12月20日 (日)    



  神戸行きのため年内のブログは休ませていただきます。また2116年元旦に・・・・ どうぞ、よいお年をお迎えください。




神戸行きの自宅発は夕方なので、午前は「青木学級」に出席。
今日のテーマは「中国経済」ということであったが、突如「イスラム教」に変更。
ひとり、日本語の解らない学生がいたので、他の学生が同時通訳をする。
そりゃ、無理だろうと思ったが、曲がりなりにもちゃんと通訳出来て、
授業が進行するのには驚いた。

そのあと校長先生らの手作りのニラ入り焼き餅と和風ぜんざいをご馳走になる。

帰宅後大急ぎで荷物のまとめをし、
なお少し時間があったのでこのブログをUPしている。

じゃ、いよいよ行ってきま〜す。 飛行機がテロに遭いませんように・・・・










  12月19日 (土)    



  神戸行きのため年内のブログは休ませていただきます。また2116年元旦に・・・・ どうぞ、よいお年をお迎えください。




明20日、神戸行きに出発のため、本年最後のブログとなる。
27日帰津予定だけれども、
すぐにパソコンの前に座るというわけにもいかないから
(なんで?って聞かれたら理由はないんだけれどもね)
ま、切りのいいところで1月1日再開ということにしておこう。
その間の「神戸旅行記」はまた一括してご報告申し上げるつもりである。

今日は今年最後の「天津日本語教師会」
場所もいつもの外語大学から天津師範大学八里台校舎に移しての開催である。
国際交流基金の先生をお招きしての講演会で、
テーマは「読むことを教える授業のデザイン」
文字を教え、単語を覚え、一文を解釈し、文章全体へ、という
ボトムアップ式の読解指導から、初めに目的を設定して
細かいところは少々解らないところがあっても
目的に沿って全体が理解できるというトップダウン式読解の方法を
実際に「前作業」「本作業」「後作業」を小グループで話し合いながら
授業の組み立てを学んだ。
そのあと、先生を交えて近くの百餃園で食事会。













    12月18日 (金)    




  京都 出町柳地下鉄構内の花屋さん
 



水の注文をしたため、午前中は足止め、しかもドアのチァイムが不確かなため
イヤフォンをつけての作業はできない。おかげで30日の授業準備が
ギリギリにならないと出来ないのは職人気質、
ギリギリになったら何とかしてくれよう、というのは神様頼り、
あとは神戸にいる間にゆっくりと熟成させる。
まあ、多分我が人生の最後の授業だろうから、うまくいくといいのだが・・・

ちょっとした買い物があってカルフールに行く。
いつも行っているところだが、ここにも携帯電話売ってたんだ。
カートを止めてフラリとのぞいていると係の兄ちゃんがいろいろ話してくれる。
仕事の話は携帯に中国語を打ち込んで日本語が出てくるというヤツだ。
安くて大きいタイプのヤツ、今使っている Phone の登録が継続できること
画面表示が日本語であること、を注文するとなんと幾種類もあるではないか、
「国美電器」という大手の家電店では「そりゃダメだ」と言っていたのが
スーパーの売り場ではいくらでもあるってね。
お金を持っていなかったけどカードでもいいというのでとにかく買うことにした。
カードには昨日入金してあるので大丈夫だ。
けど、使い方はまだよくわからない。
電話は新しい方にかかってくるが、メールはまだ iPhone の方に入る。
しばらくはうれしそうに2つの携帯を持って歩くということになるんかな。

神戸に行く前に、と gacco の講座、4つも聴講したよ。
「歌舞伎の経済学 Week3」 「日本経済と日本企業 Week4」
「初めてのFT Week 3,4」 4講座聴講ということは4〜5時間かかっている
この忙しい時に、こりゃぁ見上げたものだなぁ。しかもファイナンスとか日本経済とか
趣味にも実益にもならんことをね。 脳の先行リハビリってこんなものなんだろうけど










    12月17日 (木)    




  嵐山、 渡月橋
 



銀行に行って公立学校の年金を卸して元に替え、借金を返した。
これでなんとか首の痛いのも治るんじゃあないかな。

プールの帰りに伊勢丹により、JINS で眼鏡をうけとる。
レンズに少しキズがあるとかで交換してくれると言ったが
気になるほどのキズでもないのでそのまま受け取る。

神戸行きの準備、30日の授業の準備、済んでいない。










    12月16日 (水)    




  嵐山、 渡月橋近くの河原を楽しむ人々
 



銀行に行って日本行きの資金の準備。
公立学校の年金はまだ入っていなかったので、借金返済等の中国元の準備は出来ない。
私学共済や厚生年金は15日に入っているのにね。

それから、先日大悲禅院で買った僧服のズボンの裾直し。
手製の階段を上り下りして窓から入っていく店で、小さな作業場の奥にベットが一つある。
大都会天津の中心地でもちょっと裏通りに入っていくとまだまだこういう店が残っている。
作業は手際よく、丁寧にやってくれる。

次は散髪。丁度昼時だったのでしばらく待たされて3o刈りにしてもらう。
カードを使っていた時は30元だったが、現金では50元になっていた。

あとは、パソコンの前に座って30日の授業のPPT作り。
作業能力が落ちているものでなかなか前に進まない。

神戸行きの準備も、gacco の課題提出もしなきゃぁならんのにね。










    12月15日 (火)    




  正月小餅、数の子、お鏡餅、お祝い箸、防寒くつ下、と歳末の出町枡形商店街  15/12/15
 



携帯電話の解約と買い換えに行った。
解約には2時間ほど待たされて、前のパスポートで契約しているので
それを持ってこないと出来ないと言われて、結局今の番号の欠金を払っただけ。
買い換えも家電店を見て回るだけの気力が無くなって、一軒をみただけで
買うのをやめた。その一つの理由が iPhone は世界中の言語に対応しているが
その他中国で売られている携帯は中国語、韓国語、英語しか出ないんだな。
死ぬまで使ったところでそんなに長くはないのだから今の iPhoneで我慢するか
            WeChat(微信)というのに入った。慣れれば便利そう。










    12月14日 (月)    




  京都で一番紅葉が遅いのが下賀茂神社の「糺の森」とか、まだ見頃と聞い出かけた
 



太極拳48式の練習も今日が最終日。
先日撮った集合写真もいただいた。
私の隣のおばあちゃんが私の家の近くに住んでいる人で
いつも同じバスで行き来している。その隣が先生だ。
先生の前の赤いセーターの女性が神戸に娘さんが住んでいて
今度孫ができるので3ヶ月ほど日本に行くと言う人
後列左から6人目の頃衣服の女性がいつも私を個人的に
指導してくれる人。
今日は最終回ということで、先生が帰った後もみんな残って
1から48まで通しでやって、大拍手をして解散。

7回の展示室では撮影班の学習成果発表会をやっていた。

30日の出張授業の準備、神戸に出発前の15日頃までに
完成させて、と思っていたがまだPPT作成には手がついていない
頭の中では構想はほぼ出来ているので、具体的な作業を終えて
行かねば、また神戸で授業のことばかり考えていなければならぬ

携帯の iPhone がいよいよご臨終みたいだ。明日にでも ・・・・











    12月13日 (日)    




  布引の滝
 



久しぶりに青木学級の再開である。今日のテーマは「終活」
先生からのメールでは「週活」となっていたため、「就活」だと思っていたが
念のために問い合わせると「終末活動」ですと言われて慌てた。一挙に4〜50歳増加だ。
私のように70半ばを超すと日常生活そのものが「終活」だ。
それも今社会で言われている遺産処理、葬式、お墓など「金」にまつわる終活ではない
財産ゼロ、貯金ゼロ、その他 無いもの、無くなりつつあるものをあげてみると
家、住民票、健康・生命保険、運転免許、歯、視力、聴力、頭髪、気力、体力、
今から何かになりたいという気持ちも、遺体をどうこうしてほしいという気持ちもない
医者にかからないんだから病気もない、
死にたくないという気持ちもなくなっている。
あるのは神戸・天津の親族、友人と年金だけである。
その年金も昨日から実質受け取れる17日まではマイナス状態だ。
計算では12月1日からマイナスだったんだけれど節約の結果、
2週間長持ちしたというわけである。
それでもそういう時にはちゃんと
友人がワイン(ボジョレーヌーボ)を持ってきてくれる。

良寛さん曰く「たくほどは風がもてくる落ち葉かな」だな。

    憧々(トントン)はこのごろこんな格好でぼんやりと過ごしている。











    12月12日 (土)    




  みんな去ってひとつ残りし紅葉の葉 凜として美しく
 



プールに行こうと出かけたら、
路上でえらい賑やかにライブをやっていた
路店のおばさんは諦め顔で腕を組んでいる
洗面器を並べた魚たちのライブもなかなか
川岸で釣竿を並べたライブは釣れていない
川岸の教会も礼拝があるわけでなく憮然と
楽天、新世界の百貨店はクリスマスを控え
大賑わいだ。キリスト教も教会より商店だ。
土曜日とあって古文化街も賑わっていた。
先日の大胡同の文具も面白かったが
古文化街もおもしろい。
プールはとっくに諦めて、気合いを入れて
古文化街を冷やかして歩く。
ついついしょうもないものを幾つか買った
次に大悲禅院へ。
ここでは禅宗のお坊さんの服を買う。
作務衣とちょっと違って憧れていたんだ。
これで神戸の街を歩こうかな。










    12月11日 (金)    




  修法が原の森と池 景色も腕もいいがそれよりカメラがいいんだろうな
 



朝昼兼用は昨夜のシチューの残りをスープ代わりに焼きめしを食った。

もう諦めたかど思ったがリス君まだいろいろ頑張っている
ここからどんな工夫がうまれてくるのか楽しみである。

贈呈用のDVD、やっと完成した。左のビールの箱は分類して詰めたDVD
右はコピー屋に行ってコピーしてきた個人用の冊子である。
ふと気がついた。約600タイトル、枚数にして1000枚強、
買値は1枚 10元だから計1万元、日本円にしたら約20万円
日本の定価で買うと約15倍として約300万円か、すごいもんだな。

昨日、伊勢丹 JINS で親切に修理して貰ったメガネ、やっぱり具合悪い
我が懐の「金の神様」には悪いがやっぱり新品に替えることにした。
こっちは1週間ほどかるので神戸に行く前に受け取るためには急がねば