10月31日  (月)    ハローイン


  柿の木は折れやすくて危ないんだよ。小学校の頃、高いところにある太い枝に腰掛けていて突然折れて落下したことがある



酒・水の宅配が不調である。
金曜日・日曜日そして今朝、さらには今夜にも
注文のメールを出したが返事なし。電話も繋がらない。
ひょっとして廃業したのかなぁ。だとすればちょっとえらいことだなぁ。

・・・・酒なくて秋の夜長をいかにとやせん・・・

Eテレ「ニッポンのジレンマ」というのを見た。
京都大の若い研究者たちによる討論会というか座談会である。
現代科学についてその有用性、効率性、不便と便益
どう役に立つのか、役立つとはなにか、無駄の効用
ええ加減さと厳密性などなど、まじめな話し合いで面白かった。

その他、今日は(実際は昨日は)何をしたんだろう?
そういうことがだんだん、いやかなり急速に思い出せなくなってきている。
記憶がないのではない。思い出せないのだ。 まぁ、それが自然なのかな。


今日の「公案」

   仏心といふは粥足飯足なり

                     道元 「発菩提心」

                                









   10月30日  (日)    


  夕空晴れて秋風吹き 想えば似たり故郷の野辺 ああわが友垣 誰と遊ぶ



少し早く起きた。ブログをUPしてから
ゆっくりと揺り椅子に座ってテレビを見る。
番組は「Nスペ 100歳の世界」
いつまでも健康であることはいいことなんだけど
100歳まで生きるってことは本当にいいことなんかいな?
五木寛之「日本人の死に時 p187」に
  江戸時代や明治時代に介護保険が必要なかったのは、
  たいていの人が自然の寿命で死んでいたからです。
  今は少しでも長く生きたい、生きてほしいといえ欲望に振りまわされ、
  多くの人が苦しい最期、過重な介護、膨大な医療費を背負い込んでいます。
  文明は進むばかりが能ではありません。人間を幸せにしないのなら、
  ある部分を棄てることも、また文明の知恵であるはずです。
とあったが、同感だなぁ。この番組もその本心は
へたしたらお前も100歳まで死ねないかもしれないから
せいぜい今から養生しておけよ、と教えているのかも?

今日の個人授業は梅江の方の喫茶店でやった。
小3の子はダンスの練習があるというので中1の子一人で
1時間半ほど、といっても30分ほどは
ドラムの話しをしていた。これまた私には新しい世界だ。
早めに止めて小3の子のダンスを見学。
ダンスの授業が終わったので さあ、帰ろうとしたら
その子が勉強したいのに、とごねだしたので
またドラムの練習が終わるまで1対1で1時間ほど一緒に
社会科の勉強をした。これもまた、楽しかった。
いいなあ、私と一緒に勉強がしたいって泣いてくれる子がいる。なんて幸せなんだろう。

gacco「サービス産業イノベーション Week2」 バイキング料理の裏側とかホテルの清掃チェックとか
動画がたくさん盛り込まれていて、あんまり知らない裏の苦労をたのしく勉強できる

電子図書「道元 禅の言葉 BC」 読了  生き方お勧め集というか、なんか薄っぺらい。

梅江の帰り、伊勢丹に寄った。 ハローインの飾り賑やか。
濱江道なんかでも渋谷のように賑わっているんだろうか。
このごろ、濱江道より渋谷のニュースの方が身近になっているのかなぁとちょっと驚いている。



今日の「公案」

   むかしはみんな家で安楽死していた。近代医療の発達する前は、
   たいていの人が自分の家であまり苦しまずに死んでいました。
   自然に任せておけば、人間はそれほど苦しまずに死にます。
   それは動物の死を見ても明らかなことです。死が苦しくなるのは、
   人間があれこれ手を加えるからです。
   放っておけば、そんなに苦しむ前に力尽きて死にます。

                               本文中でも紹介した五木寛之「日本人の死に時」の p145 からです

                                









   10月29日  (土)    


  幹は切られても枝葉は盛ん




夜 寝るとき「いい一日だったなぁ」としみじみ思った。
別に何か特別なことがあったわけではない。
朝はチャーハンを着くって喰った。
そして昨日の郵便物を取りに郵便局に行った。
郵便局では少し日本語の出来る人を用意しておいてくれて
簡単に手続き完了、だけでなく、とても一人では持てない
大きく重たい荷物を自宅まで運んでくれた。

部屋の模様替えをした。
畳の上で寝ころぶのをあきらめて、籐の揺り椅子を据えた。
お茶を飲みながらゆらゆらとテレビを見る。
オイルヒーターも側にあるんだから、多分寝てしまうんだろうな。

いい気持ちでプールに行った。
今日のサウナはちょっと温度低めで、これがいい。
サウナの中で1時間ほど寝ころんで「臥禅」
なかなか無想にはなれないで、あれやあれや思いつくままに
夢想のなかをただよう。気持ちいい、悟りはいらん。
ま、こんな感じだけど、もうしばらくしたら
夢想の中をただよいながら「ああ、いい一生だった」と想えたらええんじゃあない?

gacco「コミュニケーション Week2」 簡単だったんだけど、最後のテスト5問中3問×
こう言うときは、問題が悪い! で一件落着。 別段落第するわけじゃあない。

リス君、寝るときは左のようなのに、夜中の間に右のようにひっくり返し、動かしている。


今日の「公案」

   室閑茶味清


                                 









   10月28日  (金)    


  昨日と同じかえでの木 一本のかえでの木の中で形は同じでも色とりどりを示す葉たち



郵便局が家まで来て小包が届いているから
天津大学の郵便局まで取りに来いという。
ただ、取りに来いっていったって、大きさも分からないし・・・
この前の時はこれでケンカして受取拒否をやったんだった。
今日は天気もいいし、ぶらぶら天津大の構内を歩くのもいいかと
素直にカードを受け取り、パスポートを持って出かけた。

空も晴れ渡り、暑くも寒くもなく、落ち葉散り敷く大学の構内も
静かで美しく、ほんといい気分である。

ところが郵便局に着くとパスポートの名前と宛先が違うとか言って
荷物を渡してくれない。いろいろ交渉した結果、
明日の朝、係員が荷物を自宅まで持っていって確認するという。
それはそれは大いに結構だ、荷物を運ばなくていいし・・・
30分にわたる攻防の末、めでたく一件落着。かと思ったら
また、あとで電話。今度は面と向かっているより話しはやっかいだ。
とにかく明日の午前中、家で待っているからだけで押し通す。
結局、あすもう一度出直す。その上で係員が荷物を運んでやる
ということで、二度目の一件落着。

「どこでもVPN」というのが期限が近づいているというので
早速インターネットで送金。こちらはすぐに入金確認しましたとの返事

いつも寝ているように見えるリス君も夜の間にいろいろ頑張っている


今日の「公案」

   毒箭を抜かずして、空しく来処を問う


                                 道元 「続遍照発揮性霊集」









   10月27日  (木)    


  「樅の木は残った」とかいうのがあったけじ、これはまた立派な楓の樹でな。



先週は風邪のために欠席したので2週間ぶりの太極拳である。
少し寒かったけれど朝の自主練から参加。
先週はあまり新しいところは習わなかったみたいである。
相変わらず片足経ちはよろよろするけれども
それでも同学の人が、あなたは膝も腰も没問題で羨ましいとか
話しかけてきてくれる。人にそのように見えることが不思議である。

家に帰って iPad でテレビを見ようとしたら IDとPWを入れろとでる
そんなもの聞いていないよ、と電話するとまたすぐに
担当者が家まで来てくれた。中国の営業も親切なものである。

gacco「コミュニケーション」と「サービス産業」の講義を
ダウンロードしてからプールにでかける。
なんと外は雨である。でも傘を差して出かけた。こういうことは珍しい。
雨のせいかプールには人もなく薄暗い中でひとりストレッチ、
何とサウナは温度は思い切り上がっているんだけれども
電灯が切れていて真っ暗のなかで汗をかいていた。

そうそう、個人指導で小3の子も参入ということで、何かいい教材はないか、
とこれには随分時間をかけて、あちこち本棚をひっくり返してみた。

夜はわが家で友人と飲み・おしゃべり会。
おしゃべりというと、眼が見えんとか、もの忘れとか、そんな話しばっかりになるこのごろだ。
友人もかなり酔っぱらって奥さんに迎えに来てもらって帰る。

二日酔いではないんだけれど、なんかこれを書いていてもしんどい。

今日の「公案」

   万事を休息すべし


                  道元 「座禅儀」









   10月26日  (水)    


  「地上の花壇にて」とある。 なんぼ神戸でもこんな花が道ばたに咲いていたら気持ち悪かろう



きょうも気分の良い目覚めだ。
元気に任せて午前中に掃除、洗濯、冷蔵庫の整理、アイロンかけと頑張った
昼になってお茶を飲みながらテレビ(NHKマネーワールドB)を視ていたら
いつの間にか居眠りをしていた。
元気を感じたとしても頑張りすぎてはいかんなぁ。

頭を冷やさにゃあと散髪に行った。「最短に」と言ったんだが、何かちょっと長い
長過ぎやしないか、というと3oですよと言う。1oにしろとやり直してもらった。
翌朝 顔を洗おうとしてびっくりした。青い!! 
頭は黒いという先入観は抜けていないんだなぁ。
まあ、心はなまくらだけれど頭は道元と似てきている。

散髪の帰り「外国食品マーケット」というころでジョニクロを買った。
1本 198元 えらい安過ぎ、偽物か? と思ったけれど
ちゃんとJonnieWalker BLCK LABEL とある。 
信じる者は救われる。酒も信心から、とも言うやろう。

「道元・禅の言葉@」 短いので簡単に読了。内容もたいしたことはない。
きっと一見しょうもないと思えることのなかに「禅の悟り」はあるんだ
ということをおしえたいのかなぁ。
これを読み終えたとたん、メールが来て 100分de名著、来月は「道元 正法眼蔵」
テキストが発売になりました、という。ついつい買ってしまったわ。
なんとタイミングのいいことよ。まだ「空海 すごい言葉@」が読み終えていないのに。
  「椿山課長の七日間」浅田次郎著。池井戸の「民王」と同じ、
  あの世とこの世を行ったり来たりの物語。しょうもない。



今日の「公案」

   花は年々開くれど 皆得悟するにあらず


                                          道元 「渓声山色」









   10月25日  (火)    


  朝顔も心地良げに  まあ、こんだけ同じものが並ぶとなぁ



一日、気持ちの良い日であった。
ここ数日、風邪、咳、水鼻汁、無気力と不快が続いたので
そのお返しというか、我慢へのご褒美というか・・・
いや、何でもない普通の今日を気持ちがいいと感じさせるために
ここ数日の風邪が吹き、鼻水が流れていったのかもしれない。
感謝すべきは今日の良き日か、ここ数日の風雲流水か・・・

パソコン ACER の不調、午前中になおして欲しいと電話したら
1時間もたたない内にやってきて、1分もたたない内になおして帰った。
アイヤーである。

プールに行って、ストレッチとサウナ、シャワーをして
大悦城でココアと刺身を買って帰った。
右端の「什錦樹堅果(ナッツ詰め合わせ)」はビールのつまみではなく
リス君のためのものである。刺身より高かったんだよ。

ブログ「うちの3姉妹」 2006年5月の分を読んだ。おもしろい。

dマガジンから「日経OFF 笑う100歳」というのを読んだ。
昨日の「上流老後・下流老後」もそうだが、
100歳まで生きる、老後に後悔しない、というような本が多いねぇ
「80歳までには必ず死ねる!」というような本ははやらないんだろうね。
「老後に後悔しない」っていうけど77歳は「老」かも知れんけど「老後」じゃあない
「明日」し「老後」なのかなぁ。
後悔しないために今日買った刺身は半分明日(老後?)のために残しているよ。

電子図書「道元・禅の言葉」@〜Cセットで864円、安いと思ってかった。
まだ読んでいないけれども10分で1冊読めてしまうような。貧乏人を馬鹿にすな!




今日の「公案」

   珠を 持てば善念生じ、剣を把る殺心の器


                                           「五部 陀羅尼問答偈讃宗秘論」









   10月24日  (月)    


  快晴  久しぶりの好天 自転車で走る散歩コース 山々も輝く 「山笑う」は春の季語だったっけ  「山澄む」「山輝く」「山照るはあったかな



明日持ってきますと言って 昨日持って帰ってもらったパソコンを待つ一日
昼になって、結局 ACER を起動するパスワードを教えてください、との電話
なんだ!今まで何もやっていなかったのか! そして3時半になって
やっぱり出来ませんでした。5時に持って行きます。との結末。 待ちぼうけ!
5時に来て、iPhone iPad に入れていたのを全部取り消して帰る間際に
過去1週間の再生はダメだけど iPhone iPad での視聴は無料にするから
契約してくれないか、と言い出した。そこへウサギが跳んで出たって感じだ。
ま、それならいいか、とOKした。また全部の機械の再設定。
今やっている番組は書斎でもベット上でも見られるようになった。
が、ACER の調子がおかしい。メールをはじめインターネット関係が全部ストップしている
ころりころげた木の根っこ、ってわけだ。
明日はまた、修理に来てもらわなければならないけれど、
今日は頬杖ひなたぼこってわけだ。「白秋」のころの話しだけど、そのうちに
寒い北風 木の根っこってことになってしまうかも・・・

というわけで、お茶を点てて飲んだり、
小説「民王」池井戸順著を読んだり、これはまったくしょうもなかったけど・・・
電子書籍「発達障害の自分の育て方」岩本友視著 読了
これは発達障害をもつ大人がどう生きていけばいいかというハウツーみたいな
本だけれどもとにかく発達障害について何か知りたいという私には
興味のある内容(133ページ)であった。
なによりも紙の本 1404円 電子版 1264円 が割引 100円で買えたのは大きい

もひとつ、個人指導で朗読聴取用に貸していたUSBが帰ってきた。
中にそのお父さんの日本語授業のPPTプログラムが入っていたので
学生の立場からそれを使って3〜40分の勉強をした。
やはり私たち(私だけ?)の授業とちょっと違うところもあって勉強になった。
いまさら勉強になっても仕方がないんだけれどもね・・・・・

もひとつ、dマガジンから「PRESIDENT」一冊 読了。
まあ、私には「上流」も「下流」もないんだけれどもね。
世の中のお年寄りはこんなことで悩んでいるのか、という
「死ぬ間際によくある後悔トップ30」
 ○ お金・子ども編 8つ
 ○ 健康・食べ物編 8つ
 ○ 趣味・恋愛編  8つ
 ○ 旅行・仕事編  6つ
であるが、そうだなあ、私もそう思うというのは一つもなかった。
へんな老人なんかなぁ。


今日の「公案」

   善人の用心は、他を先とし己を後とす


                                           「三昧耶戒序」









   10月23日  (日)    霜降


  たわわに実る稲穂 収穫の秋だなぁ ・・・でも、彼の家トラクターもっていたっけ?



午前10時から2時間、近くの、といっても初めて知った裏通りの
NOAという喫茶店で個人指導をした。
今日から小3、中1の兄妹合同学習である。
国語ってのはおもしろいもので、小3・中1 同じ教材で勉強ができる。
習っていない漢字なんかは詰まるがが、それは兄貴に教えさせる。
言葉の意味なんかはほとんど解るがちょっと詰まると兄に説明させるんだが
説明の方が詰まって、途中で解った、解ったと小3が説明したりする。
特に「読解」にかかる分の推察や想像を駆使する部分になると
ほぼ対等に議論が出来る。
うまくいけば新しい兄妹関係の構築にもなるかもしれないし、
ペアワークの練習にもなる。

午後、もうひとつのインターネットテレビの会社に問い合わせをすると
いまから行きます、と言って2時ごろ来宅。
確かに iPhone iPad でも受信できるが過去番組の再生はできない。
Windows だったらできる、というので、携帯用 ACER を出すとこれもうまくいかない。
7時頃まで5時間ほど色々やって結局 ACER は持って帰って明日また来るとのこと。
今、家にはインターネットテレビの機械が3台並んでいる。


今日の「公案」

   虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いも尽きん


                                                      空海 「続遍照発揮性霊集」









   10月22日  (土)    


  こんなんでもワシが住みついたら やっぱり叱られるんだろうな。丁寧に使うから住んでもいいあばら屋はないものかなぁ