30の番組を看ている。
これじゃあ、賢くなるわけないわな。



今日の「公案」

   いつ学し、いつ修したりとも見えず

                               「正法眼蔵随聞記」

                                









   11月 4日  (金)    


  修法ガ原の池  ここで誰が何を「修法」なさったのか




天津の空気はもはや「あさぼらけ」とか「霧立ちのぼる」とか
悠長なことを言っている状態ではない。
昨日の写真は9時ごろで、昼には見通しもかなりよくなっていたのだが
今日は昼すぎになってもこの状態である。
在中国日本大使館からの注意喚起(大気汚染)も出されている。
この間からの咳は風邪の余韻ではなくて、PM2.5 が肺を刺激していたのかも・・・
ま、そういうわけだから善良な日本国籍人としては
日本国大使様の仰せに随い外出は控え、和服に着替えて蟄居謹慎して
三笠宮様への哀悼に参加することにした。

哀悼と関係あるのかどうかは分からないが、
突然に「梅茶漬け」が無性に喰いたくなった。
ご飯もないのでまずは米を洗って炊き、熱々のごはんで梅茶漬けをして喰った。
和服を着てみたり、梅茶漬けを食ったり、皇室の弔意を感じたり
なんか「ああ、大和にしあらましかば」って感じだな。もう神無月は過ぎたのにね。

一日 外に出ないと決めたので、いろんなことをたくさんやったよ。
一番多くの時間を費やしたのは
電子図書「発達障害のある子どもができることを伸ばす 学童編」を通読したこと。
這えば立て、立てば歩めは親心だろうけれども
無関心・傍観か、見守りか、手助けか、叱咤激励か、
難しそうだけれども、人と人との関係ってもっと自然なもんじゃあなかったのか
俺だって数秒前に浮かんだアイデアがもう思い出せないし、注意は散漫だし
眼はかすむし、耳は聞こえないし、今日の予定なんて思っても1/3 もやらないよ。
この年になるともう怒る人いないし、俺も俺のこと怒らないし、ま、そんなもんだよ。

住友銀行から長い長〜いお返事をいただいた。
どうやら Web通帳は紙の通帳にはならないってことが書いてあるみたい。
プリントアウトしてもう一度しっかりと読んでみよう。

「自分のすべてを中国語で口にできる本」千島英一著
「自分のすべてを日本語で口にできる本」と読み替えれば
これぞ、今日本語教師会が問題にしているテーマだ。
と思って日本人会から借りてきたんだけれど、
ま、そうはうまくいかないみたい。

夜はまたまた「梅」だ。



今日の「公案」

   山河大地日月辰 これ心なり

                         「身心学道」

                                









   11月 3日  (木)    文化の日


  有馬温泉 瑞宝寺の大茶会 寒くはありませんか




朝起きてみると私の気分とは裏腹に、窓外の見晴らし極めて悪し。
スモッグなのか、はたまたPM2.5 なのか、ちょっと気味が悪いけれど
「朝ぼらけ天津の川霧たえだえに現われわたるビルの峯々」という歌もあったっけ
と納得することにして老人大太極拳にでかけた。
寒さのせいか、空気におそれをなしたのか、朝の自主練の人数は少ない。
寒さのせいか、人数が寂しいからか、いつもは10時ぎりぎりまである練習が
9時45分くらいで終わってしまう。
人数が少ないせいか練習は充実していたように私には思えた。

練習中に鞄の中に入れていた携帯が鳴る。
私には全く聞こえなかったのだが、同学のお年寄り達にはみんな聞こえたようで
練習は一時中止して、お前の鞄だよと指さされる。
慌てて廊下に飛び出して聞くと、契約更新を取りやめたインターネットテレビの会社だ。
午後1時ころなら家にいるよ、と言うとちょうど1時に取りに来た。
どうぞってスリッパを出すと、ありがとうと言って
スリッパのまま畳の上にあがられたのには参ったなぁ。
ま、これで一時3社がひしめき合ったインターネットテレビも一件落着

老人大では「菊花展」が行われていたが、なんかもやもやとしおれたような寂しい菊だった。
中国では菊よりも牡丹なのかも知れないね。
蘇東坡だったかに菊の詩があったような気がするが、例によって思い出せない。

テレビ「橋下&羽島」というのを看る。
夜の11時過ぎからの番組なんだが、出演者がゲストがなかなかすごい。
石原慎太郎だったり、小池百合子だったり、石破や蓮舫だったり
まさかと思うような時の人が出てくる。
今日はどういうわけか鳩山由紀夫だったけど・・・・友紀夫って改名したんだって。

夜は冷凍のお好み焼きをフライパンで焼き、シューマイをチン
そして昨日の野菜サラダの残り、久しぶりに燗酒 でなにごともない一日が終わりました。







今日の「公案」

   夏は涼しく 冬は暖かに

                         「利休七則」

                                









   11月 2日  (水)    


  ビワの木も大きくなり蕾を沢山つけている、実も沢山つくのだろうか。来春が楽しみ




今日は何か一日がすいすいと調子よく過ぎていった日だった。
朝も8時前に気持ちよくお目覚め。
8時半 飲料水を注文する。電話をして水が無くなったというと、
それだけですぐに新都大厦2号楼 1桶、と答えてくれる。
しばらくするとチャイムが鳴って水じゃあなくて日本酒とビールが届いた。
よかった! 廃業していたんじゃあなかったんだ。

昼、国際大厦 日本人会に行って本を14冊借りる。
酒と本が近くにあればほんと幸せな気持ちになれる。

日本人会の帰りカルフールに寄って洗濯機ようの洗剤など買っているうちに
時間が遅くなって今日はまあ、プールはやめようか、

家に帰ると日本にいる友人から本でも買いなさいとメールで
WebMoney の16桁の暗証番号が送られてきた。
入れてみると5000円ちゃんとチャージできた。
さっそく彼ご指定の発達障害関連の本2冊を購入ダウンロードもうまくいき
ちゃんとパソコンの書架に納まった。半分以上の金が残っている。これはお布施かな。

11月になったので日本行きの予定もそろそろ考えねばなぁ、と思っていると
日本の友人から○○日に◎◎の会をやるぞ、とのメールがはいる。
なんとタイミングの良いことなんだろう

日本の銀行の口座の機能を増やすために住友銀行にその手続きの質問をメールした。

日本酒、日本人会の本、日本からのお布施、日本での予定、日本の銀行と今日は私が日本人に戻った一日であった。

夜は冷凍庫で4〜5ヶ月大きな場所を占めていたステーキ肉をワインに漬けて解凍し、焼いて喰った。
カレーはただDVD「総理の料理番 C」の一節であり、喰った訳ではない。



今日の「公案」

   物の興廃は必ず人による

                        空海 「遍照発揮性霊集」

                                









   11月 1日  (火)    霜月


  身近なところにもいろいろと実りの秋が感じられる




さて、いよいよ11月だ。
「いよいよ」とか言ってみても別になにが待ち受けているわけでもない。
ただ昨日に続く今日なんだけれど、
10月はあまりツキのない日々が多かったので、「いよいよ」とか言ってみたい気分。
6日 銀行カードを紛失した、14日 ワケも解らずコンビニでひっくり返って怪我をした、
17日 3〜4日も続く風邪を患った、10日と21日 天津で長年の友人が本帰国、などなど

でも、気持ちいいなぁ、幸せだなぁ、と感じることも結構多かったんだけれどもね

今朝はどういうわけか3時前に起きてしまった。
本を読んだり、テレビを見たりしていたんだけれど、
なんかぼんやりとしている。昼前にチューハイなど飲んで、
無理矢理眠気をつくって2時間ほど昼寝。
これで心身ともにすっきりとしてプールとサウナへ。

夜は酒を飲みながら朝日テレビ「しくじり先生」を3時間も見てしまった。
高橋ジョージ、ムーディ勝山、クレイ勇輝と3人とも全く知らない芸人だけど
現実の「しくじり」はやっぱりいろいろ考えさせてくれる。3時間だから勿論途中で
酒も肴もつきはてて、あとはジョニ黒をチビチビやりながら揺り椅子で12時まで
こいつぁ体に良い訳きゃないさ、解っちゃいるけど・・・



今日の「公案」

   風燭滅え易く、良辰遭い難し

                        空海 「高野雑筆集」