9月 10日 (木)   



  コスモス 漢字では「秋桜」と書く。東北地方では大雨の被害甚大




大雨、洪水、土砂災害、今年になって何度聞いたことであろう。
自然災害とはずっと付き合ってきた日本列島だけれど
それにしてもちょっと多すぎるのじゃあないかな。
神様も何かにいらついていらっしゃる。

ISが日本の在外公館を標的にせよとの指令(?)をだしたとか。
日本の安保体制は外国にある公館(日本領)が攻撃された場合でも
武力による自衛を認めているんだろうか。
もちろん日本はISを「国」としては認めていないんだから
日本とISとの間には「戦争」はあり得ないわけだ。
戦争じゃあないから・・・という介入はないんだろうね。

gacco で新しい講座が始まっている。
「日本中世の自由と平等」
 これはgacco の第一回講座で小おなわれたテーマだ。
 その時、私は受け損じたので再開してくれてありがたい。

「スポーツビジネス入門」
 野球とかサッカーとかをまた別の観点から見る目が養われる。
 野球ひとつ見ても、例えば巨人軍の場合、
 チームを運営する会社、チケットを売ったり興業を担当する会社
 球場会社と全部別の会社が運営しているなんて知らんかったなあ。

DVD「little forest 」 夏/秋、冬/春 と2枚4話となっている。
なんというか風景も語りも気持ちよくしっとりとしていていい。
内容は山間の村で自然に収穫できる草(野菜)や実、魚などを捕って
料理をする、そういった「料理番組」ふうの楽しさもある。
老後こういうところを借りて、自然食だけなんて頑張りではなくて
ちゃんと年金も使っての生活というのもいいなあ。
遍路路の生活もいいけれど、もう一つの候補かな
一気に見るのはもったいなくて今日は「夏編」だけにした。










    9月  9日 (水)   新暦 重陽の節句



  ローズマリー という名前、いかにも高貴というか可愛いというか、こういう名の貴婦人はいなかったかな。ハーブとして人を元気にさせる効用もある




このごろ起床が不規則だ。今朝なんかは起きたのは9時。
別に昨夜夜更かしをしたとか、身体的に疲れているというわけではない。
そういえば人生にはちょっと疲れているのかもしれない。
うちのテレビはよくしたもので、9時に起きても7時のNHKニュースが見れる。
天津の爆発事故とか、3日の軍事パレードとか、戦争法案の行方などは
若干の興味をもって見るが、ほとんどたいしたことは報道されてはいないね。
もっとも巨大地震とか日本にテロが上陸とか、たいした報道があっては困るけどね。

この自動録画は1週間分だ。
ということは先週の木曜日の番組は今日で消える。
そうだ! 「プレバト」だ、と思い出して見出した。ところがこれ2時間番組なので
結局プールに行かず仕舞いで中華丼など食いながらテレビの前で・・・

料理の盛りつけや生け花なども先生のちょっとした手入れで
見た目も雰囲気もごろりと変わってしまうのがほんと見事というか面白い。
中でも特に感心するのが毒舌先生こと夏井いつき先生の俳句査定だ。
今回は焼き秋刀魚を見て一句というのだが 1位になったのは
「遠い日の路地の匂ひや焼き秋刀魚」だが、最後を「焼き秋刀魚」とするか
「秋刀魚焼く」にするかで随分雰囲気が変わってくるね、と言われてな〜るほど。
また「燻煙や秋刀魚と酒でオヤジ女子」はこんなところで「燻煙」を使うのはバカ
これを「七輪や」または「失恋や」と変えるところりと風景が変わる、成る程!












    9月  8日 (火)   



  台風18号の接近を待つ神戸 バッタも避難の準備、でも、台風相手に保護色は効かないよ。




プールの帰りにちょっとした買い物があってカルフールに寄った。
レジに行くとえらい長蛇の列。通過までに40分ほども並んだかな。
こんだけ客が並んでいてもなお閉鎖中のレジがいくつもあるのが不思議だ。
も一つ、そんな状況でもぶらぶらしている店員に文句を言う客がいないのも不思議だ。
私もまた四国遍路の前修行中なので般若心経など唱えながら心静かに(?)並ぶ。
カルフールの営業も世の中の平和に貢献していると言えるかもしれないな。

「幸福の手紙」 内田康夫著 浅見光彦シリーズである。
今回のは最後の2〜30ページだけがすべての内容で、
前の230ページはそれへの導入という程でもなくてつまらなかった。

昨日買ってきた本のダウンロード、なんとか音声の再生はできたんだけど
目次がすべて文字化けしているのでいちいち書き直し手やらにゃならん、面倒なことだ。

古〜い日本の中学国語の教科書を引っ張り出して読み返した。
テープもついていてそっちの方が結構役に立った。












    9月  7日 (月)   



  「萩」 萩の月 萩の寺 萩の乱なんてのもある。 萩市というのもあるな。 万葉集で一番よく詠われているのは萩なんだって。




昼 散髪に行き、少し伸びていたのを3oに刈ってもらった。
バリカンで丸刈りして洗ってもらうだけで30元は高いわな。
去年の年末までは17元だったからすごい値上がりだ。
2012年夏に600元出して買ったカードがあるのでしかたがない。
このカードで25〜6回は使っているから1回当たり20元くらいか
散髪に比べると野菜は安い。
左の全部で13元だ。さすが社会主義国だ。伊勢丹などは
社会主義に参加していないので大根1本で20元近くする。

図書大厦に本を買いに行った。入り口付近には抗日戦争関係の
本が平積みされている。日本語関係の書架も若干狭くなったかな
目当ての本は見つからなかったので、音声がダウンロード出来る本を
3冊買ってきたが、その内の1冊はダウンロード出来ないみたい。

今日から老人大極拳48 が再開。私は全く忘れていると思ったが
やってみると見よう見まねでなんとかついて行ける。
先生もみんなも親切で一対一になって教えてくれる。

図書大厦のかえりにオリンピック大厦に買い物に行くと目の前で北京ダッグを焼いて売っている店ができていた。










    9月  6日 (日)   



  この花は天津でもよく見かけるな。




この腕時計、ひょっとしたら生き返ったかもしれない。
8月末に引き出しの中で再発見。自動巻なので引き出しの中では当然止まっている。
ネジを巻いてやると動き出したが1時間ぐらいで止まってしまう。
4日から5日にかけて18時間動いたのが最高だった。
ところが5日の晩にネジを巻いてやると7日朝まで34時間動き続けている。
腕につけて動かしておればずっと動き続けるかも知れない。
時計が1日半動いたと喜んでも仕方がないが、それでも奇跡の復活だよ。
ちなみに「IWC」とあるが、当然ニセもの。本物だったら中古で345000円とあった。
gacco「ITのきほんWeek2」
途切れ途切れの聴講はイライラするので
字幕を頼りに課題作成 9/10 だったけれども
内容はまったく解らん。
DVD「シメシ」 ふざけるな! 4話で終了。
しかも1話30分だ。さらに、各話の 2/3 は
全く同じ画面の繰り返し!
もう一度言う、ふざけるな!












    9月  5日 (土)   



  私のように神様の愛に恵まれてすくすくと育っているぶどうもある




今日はよく働いたよ。冷蔵庫2つの霜取り(実は氷山取りだ)
汗水流した肉体労働で取った氷は6日の朝になっても残っている
もちろん取ったのは氷だけではなく、
いつ放り込んだのか判らないような食品カスの処理もある。
下の冷凍庫の方は寝そべってやらないといかんし大変だった。
時間にして1〜2時間くらいのものだが
今日はその他に何をしたのか思い出さないくらいのインパクト

冷凍のきのこご飯とレトルトの豚汁、ニンニクの甘酢付け
夜はGang☆Gang で買ってきたコロッケ。

DVD「鍵のかかった部屋」
  密室トリックのドラマなんだけど、
  何か前に見たことがあるような・・・

VPNの接続が何か危なげである。










    9月  4日 (金)   



  今の時代、私はぶどうの樹とわれた神様の樹で実をつけるのはなかなか難しい




今日はかなりまとまった雨が降った。
今日は祝日のせいか、プールはかなりの人出。
天津の秋の花も頑張って咲いている。
私も頑張ってスピーチをたくさん聴いた。
今日は中国人学生の日本語スピーチではなく
オバマ、マララ、ジョブズなど有名人のそれである。
これらはやはり学生のスピーチとは全然違うな。
学生のスピーチには「主張」がないのだ。
ひょっとしたら中国人学生のスピーチなんだからだろうか。
としたらちょっと悲しいね。

DVD「パイラン」 浅田次郎の作品も韓国映画になると
暴力一杯になってしまうのか。後ろ1/3くらいが少しマシ。
DVD「シメシ」 つまらない。











    9月  3日 (木)   中国 抗日戦争勝利70周年記念日



  文字通り「草に秋」とかく萩  なんか花札を思わせる風情がある。




中国「抗日戦争勝利70周年記念軍事パレード」
対日戦争勝利に中心的な役割を果たした米国等連合国が
特に記念行事をしているわけでもないのに、
あんまり役に立ったとは言えない中国がこれだけ派手に
やる理由は何なんだろうね。台湾がやるんだったらまだしもね
  というは私の悪意ある言い方だけど、午前7時のNHKニュースも
「抗日戦争勝利」「軍事力を誇示し」「挙雲洞政権の正当性を強調し」
「強大になった中国の軍事力と自己の威信を誇示」
「中心部の繁華街では大通り封鎖、すべての店が営業を停止」
「地下鉄や路線バスもストップ」「市民の移動手段広く制限」
インタビューで市民の不満の声を紹介するなど
  随分悪意を含めた紹介であた。
  パレード事態はショーとして看ればなかなか豪華絢爛。
  ここでの習近平の演説の一部を再録すると
 平和のために、中国はずっと平和発展の道を歩んでいく。
中華民族は一貫して平和を愛してきた。
発展がどこまで至ろうとも、中国は永遠に覇権を唱えない。
永遠に領土を拡張しようとはしない。
永遠に自らがかつて経験した悲惨な境遇を他の民族に押しつけたりはしない。

 中国人民は断固として、世界各国の人々と友好的に付き合い、
断固として中国人民の抗日戦争と世界の反ファシズム戦争の勝利の成果を守り、
人類のために新たにさらに大きな貢献を果たすよう努力する。

 中国人民解放軍は、人民の子弟たる兵だ。全軍の将校と兵士は、
全身全霊をかけて人民のために奉仕するという根本的な趣旨を心に刻み、
忠実に祖国の安全と人民の平和的な生活を守るという
神聖な職責を履行しなければならない。
忠実に世界平和を守るという神聖な使命を遂行しなければならない。
私は宣言する。中国は今後、軍隊の人員を30万人削減する。

   みなさん、同志よ、友よ!
 
 誰でも最初は頑張れるが、最後までやり遂げるのは少ない。
中華民族の偉大な復興の実現は、一代、そしてまた一代の人々の努力が必要だ。
中華民族は5千年以上の歴史を持つ光り輝く文明を創造した。
必ずやいっそう光り輝く将来も作り出すことができる。


  そしてパレード終了後12時のNHKニュースでは
「国際的には中国は戦勝国の一員であるとの主張」
「国内的には貧富の拡大、経済成長の鈍化などの国民の不満から目をそらす」
「この式典の性格が平和的ではない」との理由で
欧米、東南アジア、南西アジアの多くの国が参加をボイコットした」
「日本政府は中国が過去の不幸な歴史に過度に焦点をてるのではなく、
未来志向の姿勢を示してほしい」

日本政府もNHKも「先に○○ありき」といった論評だな。
国っちゅうものはもっと大人はなれないものか。










    9月  2日 (水)   



  葛湯になる「クズ」 葉っぱもなかなかピリッとしている。




今日は中国人学生による日本語スピーチを何時かも聴いた。
全体的にはやや定型的という印象はあるが、個々人の頭の良さには感心する。
何分「作文」の課題に「正解」があってそれからどれくらいズレているかで
得点が決まるという教育を受けてきているのだからそれも当然かも知れない。

「とんび」 重松清著 読了。 右側はTBS日曜ドラマになったもので
私はまだ看ていないんだけれどもね。DVDがあればまた看てもいいかな。
不器用な親を暖かく描いていて気持ちがいい。

DVD「サムライフ」 実話を元にしたドラマみたい。
ちょっと安直なところはあるけれど、これも看ていて気持ちがいい。

夕方、友人が来宅する旨電話。食うもや何もないぞ、というと
ケンタッキー各種を思い切りたくさん持ってきてくれた。

明日は「抗日戦争70周年記念軍事パレード」だ。
実は3日朝からその中継テレビを見ていて、2日のブログUPが遅くなってしまいました。










    9月  1日 (火)   210日 学期はじめ  防災の日



  9月の最初は京都地下鉄の駅の花屋さんの店先




中国では多くの小中高校(含 大学)で新学年が始まる。
日本では2学期の学期はじめである。目出度い日かなと思ったら
9月1日は中高校生の自殺者が一番多い日なんだそうだ。

阪神淡路や東日本ではなくて関東大震災を記念しての「防災の日」
首都圏で直下型の巨大地震が発生すれば・・・という想定の
訓練が行われていたが、首都圏では原発事故は「想定外」でいい
のだろうな。なんか勝手な話って感じがするよね。
原発も絶対安全なんだったら、国会か皇居の隣あたりに作ればいいのに。

天津は地震は多分大丈夫なんだろう。
放射性物質やPM25 等の大気汚染は日常的だけれどもね。
もし、日本並みの地震が来たら高層ビルは殆どが倒壊するかも知れない。
「非常食」って蓄えておく必要はあるんだろうか。

DVD「ようこそわが家へ」FGHIと最終回まで一気に看てしまった。