2月10日 (火)    



   今日は神戸の花ではなくて我が家の窓際に咲く水仙である






下はプールの帰り駅前の道路で買ってきたポン菓子である。
昔は神戸でもよく見たんだけどねぇ
懐かしいな。
VPNの90日延長を申し込んでインターネットバンキングで払い込んだ。
YouTube が見れるということよりも朗読番組がいい。
今日もプールの往復に二日がかりで「正法眼蔵随聞記@」を読了(聴了)した。
ごく普通の道徳話のようなことを言っているんだけど、これがなかなかおもしろい。
ABCと続きがあるようなので、心のゆとりのために続けて聴いてみようと思う。

朝は冷凍飯と冷凍レトルトで中華丼、昼は回転寿司、そして夕方はポン菓子だ。
そしてDVDは「深夜食堂」と「孤独のグルメ」だ。深夜食堂は最終回。

DVD「日本社会 O 無国籍」 多分2009年の放映だ。
今日本には千数百人の「無国籍」の人がいるそうだ。
ベトナム難民であったり、中国・台湾、韓国・北朝鮮
の狭間であったり・・・この番組のディレクターも
カメラも無国籍の人である。
「無国籍」って何なんだろうな。
保険とか住民票とかすべての保護・証明などから
除外されている人、公的な居場所のない人??
自分の意志ではなくて国籍を奪われた、
与えられなかった人たちの問題なんだけれど
ひょっとしたらもっと積極的な「無国籍」って
あってもいいのかも知れないとぼんやりと思っている

私は「国」とか「愛国」とかになんか「?」を感じてる。
麻薬を所持していたということで人を殺す(死刑)のも
人の信仰を抑圧(例えば法輪功)するのも、人の自由を拘束(徴兵)して奴隷的使役(訓練)を課し、
何の恨みもない人を殺せ(戦争)と命じるのも「国」ではないのか!








  2月 9日 (月)    



   東風吹かば匂いよこせよ梅の花  綱敷天満宮 多くの梅は まだ蕾が固い 15/02/08





我が家の近くの公園にも春節の大看板が登場
昨日、神戸園にめがねを忘れてきた。
電話するとありますよ、というので
昼飯がてらまた神戸園に。
昼飯は豚汁定食を食う。

これまた昨日の残務だが、
日本語音声付きの本、一冊はCDではなくて
URLからのダウンロード版だ
これがなかなかうまくいかなくて難儀する。
あきらめてというか一時停止して
プールに行ってサウナして帰ってくると
比較的スラスラとダウンロードできた。

DVD「日本社会 N 首都水没」 2010.10 放映
DVD「日本社会 O HIVと生きる」2010.7 放映
の二つを看る。
HIVに感染したら、まあ悪性の癌でもいいんだけれども、常に死を目前に意識して生きなければならない。
そういう壮絶な人生を生きる人・・・
でもね、考えてみると私だって同じじゃん? 確かに死を目前にして生きていることは間違いないよ。








  2月 8日 (日)    



   天 狗 塚の岩の上から見た神戸の町 15/02/08






プールに行く前にちょっとテレビをつけてみたら
昨日のTBSで「人間とは何だ・・・!?」というのがあった。
見だしたらやめられなくなって気がつけばもう3時過ぎ、
食事会の予定もあるし、結局プールはやめにした。
そのテーマの一つ二つ
「恋とは? 愛とは? 恋心の脳を見る」
「『心』とは?・・・・人間とは何だ・・・!?」

食事会に行く前にちょっと早めに家を出て、図書大厦による。
日本語音声付きの本が何冊かあったので
「日語閲読教程」・・・身振り、日本人の国際感覚、男と女”など18項目
「中日同声伝訳」・・・会社の歳時記、日本の家族、しつけから見る人間関係など16項目
世界名人演講精華集・・・松下幸之助、スティーブジョブス、胡錦涛、など17人

食事会は例の神戸園で。日本人のじいさん4人と働き盛りの男性の5人
この男性は中国人と結婚し、3歳の子供がいるが、会話には困っているという。








  2月 7日 (土)    



  杣谷峠から長峰山を上りはじめたのは14:00  天狗塚で14:50 - 15:30 休憩






VPNから録音した樋口一葉「おおつごもり」を聞きながらプールに行く。
自宅では3時間余の「使徒行伝」を録音中である。
プールから伊勢丹によって買い物をして帰宅するとちょうど録音が終わるところだった。
でもちょっと長すぎるので iPod や iPhone に入れるには不適当のようだ。

このところDVDは日本社会とか地球環境とか堅いものが多いので
久しぶりにドラマを看た。「はなちゃんのみそ汁」
痴呆前には考える練習も大切だが感じる心の維持も大切よね。
















  2月 6日 (金)    



  中学・高校と6年間この坂道を上り下りしたものだ。






プリンターが印刷できなくなった。
いろいろ調べてみるとパソコン・プリンターには
故障はなくてインクカートリッジの不具合らしい。
ついこの間(1/17)買ったばかりの新品なのに、
買ったところに行くといろいろやって無料で修理
不便かけられているのに、ありがたいと思うなぁ

gacco 「マンガ・アニメ」課題がでたので
Week3と4 を読み始める。
別に課題と講義は関係ないみたいだな。

VPNで朗読を検索するといろんなものが出てくる。
次から次へとmp3に変換して録音
聖書のヨハネ伝や使徒行伝の全朗読などもある。これはもうけもんだな。
ただ時間がかかるのでプールに行っている間に録音したり、
ブログを書いたり、 他の仕事をやっている裏で録音をしたりしている。
いま、この裏では樋口一葉「おおつこもり」の朗読を録音中である。









  2月 5日 (木)    



  クリスマスのサンタが魔女の服を着て鬼の面をかぶって・・・・忙しいじいちゃんだ






宅配で酒は飲むとも飲まるるな注文。
この頃酒が早くなくなる。3日で2升の割かな。

プールから見えるビル建設現場である。
この間までは路上の駐車場でも作っているのかなと思っていたらいつの間にか
こんな具合になっている。間もなく囲いがとれて全貌が見えてくるんだろうなぁ

今日のDVDは偶然にも2つとも「ゴミ問題」、このブログでは20日もゴミ問題だった
三つ並べて考えてみると
@大量生産・大量消費→人類の発展
A大量消費→大量のゴミ
B処理場の限界→埋め立て満杯
C地下水汚染・悪臭・有毒化合物の流出
Dリサイクルは可能だけれどコスト高
E低開発国へのゴミの移転
Fドイツの場合ゴミ出しを有料化
Gゴミ出しより修理して再利用
H徹底したリサイクルでゴミ激減
I日本の場合、リサイクル志向
Jリサイクルはコスト高
K中国が資源ゴミを高価で買ってくれる
L日本のリサイクル業者・技術廃業
M中国が資源ゴミを買ってくれなくなる
N日本国内にあふれるゴミ
という構図になるみたいだね。

私の子供の頃は余った飯粒は糊として使った、茶殻は畳に撒いて掃いた、靴下はツギを当てて履いた、
服は兄貴のお下がりだった、着れなくなった服は雑巾になった。 リサイクルなんて言葉はなかったけどね。

DVD「深夜食堂 きんぴらゴボウ」
DVD「孤独のグルメ ヒレカルビとロースすき焼き風」








  2月 4日 (水)  立春  



  立春・・・・・おいおい、これからじゃあないのか、この花、木偏に春 なんだけどずいぶんお疲れの様子






水の注文が意外と早く来た。しかも値段が2.5元安くなっている。
それともう一つ、なかなかインストールできなかったnorton360premiam
というのがちゃんと動き出した。こいつは春から縁起がいい。

で、本を借りに国際大厦 日本人会に行った。
ロビーに入ると雰囲気が変である。
警察がいる、救急隊員がいる、人が倒れている
ひょっとして天津にもテロが? と思ったが
どうやら単なるケンカだったらしい。

国際大厦も伊勢丹も春節の飾り付け完了

DVD「地球 豊かさの限界 F CO2との戦い」
炭酸ガスの排出・・・例えば自動車で考えれば
アメリカ、西欧、日本などが大量排出国だろう。
でも、これから中国を筆頭にアフリカ、南米、東南ア
などでもどんどん車が増えてくるに違いない。
排出権なんて考え方から言えば
途上国の貧困(排出量が少ない)の上に成り立っている
先進国の車社会と言えるんじゃあないか。

DVD「深夜食堂 しじみ汁」
今夜の酒の当てはコロッケでした。これもなかなかいい。










  2月 3日 (火)  節分  



  可憐にみえる蝋梅もなかなかたくましい木なんだな。






節分、といっても天津では何の思い入れもなく
冬も去ってはいかない。
今年はどういうわけか暖房の温度が低めである。
中国も温室効果ガスの放出に気をつけているのか、
あるいは中国経済の勢いにちょっとかげりが出てきたのか
いずれにせよ、豆まきも、恵方も、巻き寿司も関係なく
節分は過ぎていった。次は立春ではなくて春節である。
我が家の近くの公園も春節のイルミネーションになっている。
右の写真の左端の緑のシートがここの園上生活者の転居先だ。

gacco「ブラックホールWeek2」のレポート2題、
明日で期限切れということでとにかく提出をした。
驚いたことに1題は合格だった。もう一題は当然 不合格。
ついでに「iPS細胞Week3」の理解度テストも提出。
こちらは数字的な部分はよくわからないけれども
だいたいの内容というか、ああ、こういうことができるんだ、
とかこんな問題点があるんだな、ということはよく理解できる。

あと、日本語の辞書や中国語入力のソフトなどをインストール

夜は友人のおごりで「大悦城」の台湾料理の店で
台湾ビールを飲みながらご馳走をいただく。
どの店も超満員で行列ができていたよ。









  2月 2日 (月)    



  厳しい寒さの中に鋭い芳香は喜びだったが我家の蝋梅は2代目も枯れてしまった






パソコンは一応は回復したんだけれども、まだ予後の調整がいろいろ。
例えば再起動するごとに「更新プログラムのインストール」が出る。
それも半端な数ではない。116個のインストールに2時間以上かかったよ。
そしてその次の再起動では58個だった。
セキュリティソフトも仮のがはいっているけれども、
金を出して買ったソフトがまだダウンロードできていない。
辞書もまた初めから入れ直さねばならぬ。ま、いろいろ大変だ。

それでもまあ、一応見通しは立ったので
散髪に行って、頭をピカピカに光らせた。天井の模様が映りそうなくらい。
それからスポーツクラブ。左はクラブが入っているホテルのロビーだ。
この間から春節モードに変わっている。
夜は近くの「川国演義」でしゃぶしゃぶを食い(右)、
麻婆豆腐を打包(持ち帰り)して家で飲み直す。
gacco「ブラックホール」のショートレポートの期限が来ている。
さっぱり解らんのだけど、まあ出すだけは出そうと書き始めた。








  2月 1日 (日)    




  1月末から2月への渡りは最悪だったなぁ






パソコンの大手術からの回復にまるまる一日かかってしまった。
CDに入っているプログラムはまだいい、多くはダウンロード版を買っているので
その在処(URL)を探すのが大変、それにパスワードとかシリアルナンバーとか・・・・
そして動き出したらまた、何十分も待っていなければならぬ。
ほっといてその間にプールでも行けばよさそうだけど
それがまた、時々「次へ」とか「OK」とかいれてやらなければならんので
やっぱりずっと付き添ってやる必要がある。手間のかかる病人だ!

夕方までかかってやっと退院OKとなったので、久しぶりに銭湯にいった。
こういう時はプール・サウナより湯船・あかすりのほうが気持ちもいいし、元気も回復するな。

イスラム国に拘束されていた日本人が殺害された。
ひどい話だ。首相はじめ全員が残酷非道・冷酷無惨といっているけれど(私もそう思うけれど)
考えてみれば日本国だって同じようなことやっていないか? 
「死刑」って「日本国」の論理でおまえは罪人だ、
殺害すると公開宣言して何年とか拘束した後、殺害するんだ。
それが国と国の戦争となると敵国人だというだけで例えば空襲をして幼児・老人・女・子供も大量殺害する。
いま、日本は「イスラム国」と戦争状態に入っている(と相手国は宣言している)
だったら「敵国人」という理由で日本人を殺害することは(彼らにとっては)当然のことなのかも知れない。

そんなむちゃくちゃな論理はない。(と私も思う)が、
彼らもまた、そんなむちゃくちゃな論理はない、と言うんだろうな。