7月 10日 (金)  



  ザクロもふくらんできている






NHKスペシャル「文革」全7集の内の4集である。
なんと言うか、中国のスケール、うねりの巨大さには
驚くほかないな。
一億火の玉とか戦艦建造のため鍋釜まで供出とか
オイルショック時のトイレットペーパーの買い占めとか
吹けば飛ぶ程度の騒ぎだ。

一般に常に人の目を気にするのが日本人
中国人は人目を気にせず自分の考えを主張、という
認識はひょっとしたら深いところで違っているのかも。

朝一番にgacco「インタラクティブティーチング Week5」
今回はシラバスの書き方というか授業の目的・目標の
学生との共有の仕方がテーマである。
いつものことながらこの講座そのものがそのテーマの
いい見本になっていることに感心する。

夜は野菜を沢山買ってきて飲む。真ん中の青いのは中に水が封じてあるコップだ。
冷蔵庫に入れて置いて使ってみたが、なんだか飲みにくい。
酒のアテは「プレバト」 
@炊き込みご飯・・・味の評価だから納得のしようがない。
A生け花・・・な〜るほどと感心するところもあるがその頻度は小。
B俳句・・・これは本当にたった1字2字を変えただけでこんなにも・・・と驚きの連続。










  7月 9日 (木)  



  秋の桜 コスモスが咲き出している。 空もそんな感じ・・・






プールの帰り、カルフールに寄ったら、
鮮魚売り場の水槽にカエルがひっかかっていた。
顔の前で手を振っても知らぬ顔、カエルの面に何とかだ。
瀬戸物かと思って行きすぎようとすると、
ずり落ち欠けてもがいている。
おお、本物の「食用」カエルなんだ。
よく見ると同じ水槽に亀も数匹、甲羅のかんじから見れば
多分スッポンなんだろう。
美容や強精で有名ではあるけれども
こんなところで、これ一匹って買って帰る人がいるんだろうか。

今日はよく勉強したよ。 gaccoの3講座
「ランニング科学 Week4」最終回だ。
こんなことを勉強して何になるんだろうって気がしないでもない。
「知的財産とビジネス B」 言葉が難しいだけで講義内容は簡単 
「民法入門 B」 簡単そうに見えるんだけど、民法はやっかいだ。

久しぶりに「紙の本」を読んだ。
「横浜殺人事件」 内田康夫著 
例によって途中で、あれ? これ読んだことあるかな?って
思ったけれども結局最後まで読んでしまった。










  7月 8日 (水)  



  アジサイの町 神戸  神戸電鉄の線路脇にも






午前中に「MBA経営戦略」最終回の課題を提出。
これは出来が悪くて10問中3問不正解。コース全体でも55点、不合格の成績だ。
ただ、30点満点のレポートを提出して5点を取れば最低合格点の60点には達する。

今週はgaccoの授業が6つも集中したが、来週は4、再来週は3、その次は2 と
次第に夏休みの雰囲気になってくる。

次の日曜日の「青木学級」のテーマは「ヘイトスピーチ・ヘイトクライム」である。
この毎回のテーマは勿論インターネットでも調べはするんだが
まるで禅の公案みたいに、道を歩きながら、電車に乗りながら、
プールでストレッチをしながら、ずっとずっと頭の中を転がしている。
そうするとふっと違った方向の考えが浮かんできたり、よい勉強になるんだなぁ

インターネットで大阪の会社からちょっとした買い物をした。
支払いもインターネット経由でやると、EMSで天津まで送ってくれるという。
しかも、今 荷物がどこにいるかも知らせてくれる。 えらい時代になったもんだなぁ

夜は近くの「川国演義」でしゃぶしゃぶを食った。
中国では巣立ちの時期、何カ所か「卒業コンパ」をやっていたな。












  7月 7日 (火)  七夕  小暑



  これもアジサイなのか?






七夕・・・・笹の葉サラサラ、という雰囲気はぜんぜんない。
      織り姫様ももう大分歳いっただろうな。 
小暑・・・・ちょっと調べたらこれから暑くなる日ねとあった。
      冗談じゃない、もう十分暑いよ。

午前中かけて5,6月の予定表をワープロで打ち直した。
7月の予定表も作成したが、gacco以外の予定はなにもなし。
我が世は平和なものだ。
gacco「知的財産と企業活動 Week1」
「宅建士 民法入門 Week2」
抵当権とか連帯保証とか物上代位とか結構ややこしい。

全く関係のないことを学ぶというのもまた新鮮なものだよ。












  7月 6日 (月)  



  ルドベキア って言うんだそうな。すごい花だな。






電子図書「良寛 上」 立松和平著 読了。
特に何に感動したとか、新たな知見があったとかはないんだが
読んでいるとしきりに四国遍路に心が飛ぶ。
「漂泊の思い」という言葉が頭の片隅に居座る。
半日かかって、ああこれは「奥の細道」だったと気づく始末。
寒いときは辛いから来年の夏頃にでも
30日とか40日ではなくて88日、いや100日でもかけて
ゆっくりと四国路を歩いてみたいなぁと思う。 夢かな。

良寛の書もそのヘタさ加減がいい。
去年だったか神戸で買ってきたちょっといい筆ペンを出してきて
ワシも字を書いてみようかな、などと思っている。

gacco「ランニングの科学 B」「ビジネスプラン D」 聴講。













6月18日から25日の  神戸旅行記  やっとUPしました。ヒマな時にどうぞ




  7月 5日 (日)  



  今日もアジサイだ。これもまたかわいい。






本当に久しぶりの「青木学級(視覚障害者日本語訓練学校)」の日である。
先月21日から再開されていたのだが、21日(AIIBについて)は日本滞在中
28日(一人っ子政策)はあることを知らなかったため出席できず1月11日以来である。
今日のテーマは「戦後70年に問う 戦争・平和・日中友好」である。
NHKの取材も入っており、いつもより熱気も高まっている。
まずは全員の自己紹介。全盲の人、弱視の人、社会人、お母さん、学生と多彩。
反日映画を見た時の感想や、今年9月に北海道でのワークにかける思いなどを語る。

青木先生から李勝彦校長の祖父母の代から4世にわたる日中関係史の紹介があり
その後、李校長からお話(中国語なので内容はよく解らなかったが)あった。
その中で印象に残ったのは「勝彦少年は、弟を従え夕暮れを待って農村に出かけては
畑から芋や大根などを失敬し、警察の目を盗んでは川で魚や蟹を捕まえ、
食えるものなら犬だろうと芋の茎だろうと手を出した。」という話である。

焦土と化した敗戦日本の神戸で私が体験したことと全く同じ経験が
「戦勝国」中国の天津で李校長も体験していたのだ。
勝者も敗者もなく庶民に塗炭の苦しみをもたらす、これが戦争というものなのだ。

しかし、その後日本は70年にわたって国権の発動たる戦争はしなかった。
これは世界史に例を見ない快挙である。
憲法の前文及び第9条を素直に読めば日本は陸海空軍その他の戦力(=自衛隊)は
持てないはずである。

が、朝鮮戦争が勃発し、半島で中国とアメリカが戦火を交えるようになると
「自衛のため」の戦力保持は許されるとして警察予備隊・保安隊・自衛隊という名の
軍隊を保有するようになった。さらに、中国の軍事力が強大になり、北朝鮮の核開発
などの状況を受け、アメリカが他国との戦争になった場合、日本もそれに参戦する
という「集団的自衛権」という制度もまもなく
「閣議決定」から「法律」へとなろうとしている。

しかし、核兵器は持たないものの、陸海空にわたって世界有数の戦力(自衛隊)を
持ちながらも60年間一度も「戦力」として使わせなかったのもまた事実である。
集団的自衛権の行使容認が法制化されたからと言って
実際の行使は許さないという国民世論を作っていくことは不可能ではない。

明治以前の日本は「薩摩」「会津」などという「国」に分かれていた。
そういう中で日本国内でも国権の発動たる戦争があったのである。
薩摩人や会津人が同じ日本人となった今、日本国内での戦争なんてあり得ない。

ユーローがどのように進んでいくのかは解らないけれど
私たちが中国の人と、韓国の人と、アメリカ・ロシアの人と接する時
国の色を付けずに「人と人」との付き合いが出来るようになること、
それは私たちの心がけ次第で実現していけることではないかなぁ。
難しいけれども、更に言えばガンジーやキング牧師の無抵抗・無暴力を
少しでも学ぶことが出来ればなぁ。

青木学級が終わったのはもう午後2時を過ぎていた。
そのまま友人と濱江道に出て遅い昼食をとり、かなりたくさんビールを飲んだ。










6月18日から25日の  神戸旅行記  やっとUPしました。ヒマな時にどうぞ




  7月 4日 (土)  



  おぅ、おぅ これから咲くのかい? かんばれよ





上、1本しか残っていなかった歯が途中から折れて、入れ歯が歯抜けの状態になった。
夕方になって、その歯がシクシク痛み出して弱った。
「正露丸」を探し出して詰めてやるとなんとか、痛みは治まった。

朝、ブログを書く前にgacco
「インタラクティブティーチング Week3」聴講。
これは講義ビデオをダウンロードできないので
朝のインターネット状況がいい内にVPNを
通じて受講しなければならない。
このことで提供の東京大学には文句タラタラ
だったんだけど、受講してみるとこれは面白い!

もう授業することのなくなった隠遁の身だから
役に立つということはない筈だが
イメージの中で私の授業が広がって行くのだ

午後からは「MBA経営戦略 Week4」を受講
こっちも実話が沢山入っていて面白い。
今週の実話例をあげてみると
@ マーケティング事始め:GM         A 美を創造する:シャネル
B デスティネーションをつくる:湯布院     C 競争優位性を生み出す:伊右衛門
D 流通経路の変革:久保田           E ニッチ市場のリーダー:玉子屋
F チャレンジャーの戦略性:アラウーノ     G 事業成長のマーケティングモデル:ハーレーダビットソン
H ベストセラーを創る:もしドラ        I V字回復するマーケティング:ヤッホーブルーインオグ
といった具合である。
知らない会社もいくつもあるけれど、それぞれにアイデアがおもしろい。

プールではサウナの温度が低かったのでプールサイドで寝ころびながら「良寛」を読んだ。
これもまた豊かな気分になっていい。











6月18日から25日の  神戸旅行記  やっとUPしました。ヒマな時にどうぞ




  7月 3日 (金)  



  八重のノカンゾウ  (ニッコウ)キスゲ ともいう。





プールに行ったら水着を持って行くのを忘れていた。
このごろこういう忘れ物が多い。
何かをしていてもすぐに気が逸れてしまうし、居眠りも多い。
脳軟化とか痴呆とか認知症とかアルツハイマーとか、いろいろ思い当たるど
今日解ったことだが、脳に血流が行っていないのだ。
プールでストレッチをやってサウナで汗を流して帰ってくると
gaccoの授業の受講能率なんかまるで違う。

午前中にやった「ランニングの科学」と「宅建士 民法入門」
どちらもそんなに難しい内容ではない。
でもきいている内にすべからく意識が薄れて来るんだ。
テストもどちらも満点で当たり前とおもうのに 8/10 。
プールから帰ってきてやった「ビジネスプラン」は
眠気を誘うような話し方の講師なんだけど、内容が面白いこともあって
一気に生き生きと聞き終えた。テストも何のためらいもなく4/4 。
この歳になると勉強は頭じゃなくて体全体を使ってやるものなのだ。


久しぶりに「マッサン」の視聴再開。第三週「住めば都」

そうそう、神戸に行った時に「宝くじ」を10枚買っていた。
その抽選が昨日だったのだ。
おめでとう!! 当選 200円!!
近いうちに日本まで取りに行かねばならん、かな。











6月18日から25日の  神戸旅行記  やっとUPしました。ヒマな時にどうぞ




  7月 2日 (木)  



  「あじさい」には静かな雨が似合っている。






「神戸旅行記」をやっと書き上げて心底ホッとしている。
gaccoのレポートでも毎日のブログでも文章を書くということが
ひどく億劫というか飽きっぽくなっている。
ブログも一日二日でも止めればすぐに
週一になり、半月に一度になり、やがて書くのを止める。それが
目に見えているから自分にむち打って毎日書くことにしているのだ。

夜、家の近くの街に出ることはすくない。
たまに出てみるとなかなか楽しい夏の夜が展開している。
神戸の住宅地にはこういう楽しさはなかなか見つけられない。

DVD「NHKスペシャル 文革 @A」 を見た
これも私が30代のころにすぐお隣で起こっていた出来事だ。
キング牧師の黒人公民権運動も大体同じころだ。
でも一方はその黒人が大統領になっている。
文革からは、いったい何を生み出すんだろうか・・・・・










  7月 1日 (水)  海開き 山開き



  7月になった。名前は知らないが、こういう花も咲いている




ギリシャさんとともになんとなく鬱々とした6月は過ぎた。
7月1日の天津は海開きも山開きもないけれど、暑さと晴天だけは十分だ。
飲料水の注文、2時頃にやってきたので、受け取ってすぐに外出。

外出したのは1週間ぶりぐらいだろうか。とにかく暑い!
まず、回転寿司で軽く腹ごしらえをして地下鉄へ
地下鉄の荷物検査は手を挙げたらスッと素通り、
ガソリンかぶって火をつけるなんてヤツはいないんだろうな。

20日ぶりぐらいかなぁ、プールに行ったら、なんとまた使用停止の立て札が・・・
フロントにどうなってるんだ?って文句を言うと、
あれっ? 使えないですか? 見に行きましょう。 などという。
昨日まではちゃんと使えていたんですがねぇ。 技術の者に聞いてみましょう。
サウナの室内は高温のため電灯が壊れた。安全のため使用停止にしている
おいおい、サウナが高温なのは当たり前だろう! いつ直るんだ?
たぶん明日には・・・・ 本当かい?  多分・・・・
じゃあ明後日来るから必ず直しといてね。 了解!
こういうやりとりを、携帯の翻訳機を通じてやるのだからなかなか大変。
でも携帯にも便利な機能があるんだなぁ。
結局今日はシャワーだけして帰る。

帰りにいつものパン屋でパンを買って帰る。

晩飯がなにもないので、神戸園で食事。

出かけようと思ったら、一天かき曇って竜巻のような大風と大粒の雨、
こりゃあダメかと思ったが、ものの20分ほどで雨も風もおさまってしまった。
ありゃあ、なんだったんだろうかね。すごかったんだよ。

まあまあ、なんとか神戸園に着いてみると
誘ってくれていた人から電話で、
まだ雨が降っているので、今日は失敬する、って。