4月20日 (水)   



  長岡天満宮 八条池の参道 ツツジは満開  なんだこの紅は  中国共産党ご推薦か




忙しい一日であった。13時に八里台のバス停で元南開大学の先生と待ち合わせて
老人大日語科の授業へ。
今日の私の発表は「顔の各部位の名前とそれにまつわる格言ことわざ」
今回はまあまあ、時間内に納めることに成功した。
それともうひとつ「みんなで歌おう日本語の歌」今回は「北国の春」である。
前に立って歌ってもらう人は頼んでいたんだが、たまたま黒板消しに前に来ていた
男性に「あなたも」というと割とすんなりと、しかも大きな声で堂々と、一番だけの予定を
3番まで歌ってくれた。言っちゃあ悪いがとても歌を歌いそうな顔じゃあなかったので
これは驚いたというか、大発見だった。人は顔で判断しちゃあいかん!

家に帰ってから三人で酒を飲みながら大声でしゃべりまくる。
三人の中に大声を出すのが大好きな人が一人いるんだ。
途中でその人の奥さんがつまみ持参で迎えに来てくれて、またしばらく4人で話す。

そんな騒ぎの中亀のトントンは全く知らん顔である。
水槽の水を替えたついでに、水に浸からない台の上に置いてやったら半日そのうえでじっとしていた。
餌はまだ受け付けない。腹減らんのかねぇ。











   4月19日 (火)   



  初夏の雰囲気だなぁ  この新緑を「青々と」とか「青い山脈」とか「青」と呼ぶのは何故なんだろうか




銀行で公立学校年金のラ入金確認をして、コピー屋に寄って、
菜市場で野菜を買って帰る。たったそれだけのことである。
が、家を出てすぐに携帯と銀行カードを持っていないことに気がついた。
すぐ取りに帰って、エレベータに乗る。早く気がついてよかった。
1階に着いた時、しまった! ゴミ袋をエレベーターホールの置いたままだ。
また26階に戻る。銀行で入金を確認し、コピー屋に向かおうとして、
コピーの原稿を持ってきていないことに気がつく。また、家まで引き返しだ。
無事、コピーを済ませて菜市場に行ったら
なんと、野菜売り場がそっくり無くなっている。
その時、とっさに思ったことが、アイヤーわしの頭の中と一緒や!
ということだった。人に迷惑をかけるわけではないし、
自分の生活にもそれほどマイナスというわけでもないが
このごろこういうことが非常に多い。
実際に行動に結びつかないことだと、もうすこし激しい。
テレビで国会中継など見ていて、前の首相、誰だったっけ?
小泉って名前が出てくるのに半日もかかったりする。
首にぶら下がっている眼鏡を探して書斎と居間を行ったり来たりもする。
これは初夏になると桜がひらひらと舞って虫を誘うのをやめるように
秋になるとみどりの葉が赤や黄色に染まって光合成をやめるように
神様がお決めになった通りのごくごく自然のことなんだけど・・・・

そんなことを思いながら「やがて目覚めない朝が来る」大島真寿美著
という本を読み始めた。どんなことが書いてあるのかはまだ解らない。
そしてさらに「明日もきっと、おいしいご飯」というDVDを見始めた。
なんか、神様のやっていることもちぐはぐになってきているなぁ。
テレビで「100分で名著 歎異抄」をみた。

朝は「焼きめし」 7-11 で買ってきた「炒飯」にキャベツ、人参、ハムなどを
加えて炒めるとこれが旨い。自分で炊いたご飯だと
なかなかパラパラとした感じにならないのだが、買ってきた炒飯は
米が悪いからだと思うがパラパラと美味しくチャーハンになってくれる。

夜は、これだけで10元。明朝まではもたんというヤツなんだろう。節約の極み。













   4月18日 (月)   



  阪神淡路大震災で壊滅的だった神戸も今はこのように  東日本も熊本も大分も。




今日はよく歩いた。
まず年金を卸しに銀行に行く。
私学年金と厚生年金は15日付けで入っているのに
大手の公立学校年金がはいっていない。また明日だ
とにかく私学と厚生が入っていて良かった。
年金用の口座が廃止されるとの話があったので
私学・厚生とも入っていなければ
今日は寝れないところだったろう。

それから鞍山西道まで歩いて32GのUSBを購入
これで遍路中の暇つぶしのDVDを持って行ける

長虹公園まで、全く初めての道をぶらぶら歩く。
遍路気分だ。「格調スポーツ」に通っていた頃は
よくここにもよく来てで読書などしたものだが
久しぶりに来ると随分様変わりをしていた。
前は山の小道風だったのが2倍ほどの広さの
石畳の立派な道になり、池も大きくなって
ボートが営業しているなど、水上公園みたいだ。
ちょっと立派過ぎる違和感もあったが
湖畔の風景も素晴らしく、風も気持ちよくて
本を読むのも忘れで30分ほどぼんやりと休む。

元気を取り戻してまた歩いてプールに言ったけど
さすがにしんどくてプールはヤメにして
サウナとシャワーだけでさっぱりとして帰宅。

買い物や休憩、サウナなどこみで約5時間ほど。
それでも2万歩ちょっと。

DVD「赤めだか」 談志の弟子 談春が入門から
二つめになるまでの苦労と人間関係を描いたもの

昨日、教師会で自分の発表が全く伝わらなかった反省から「伝える力」 池上彰著 を読む。
うんうん、なるほど、なるほど、で終わってしまうんだなぁ。
だから年寄りが成長するのは難しい。なかなか今になって談春のようにはひたすらになれないんだなぁ。

朝はうどんと包子 夜は焼きそばだ。芸のない食事をしている。









   4月17日 (日)   



  空に咲き誇っていた花たちも今は大地を飾って新緑を引き立たせている  人もかくありたきもの




近くに住む友人の奥さんが包子を作ったのでと持ってきてくれた。
昼に3個、夜に3個、そして2個を明朝に残した。美味しかった。
夜は1時過ぎになって、それを中心に鰺フライとポテトチップス、
野菜サラダでゆっくりと酒を飲む。

こんなに遅くなったのは次の老人大 日語授業の発表用プリントを
作っていたからである。日中・中日辞典や現代中国語成語辞典
中国語会話辞典などを引きながらの作業は大変ではあるけれども
その大変さを味わえるのもあとわずかだと思うと、大切にし楽しみたい。

上右のプリントはそれではなくて昨日の教師会で発表したプリントである。
赤で書き込んであるようにアクセントやイントネーション 、プロミネンス、間などを
わざとに間違え、あるいは不自然にして発表し、実際の発音指導を
してもらいたいとの意図であったが、ほとんど理解されなかったみたい。
この提案力の無さがホント問題だなぁ。今から改善できるのだろうかなぁ。

DVD「アゲイン」 甲子園に出損なった球児達がマスターズ甲子園を知って
40,50 になって再度盛り上がるという話。70超なんだが盛り上がれるかなぁ。











   4月16日 (土)   



  丸葉のスミレも細葉のスミレも花はよく似ている




本当に春そのものといういい天気である。
家を12時に出、ぶらぶらと寄り道をしながら外国語大学まで歩く。
今日は新興路 西康路 成都道 長沙路 民園広場 河北路と経て
外国語大学まで約1時間半をかけて歩いた。
これらの道は花も建物も壁もみんなきれいで歩いていて楽しい。
土曜の昼とあって、出会う人々も大半が観光と散歩を楽しむ人たちである。

2時から天津日本語教師会の月例会。
参加者は日本人5 中国人5 の全部で10人といつもの半数程度、
しかも男ばっかりという奇妙な雰囲気であった。
テーマは「プレゼンテーションの指導」
プレゼンテーションの定義を巡って最初はかなり議論が盛り上がったんだが
途中から話は横道にそれっぱなし、実りのない会であった。

会議のあと、構内の食堂での食事会は楽しかった。
さらに食事会の後、一緒にタクシーに乗った人(私を含めて3人)で、私の家に寄り二次会。
飲みながら話している中で、元南開大の先生が老人大日語科の授業に一緒に出ようということになった。
これは素晴らしい、飲み会の大成果だった。










   4月15日 (金)   熊本で大きな地震が発生



  神戸では「何時しか山も春の装い」  地震のないことを祈る 




北九州で震度7に達するような大きな地震が発生。
マグネチュードが比較的小さかったので阪神淡路、東日本と比べると
被害は小さいが深夜でもあることだし恐かったことだろう。
私の阪神淡路の経験では震度2程度だと、あ、揺れているぐらいだが
4になると足を開いて物にしがみつく、6となると
天地がひっくり返ったと思う。「地震・雷・火事・おやじ」というが、
やっぱりおやじより地震の方がこわいな。

期限がいつ終わった物か知らないけれど「かにふりかけ」というのが
見つかったので久しぶりにご飯を炊いたら失敗、赤子泣いても
やっては行けないことをやってしまったので、芯がある固いご飯に
なってしまった。しかたなくそれに水を足して粥にして「かにふりかけ」
を混ぜて炊き込んで喰った。まぁまあ、結構 粥でもいける。
晩は焼きそばを作って「プレバト 俳句、盛りつけ、絵手紙」を見ながら
酒を飲んでいたら、そのまんまテーブルで居眠りをしていた。
不謹慎と思わないでね。まだ地震が発生する前のことですよ

プールで一生懸命考えて明日の日本語教師会で発表する原稿を
考え、プリントした。今回のは発音をわざと間違えたり、
イントネーションやプロミネンスの不自然なところも作ったり、
ということで、うまく間違うための読み上げの練習が必要である。

DVD「表参道高校合唱部 GHI」 幼稚だけど歌も多く、面白かった











   4月14日 (木)   



  シャガ 庭の隅で雨にぬれていた  ・・・・いずれかあやめかきつばた 




やっぱり昨日の歩きと発表と酒の影響か、
何となくしんどい一日であった。太極拳の授業の始まりを
待っていた時、誰かが大きな声で怒鳴っている。
迷惑なヤツだなぁとふと見ると私の定期入れを振りかざしている
どこかで落としたのを拾ってくれたのだ。定期入れと言っても
銀行のキャッシュカードやらいろいろ入っている。
迷惑なヤツだとか思って済みませんでした。

太極拳を終えて、天津博物館に行った。
まずは空腹を満たすためレストランに入った。
前はちゃんとした料理を出していたんだが今はハンバーグ定食
程度しかない。客が一人もいないところでそれを食いながら
40分歩ほど本を読んで、随分回り道をしながら地下鉄の駅まで歩く

そのままプールに行ったんだが、サウナとシャワーのみで帰る
なんか疲れてねむたくて仕方がなかったんだけど
昨日ご馳走になった家で帰りに「忘れ物」と言って渡されたのが
その家の人の眼鏡。
今日の6時に取りに行くというので、昨日のお返しもあるし
なけなしの材料で野菜中心の料理(というほどでもないが)を
つくって待っていたが、6時をかなり過ぎても来ない。
電話してみると「あ、ごめんごめん、忘れてた。すすぐ行く」
とのこと。待っているとやってきて、「ごめん ごめん」と
料理(というほどでもないが)の前を素通りして眼鏡を取り
また料理(というほどでもないが)の前を素通りして
「じゃあね」と言って帰ってしまった。
いったい、俺は何をしてたのだ?

「日本人の誇り」 藤原正彦著 読了。
満州国や南京事件、太平洋戦争、東京大空襲、東京裁判あいてが等々について、
相手側がいかに証拠の捏造や隠滅をしたか、などを熱っぽくのべているんだけれど
戦争して負けたヤツが勝者に対してつべこべ言ってもしょうがないってことを忘れている。








   4月13日 (水)   



  京都 平安神宮 枝垂れ桜が満開とか  ちょっと飽きてきたので脇に引いてもらった写真を採用




自宅から老人大までせっせと歩いていった。
1時間半、12000歩ほどである。
1時間ほど歩いたところでケンタッキーに入って休憩。
40分ほど本を読んだ。
天津の大通り沿いの家は窓で商売をしている。
飲み物や水餃子なとの簡単な食べ物の店が多いが
中には手製の階段を置いて窓から家に入っての洋服屋などもある。

日語科の参観(発表)授業である。
今日の私の発表テーマは「日中のわらべ歌で楽しむ擬音語・擬態語・擬声語」
出だしで失敗した「風粛粛兮易水寒」とやって、「はい、続きを」と振ったら
「知らない」っていうんだよ。「2000年前の中国では風は粛粛と吹いていました
「風はそよそよ丘の上」とか「北風ピューピュー吹いている」とか
「ポッポッ鳩ポッポ」「チィチィパッパ」などの歌を聞かせて音を拾わせる

ということをやったんだが、あまり音が聞き取れなかったかもしれない。
久々の授業ではいろいろと反省点が多いな。
「昴」の全員斉唱はまずまずうまくいったかな。次週は「北国の春」前に出て歌え人も決めた。

授業を終わって帰ってから、先生宅で奥さんの手料理(美味しかった)で先生は白酒、私はビールをいただく。









   4月12日 (火)   



  大阪造幣局の通り抜け超満員の人出  "止まって 写真を撮らないでください" と言われてもねぇ




今日はよくはたらいたよ。
冷蔵庫の横あたりに置いてあった酒、醤油、ソース、味醂 等々を
整理。流しの下の戸棚にも これ何や? というようなものもいっぱい
半分ぐらいは捨てて残ったのがこれだ。
使いかけのものも大分あったのでキッコーマンとヒガシマル、
とんかつソースと中濃をミックスして一本にして本数を減らしたり・・・
そのあとは涙をぽろぽろこぼしながらタマネギドレッシングを創作。

リスの宿舎と亀の水槽を掃除して餌をやった。
リスは木の実と穀類、リンゴと牛乳、それに水替え、なかなか贅沢だ
トントンの方は豚肉である。冷凍肉を解凍してやっていたが食べないので
わざわざ新しい肉を買ってきてやったが、やっぱり食べない。
4月中旬になろうというのにまだ冬眠気分だ。寝起きの悪いヤツだ。

今晩のメインはトントンのお下がりで豚肉の生姜焼き。
レタスのタマネギドレッシング和え。








   4月11日 (月)   



  造幣局を手始めに京都へも出かけ平安神宮仁和寺と回り今年最期の桜を撮ってきた・・・・・桜にもちょっと飽きてきたころだしな




先週の老人大 日語授業が終わった時、わたしこの歌大好き、という学生と
「昴」を二人で歌った。これは二人だけで終わらせるのはもったいない、
できれば、次の授業の時、クラス全員で歌うというようなことできないかな。

そうそう、この前の発表でも「俺を見つめて頷くお前」とか「あんたがたどこさ 肥後さ」
とかいろいろな歌の音を用意していたのに、ほとんど使えなかった。
ようし、あさっての発表では今度は日中の「わらべ歌・童謡・唱歌」だ。
日本の歌、中国語で歌う日本の歌、中国語の歌、日本語で歌う中国の歌など
朝から100曲ぐらいは歌ったり、聴いたりしたかな。

プールの帰り、伊勢丹に行って4月の情報誌をもらってきた。
地下鉄に乗って、降りようとしたらピッと鳴って降りれない。金額不足らしい。
乗るときに注意をせぇよなぁ。♪行きはよいよい。帰りはこわい。
なるほど、あの歌は「天津さまの細道」を歌っていたのか!