10月20日  (木)    


  秋全開までにはもう一歩かな。有馬瑞法寺の庭



風邪はたまた脳癌・精巣癌とかワケの解らん死因を夢うつつに聴きながら
深い眠りに入った。ふと眼が覚めるとそこは暖かい日差し照り注ぐ極楽高天原。
鼻はすっきり通っているし、気分も爽快。というわけで風邪は死因とはならなかった。

8時起床。今日は太極拳の日だが、初めから欠席すると決めていたので
ゆっくりと極楽最初の飯は「さとうの餅」2個を入れた「辣白菜のカップラーメン」だ。
天国のカップラーメンも結構いける。

病人からの転生を祝してヒゲを剃った。
アゴだけと思ったが全部剃るとすっきりとした天国の顔になった。

日本のテレビ(ネット配信)が10月末で切れる。
このごろのはパソコンでも iPad などでも視ることが出来るらしい。
環境が整えば外出先でもOKだという。
外出先はともかくも居間だけでなく、書斎でもベットの上でも見れるのは便利だ。
今 契約しているところに電話したらされはやっていないというので
違う会社に連絡してみた。明日 機械を持ってくるという。

電子図書「うちの3姉妹@」読了。期間限定100円で購入した本である。
漫画入りのブログで1歳、3歳、5歳くらいの如実に描かれていて本当に面白い。
読んでいて胸がキューッとなる感じだよ。全16巻まであって1巻485円
全部は変えないけれどさし当たって第2巻は買うだろうな。と思った。
今朝(21日)検索してみると、なんと2005年10月から2011年4月まで16巻分全部が
ブログとして出ているではないか! さっそくんお気に入りに登録した。
これからは毎日そこから読もう。

久しぶりに gacco 再開。
「信頼を作るコミュニケーション」
そんなに うっそうか、とか な〜るほどというような内容ではないのだけれども
ま、自分をもう一度見直してみるという点では役に立つ。
もう、ちょっと変更不能な歳になっているけれども若い人には役に立つだろうな。
「サービス業革新」
こっちも教養的な雑談という感じで、楽しく聴ける。理解度テストなどがないのも良い。

以下は関係の人は読んでいないと思うので書くのだけれど
重病中にスピーチ原稿4点の添削校正をした。
なにしろ24日が大会でそれまでに暗誦しなければならないというので
風邪だからちょっとまて、というわけにはいかない。土砂災害の如く流れ出る鼻水を
ティッシュを差し込んで防ぎながらの災害出動並みの作業だった。
ここのところ考え方がおかしい、実例を挙げよ、私達ではなく「私」で書け、などと
夜間に指示をだすと翌朝には書き直しが返ってくる、
その気持ちよさに私も重病中でも頑張れたし、楽しかった。
スピーチ大会、頑張ってくれ!

「NHKガッテン」の頻尿・尿漏れ・残尿感 を治すお尻の運動。
これは役に立つ! これから毎日実行してみよう。




今日の「公案」

   無得正観


          空にも有にもとらわれない










   10月19日  (水)    魯迅み お亡くなりになる


  秋の遠足  を見守るおじいさん  の格好をした天の神様   



もう駄目だ! 風邪は瀕死の状況。
けど「死因 風邪」なんて診断聞いたことないな。
ひょっとしたらワシが最初の例になるのかも・・・
とにかくよく寝た。昨夜9時に寝て7時に起きてココアを飲んで、またすぐに寝て
11時ごろに起きてブログと添削一点を送信、また寝て6時ごろに起きて
添削二点をこなして送信。酒飲んで寝て20日8時起床という具合である。
18日夜から20日朝までの間に27時間寝ている。
リス君も夜の間は随分暴れているようで檻の中を荒らし回っているが
昼はずっと布団に潜ったままだ。

今日の「公案」

   重重無尽


          あらゆる物事が相互に無限の関係をもって互いに作用し合っている   華厳宗










   10月18日  (火)    


  紅葉にはまだちょっと早すぎるのかな、でもこれくらいが華やかでいい   



風邪はどんどん悪くなっている感じだな。
起きていてもなんにもする気がしない。
iPhone も iPad も パソコンも風邪をひいたのかなぁ、不調である。
でも、年金だけはちゃんと入っているか確かめておかなければと
銀行まで出向いた。年金も風邪をひいたのかなぁ
いつもより100ドル減っていた。

「下山の思想」五木寛之著 読了 なんてものでもない。

夕飯と酒はしっかりと飲んだり、喰ったり、まあ、これで明日も生きているだろう



今日の「公案」

   不生・不滅  不常・不断  不一・不異  不来・不出


                                            「八不の教え










   10月17日  (月)    


  透き通った空の青 山の重い緑 樹々の明るい緑 キリン草の黄色 枯れ草の茶色 秋の5段色  立杭陶器祭りにて   



風邪は少しひどくなっている。
なにもする気なく、寝たり起きたり、飲んだり喰ったりだけの一日である。
♪そこにはただ風邪が吹いているだけ、 いやいや♪風邪風邪吹くな、鼻水飛ばそ、
♪「風邪にやられて」ではノーベル賞は無理だろうな。

風邪のなかでもちゃんと文章を添削して送ったし、
夜はちゃんと規則正しく酒を飲んだ。肴はすべて昨日の残りである。
明日はどうなるのか、風に吹かれて 誰にも解らない。


今日の「公案」

   ちょっと振り返ってみてください。
   やるべきことに、本当に精一杯、努力できたかどうか
   今まさにできているかどうか。
   本気の一瞬一瞬を、一日一日を精一杯に生きて
   積み重ねてきた先にあるのが、
   「今日」という、より素晴らしい一日なのです。


                                            「男の禅語」 P129










   10月16日  (日)    


  道端の 名も知らぬ草も 秋のよそおい



朝起きると喉が痛い、咳がでる、若干の鼻水も・・・風邪をひいたらしい。
「わがまろ屋に秋風邪ぞ吹く」なんて風流なことは言っておれん。
今日はわが家で20年近く天津にいた人の本帰国の送別会をやる。
人数は3人だけなんだけれども、一人は糖尿で肉は食えないというので
「魚すき」にした。それだけでは「いずこも同じ秋の寂しさ」って感じなんで
隣の川国演義」で麻婆豆腐と脆皮鱈魚、清水芦箏を買ってきた。
海老は新鮮なヤツを冷凍しておいて物、サラダ、トマト 等である。
70後半の爺ちゃんばっかり、そのころにはもう風邪なんか忘れて
よく飲んでよくしゃべったわ。

糖尿の男は白酒、帰国する人はビール、私は「入魂 雪の松島 とびっきり辛い酒」
という上等な日本酒(帰国する人がもってきてくれたもの)である。
下の白酒は手をつけず、しばらく寝かせておく。
翌日の朝、風邪はやっぱり治っていない。酒は百薬の長とはいかないみたいだ。
風邪はいいんだけれどもこのブログをUPしようと思ったらスマホの写真が取り込めない。
四苦八苦したけれども頭の中も「秋風邪」が吹きまくっているのかどうにもならん。
この写真はスマホからメールで私宛に送ってそれを取り込んだもの。面倒だった。

午前は中1の子の個人指導、今日はどちらかと言えば小3の子と付き合っていたみたい
風邪でしんどかったけど、でも楽しかったよ。



今日の「公案」

   知の難きに非ず、知に処するは即ち難なり


                                            「韓非子」










   10月15日  (土)    


  五色塚古墳  悠久雄大な古墳の存在感 黙して語らず  テレビもインターネットもなかったからできたのかもね



今日は10月度天津日本語教師会。
会場もずっと以前使わせてもらっていた「天津翻訳学院」が
新装移転したということで、そのあたらしい教室を使わせていただく。

研究会は「動物への思いやり」というテーマで
天津外国語大学大学院生の方がいずれ日本語教師になりたいので
模擬授業をやらせてほしいと自ら申し出て実施したできたものである。

学生は天津職業大学の学生5名にお願いした。

1時間弱の模擬授業のあと
学生をも交えて、授業の構成、問題提示のしかた、学生の応答への対応なと
かなり真剣に2時間近く意見交換。

そのあと有志で(学生5名も含めて)食事会。

終了後、友人一名、わが家に来て二次会。


今日の「公案」

   大弁は訥なるが如し


                        「真言付法伝」










   10月14日  (金)    


  神戸十三佛 大山寺



耳は触るとまだ少し痛く、かすかな出血もあるようなので、プールはあきらめる。
ちょっとした怪我でこんなにたくさん血が出た。耳は血の動脈なんだということを再認識。
怒ったり、恥ずかしかったりするとすぐに耳が赤くなるのも当然の話だ。

リス君、下の写真はほぼ半日後である。
あんまり変わっていない見たいだけれども、よく見ると
ビスケット6カケが5つに、ヨーグルトは全部飲んでいる、リンゴはちょっと囓ったぐらい
寝相が悪いのか布団の形はかなり変わっている。

プールもサウナも銭湯もちょっとヤバイかなと思って
長時間かけて浴槽を磨き、家の風呂に入った。
多分2年以上は使っていないだろうな。(亀の憧々の運動場としては使っていたが)
そもそもこの家を借りることにきめたのは「風呂がある!」ということが決め手だったんだがな。
今日の湯は「ももの香り 箱根の湯」だ。
でも、やっぱり銭湯やサウナの方がのびのびとするなぁ

とは云え、風呂上がり湯気がたっている体で飲む酒はまた格別だ。
赤い手拭いマフラーにして行った横丁の銭湯もいいけれど
気兼ねなく鼻歌をうたい、下駄をはく必要もなく、すぐに寝間着をひっかけて酒が飲める
家の風呂の良さを思い出したわ。

大阪に行っている友人に、コンビニで WebMoney を買ってもらって、
暗証番号をメールで送ってもらったら、すぐに私の電子財布に入金できた。
送金とか振替とか一切なし、これは便利だ。  また、本が買えるぞ!




今日の「公案」

   自然法爾


                        親鸞










   10月13日  (木)      ノーベル文学賞は何とミュージシャン・ボブ デュランに


  大池では寒くなり朝夕は暖房が必要になってきた。♪サザンカ、山茶花 咲いた道・・・という時期が近づいてきた



早起きがぼんやりの原因だ、と昨日 言った。
その点では本日は好調だ。なにしろ眼が覚めたのが8時だったねのなぁ。
あっ、いけねぇ、今日は太極拳の日だ。9時へ前には家を出なければいけない。
ブログを改訂する暇もなく、大急ぎで服を着替えて飛び出した。
久しぶりに「勤め人」の雰囲気だわなぁ。
授業前の自主練になんとか間に合って、今までの通しの復習を4〜5回やって
授業本番へ。授業中は腹が減って困った。グルグルなんて人に聞かれたかも。

家に帰って大急ぎで焼きめしを作って食って、ぶろぐをUPする。
いつもは朝飯前の仕事が昼飯後にずれ込んでしまっている。
終わったのがもう3時ごろ、今からプールなぁ、と思って結局はプールはやめ。

メールでほんの特売情報が来た。
「発達障害の自分の育て方」岩本友視著 1400円が100円という。
もう一冊「うちの3姉妹」 おわらい子育てブログとか、これも1000えん程が100円に。
ウェブマネーで残っている金が300円程あったので衝動的に買ってしまった。
役に立つのか、おもしろいのか、は明日以降のたのしみだ。
失敗しても200円だからなぁ。

DVD「まかない荘 C」 「グ・ラ・メ 総理の料理番B」
料理にしてもストーリーにしてもも一つだけれども、不愉快とか嫌になってしまう
ということはないので、暇つぶしにはちょうどいい。

リス君の果物を買いに出た。バナナが好きだと聞いていたが、全然食べない。
それにネットでは野菜なども奇麗に洗ってやれば食べるというが
人参、胡瓜、白菜、全然喰わない。
リンゴも好きとていうので、リンゴと梨みたいなのを買ってきた。
写真左がリス君の餌である。そして写真中は仲秋どころか重陽もすぎたのに
戸棚に埋もれていた「月餅」。リス君と比べるとだいぶ劣るねぇ。
そして写真右は人間の晩飯用のレトルトモダン焼き。

果物を買った後、コンビニに寄ってワインと白酒を買った。
ワイン3本をレジに運んで、白酒にてを伸ばしたとき、
足がつるりとすべって転倒。
どうしてだか全く解らない。火山が爆発したわけでも地震が起こったワケでもない。
私自身飛び上がったわけでも無理な姿勢をしたわけでもない。
ひっくり返ってぶつかった棚はほぼ空だったからよかったものの
酒など満載の棚だったらえらいことだったろうな。
これによって割れた酒は1本だけだったのでホント助かったよ。

でもあとで気がついたら耳に怪我をしていた。
どうしてこんなところ怪我したんだろう? これもナゾである。
家に帰ってからもえらいたくさんの血が出た。5時間後にもティッシュを当てると赤くなった。
これって、一体何なんだろうねぇ。  神さんが何か寝ぼけたんだろうか。
え〜っ、神さんってねぼけるのかぁ?




今日の「公案」

   歳を取って、体の自由がきかんようになるのは、これはもう自然のなりゆきやからなァ。
   物忘れがひどくなったり、息子と孫を間違えたり、なにやかやととんちんかんなことを言うたり……。
   歳を取ってそうなるのは致し方がないがな。それが、歳を取るということや



                        「にぎやかなゆ天地」宮本輝










   10月12日  (水)      


  可憐な花が咲き出した。花に似合わず名前は感心しない。  ミゾソバって言うんだって。カワバタぐらいにしとけばいいのにね



ぼんやりとした一日であった。
ぼんやりの出だしはいつも早起きから始まる。
目が覚めるといつもは得意の「臥禅」でもう一度極楽に
寝戻るんだが、雑念のある時なかなかこ
の世から離れられず、しょうがないと起き出してしまう。
そして昼頃になって極楽からのお誘いで眠くなってしまう
幸いなことに昼寝をしたければすればいいというご身分だ
2時間ほど寝るとややすっきりとしてくる。
コーンフレークなどを喰って、寝起きながらプールに。

帰ってきて、どういう風の吹き回しか
抹茶を飲もうという気になってあちこち探して
薄茶を点ててのんだ。 うん、これもなかなかいい。

リス君の方は定例の木の実とクリームサンドとビスケット
白菜、胡瓜、人参は食べないみたい。
バナナが好きだと聞いていたので、わざわざ伊勢丹で
買ってきたんだが、これも喰わないみたい。

この間もらった大吟醸とイカと甘エビの刺身、しめ鯖
あさり、サラダ、白菜のおしたしなどを、好き嫌いなしに
喰っている。やっぱり人間の方が扱いやすい。

DVD「まかない荘 AB」 「グ・ラ・メ 総理の料理番A」






今日の「公案」

   巧詐は拙誠に如かず


                        韓非子










   10月11日  (火)      


  秋 幼稚園の運動会  そうそうそれでいいんだよ



天津日本人会主催の講演会を聴きに行った。
講師は「芯の強い子を育てる運動教室『株式会社MIKI・ファニット』代表 太刀山美樹
テーマは「大人の背中を見て育つ 〜子どもの自立に親はどう関わる?〜」である。

申し込んだ後に送られてきた「日本人会月報」では
「小中学生のお子様をもつご両親様向け」となっており、ちょっとびびったが、
ま、いいかと参加した。子どもとの付き合い方、共感の仕方、援助の仕方など
いろいろと学ぶところ多かった。

でも不思議じゃあないか。
発達障害のある小5の子どものカウンセリングをやってくれないか、と頼まれたのが
三日前のことである。
そしたらすぐに「子どもとの付き合い方」という講演が飛び込んでくる。
誰か(それは神さんに決まっているが)の計画に乗せられているとしか思えない。
まだ、神さんもそれほど本気ではなく、私にカウンセリングをさせるかどうかは
まだ検討中みたいだけれど・・・・

講演会の前に伊勢丹に寄って「ダニクリン」と「パイプクリーナー」を買って
「心笑 KOKOROE」で昼飯を食った。
前の「BUNT」のあとで、長い改装のあとやっとの開店であったが
どうも「改装」ではなくて、経営が変わってしまったみたいだな。
店の物的なしつらえはほとんど変わっていないのだが、
料理人もメニューも全然違っている。
それに昼時なのに客がほとんど入っていない。
特に不味いと言うわけではないが、
BUNT と比べると海鮮丼の米飯の味、わさびの品質、盛りつけなどでやや劣っている。

もひとつ心配なのはその前の「SevenDays」だったかな、営業しているみたいなんだけど
電気が消えて暗く、客も入っていない。 どうなっているんだろうなぁ

講演会は1時から2時半だったので、そのままプールに行くつもりで
水着なども持って行ったんだが、また伊勢丹によりリス君のために
クッキーやバナナなど買ってしまって荷物も重くなったし、つかれたのでそのまま家に帰る。

家では衣服の夏冬交代の大労働、着もしない服も一杯詰め込んでいる。
ゆかた、単衣の和服、坊さんの日常着等々、ま、家にいるときに着てみようかと
押し入れの目につくところに出しておいたが、さて着るんだろうか。

食い物系のDVDが2つあった。

「まかない荘」と「総理の料理番 グ・ラ・メ」である。
各10話程度の連続ドラマだけれども、それぞれ1話ずつ見ていこうかなと思っている。

で、各第1話を見たが、やっぱり続けて見た方がいいみたいだな。
        アホなことばかり書いているなぁ。これまた道場である。



今日の「公案」

   歩々是道場


                      維摩居士