5月 12日 (木)   

  京都の花屋さんの花たち




昨夜はかなり降ったみたいだが、
今朝は傘がいるかな、いらないかなという程度の雨。
一応、傘を持って老人大太極拳42にでかける。
日本画(?中国画か)の学習成果展をみて、
先生と班長に19,26,2日の欠席届を提出。

もう、遍路出発の準備もほぼ完了しているし
午後はぼんやりとしてすごした。
ぼんやりしている内に、自作のコンロでお湯を沸かして
あれ! いけねぇ、お湯だけじゃあしょうがねぇ、
と気がついて、あわててインスタントの味噌汁、
コーヒー、ココア、ついでに飴、などを買いに走る。

帰り、散髪屋にもよる。ピカピカの丸坊主だ。

DVDは「最高のオヤコ」ってのを見た。

それから、これもかなり苦労して
セキュリティソフト Norton を小型パソコンにインストール成功










   5月 11日 (水)   

  藤棚の藤




宅配が来るのを待って、日本人会に大量の本を返しに行った。
それから五大道風景区をぶらぶらと散策。
人民政府宗教事務局なんてものもあるんだな。
日本にこの手のお役所はあったかな?






それから鼻煙文化展覧館というところに行って、頼んでいた鼻煙を購入。
家まで歩いて帰った。 約10000歩。






遍路1番から26番の「御詠歌」というのをダウンロード録画をした。
DVDは「海底の君へ」 いじめの後遺症に悩むまじめな青年のものがたり。

マウスが動かなくなって、四苦八苦。












   5月 10日 (火)   

  ハリエンジュ 一名「ニセアカシア」とも。  エンジュでもなくアカシアでもなく・・・・・




いよいよ出発が近づくといろいろ忙しい。忙しい。
そうだ!蚊取り線香だ、とコンビニを走り回ったり
バンドエイドもいるわ、と薬局に走ったり・・・
タオルだ、歯ブラシだ、箸だ、と
旅の脇役たちが次から次へと名乗りをあげてくる。

持参の小型パソコンもなんとか
携帯からの写真の取り込みもいけそうだし
DVDも視聴出来そう。

うまくいけばDマガジンで雑誌を読みながら
テント泊ということも可能かもしれない。

今日は「サライ」「歴史人」「Newsweek」「PRESIDENT」の
新刊4冊をよんだ。

DVDは「おかしの家@ABC」と「明日もきっと30〜34」













   5月 9日 (月)   

  石楠花  近所の家の塀から元気良い花が顔を出していた




携帯(HUAWEI)の写真が取り込めなくなった。
iPhoneに戻してみたりいろいろやったけどうまくいかない。
いろいろやってみて気がついた。
iPhoneでは受信できているメールがHUAWEIでは
届いていなかったり、ということもある。
なんやかんやで一日中、パソコン2台、携帯2つ、iPadの
5つの敵を一手に引き受けての奮戦。
敵はそれだけではない。
DVDの取り込みとか、セキュリティソフト Norton360 のインストールとか・・・・・
そんなわけで、夜は近くの川国演義でしゃぶしゃぶ。












   5月 8日 (日)   母の日

  鳳凰がとまる高貴な木「桐」の花 可憐゜




今日は「母の日」
地下鉄やデパートのモールでも
母の日飾りが目につく。
道端では野の花2〜3本の
小さな花束が売られている。

早めにプールに行って
その帰りぶらぶらと町を散策した
空はきれいだし、
足下にはかわいい花がいっぱい
暑くもなく寒くもなく、風もさわやか
本当に気持ちのいい一日だ。

「鼻煙」屋に行ったら
買いたいものは品切れ
来週には入るというが
13日には日本に帰る、と言うと
じゃう11日には仕入れておくと
言ってくれる。
こういった点も一昔前の中国とは
変わってきている。

そのあと5時半から教師会の友人5人と、思いっきりいろいろしゃべりながら飲み会
家に帰ってからスエーデンに留学している若い友人が持ってきたブランデーを飲みながら
スエーデンは雨は降るのか、とか魚はうまいか、王様はなにしてる? とかとか聞きまくる。










   5月 7日 (土)   

  野の藤  藤田 藤原 藤本 藤井 藤山 と野の藤はたくさんある




野宿をするにはやはり「火」が必要だろう
天津にも勿論野営用のコンロなどは売っているのだが
ガスが日本のと違うみたいだし天津で買ったガスは
飛行機では運べないみたい。
仕方なく日本のコンビニで買えるであろうカセットガスと
コーヒー缶と金網のザルを組み合わせてコンロを自作した。
ただかさが大きいのと壊れやすいので飛行機の中では
自分で抱いていなければならないのが難点だな。

晩飯は質素。冷蔵庫、冷凍庫の中はほとんど空っぽになった。
DVDは祈りを込めて「明日もきっとおいしいご飯」










   5月 6日 (金)   

  8日までやってます。お暇な方はどうぞ地下鉄で




卓上用のノートパソコンから
携帯用のノートパソコンへの引っ越し
これはかなり大変だった。
機種の違いもあるし、ソフトも前のを消去
しなければ新しいパソコンには入らない。
DVDドライブが効かず、
USB経由で移したり
すでにUPしているサイトから
再ダウンロードしたり、と頭脳とアイデア
フル動員で、なんとか・・・・
今日のブログは全部携帯パソコンからの
UPである。

DVDも入れようとしたが、ちょろっと見ると
あんまりおもしろくなさそうなのでやめにした。













   5月 5日 (木)   こどもの日  端午の節句  労働節(中国 多分?)

  5月5日 京都錦市場前の人々




木曜日 老人大の太極拳の日、気合いを入れて出かけたらなんとお休み!!
五一、十一の休みは以前は7日の連休だったが、数年前から3日になったと
思っていたら門に「1〜7日 労働節休暇」との張り紙。なんというこっちゃ。

気合いを削がれてしまって、プールにも行かずに一日在宅。
四国遍路に持って行く小型パソコンが使えるようにパワーポイントを入れたり
ホームページを移動させたりなんやかんやで大変。
パソコンの前に座りっぱなし、遍路どころかエコノミー症候群が心配される。

夜は久しぶりに「神戸園」に。
丁度、生きた海老・蟹・貝などが入ったところで、
貝の活け作りを味わう。

アメリカではとうとうトランプ氏が共和党の大統領候補に決まったみたいだな。
まさか! って感じだが、その「まさか」を実現させるのがアメリカのパワーだものな。
クリントン、勝てるかな?












   5月 4日 (水)   みどりの日  労働節(中国)



  前回は鳥羽「下水場」の花だった、今回は蹴上「浄水場」の緑である、やっぱり何かちがうかな?




北海道では雪が降ったりしているそうだが、天津は夏である。
長虹公園の花も空も夏色に輝いている。
私の身体も心も昨日とはうって変わって気分上々である。
鞍山道から長虹公園、水遊館と約15000歩ほど歩いた。
少々暑かったけど、日陰に入ればすっと涼しい天津の夏だ。

水遊館の喫茶店で冷たいレモンティーを飲みながら読みかけの
関口尚 著「あなたの石」読了。
何ってことは無いんだけれど、気持ちよく読める本だった。
あと、「白い声」伊集院静著 「一瞬の風になれ」佐藤多佳子著
どちらも数十ページ読んだところで、
前に読んだ本であることに気がついた。
それでも「白い声」は百数十ページまで読んで、
あとどうしようか、と迷っている。

プールの帰り伊勢丹によってラーメンを食う。
弁当を買えば細巻き寿司とかがおまけに付くのでそれを家で、
と思っていたんだが、つい誘惑に負けて外食してしまった。

伊勢丹の帰り、地下鉄の駅で電車を待っていると
若い女の人が私に向かって丁寧に合掌してくれたよ。
私も礼を返すと深々と頭を下げて再び合掌。
う〜ん。四国遍路も来週に迫っているし、気合い入ってくるなあ。

ず〜っとかかっていた遍路用の私専用の手帳も
いよいよ印刷をしようと思う。百数十ページにもなるんだよな。











   5月 3日 (火)   憲法記念日  労働節(中国)



  相楽園  県庁のすぐ隣にこういう一角もある




今日はどういうわけか、あまり元気の出ない日。
病気でもないし、二日酔いでもない、
食も睡眠も足りている。
でも何か気合いが入らない。そういう日だ。
昼は日本茶と羊羹でごまかし、
夜は海老マヨ、焼き豚、鮭の骨、
元気が回復するわけはないか。

元気がないといえば、日本国憲法も同じだな。
戦力は持たない、交戦権は認めない、
武力は行使しない、と明言しながら
このごろは条約上の要請があれば戦争もする
核兵器の保持だけではなく、使用の可能性もある
とまで言い出している。
今のままでは憲法はよれよれ、
外に向かっては「嘘つき国家」になっている。

元気のないままに gacco「まちづくり経済学 WeekBC」
「社会人のためのデーターサイエンス Week1」 聴講。
両方とも課題やレポートを提出する気はなく、ただ聴講のみの講義だ。
「まちづくり」の方は実際にここ数年から現在にかけて
起業・活動している若い人たちの経験談で面白い。

DVD「女子の事件は・・・・」えらいにぎやかな話で、ややへきえき。









   5月 2日 (月)   労働節(中国)



  マロニエ咲く神戸 元町 シャンゼリゼ




本当に久しぶりに日本のような「窓を塗らす雨」が降った。
ほぼ一日ずっと降っていた。
街を洗ってきれいにしてくれる雨であってほしい、と願って
ほぼ一日ずっと家にいた。

冷凍庫にかなり大量の海老が眠っているのを見つけ
自然解凍して茹でた。一晩ではといも喰いきれないので
明日あたり海老マヨとかにしてみようか。

gacco「えひめ南予通信大学 Week1」課題提出
gacco「まちづくり経済学 Week2」聴講
Dマガジン「週刊文春」の対談を読む。
DVD「明日もきっとおいしいご飯」16,17,18,19,20,21,22,23,
雨降りのおかげで連続何時間見たんだろうかねぇ。
登場人物がみんなあり得ないほどの性格の良さで
それが結構心地よくてだらだらだらと見ていた。
紙の本「禅のこころ」 ふと本棚で見つけた本。
ぱらぱらと眺めていて良寛の「五合庵」が目に付く。
この程度のボロ家(この写真は文化財なんだろうけど)、
安く貸してくれるところ無いだろうかなぁ。
電気と水さえあれば雨漏りしようと田舎だろうといいんだがなぁ

それと右は幕末の茶人 井伊直弼の言った言葉。
侘びだ、寂びだ、点前だ、お道具だ、茶室だ・・・・
ちゃう、ちゃう、そんなもん何もなくても茶は茶、
そんなもん何もなくても俺は俺、・・・・って言えたらいいのになぁ

このごろ人に役に立つことが何もなくなっている。
でも自分に役に立つこと、これはいっぱいあるなぁ
健康を維持するためにすること
安くておいしいものを作ること
好奇心を満たすための読書、DVD、gacco などなど
でも、それだけではなぜか満足できていないんだなぁ。
今、私のやるべきことは何なんだろう?
ほれほれ、またぞろ 「〜べき思考」、「〜ねばならぬ生活」に戻りたがっている自分がいる。










   5月 1日 (日)   労働節(中国)  八十八夜



  さあ、今日から皐月 かしわ餅並ぶ5月だ




朝4時ごろに眼が覚めた。普通だったらもう一寝入りするんだけれど
眼が覚めたんだからと思って起き出した。
ちなみに亀の憧々は5月になってもまだ冬眠の続きをやっている。

朝飯前の仕事として、4月末日のブログをUPし、ラーメンを作って食う
そのころからまたまた眠たくなってきた。Dマガジンを眺めても
気合いを入れて読む気になれない。やっぱり眼が覚めたから起きる
というのでは生活はちゃんとやっていけないみたい。

良寛さんが師匠からもらった「印可の偈」には
「到処壁間午睡閑」とある。眠たくなれば寝ればいいんだけれど
まだまだ私は「午睡閑」の境地には達していないと気づく。

プールに行くとさすが街は五一労働節の日曜日、
射的・輪投げだけてけはなしに、いろいろやっているんだろうな
ワケもわからず(もちろん私がです)たくさんの人が路上にたむろしていた

伊集院静の「少年譜」読了。
「誰と出会い、何を学ぶか。少年時代は黄金時代である。」
「大人になるまでに通らねばならぬ厳しい道程に優しく光をあてる」
7つの短編、それぞれに素晴らしい、中でも「古備前」は
今日一日だけで3回は読んだかな。そして3回とも感動して涙している

久しぶりに gacco に再会だ。
「えひめ南予通信大学」・・・四国のことだし真面目に楽しもう。
「まちづくり経済学」・・・・・・・期限切れ、さかのぼって聴講のみ
「データーサイエンス」・・・・・エクセルとか何か難しそう、とにかく聞こう