12月31日 (水)   大晦日


  大晦日、京都「錦市場」のにぎわい

  神戸旅行記、一応やっつけ仕事で脱稿、「過去ブログ」からみてください。




やっぱり今年中にという区切り意識はあるんだなぁ
やっつけ仕事で「神戸旅行記」を書き上げてプールに
夜はこれまたお付き合いで「紅白歌合戦」
めちゃめちゃつまらん番組になってしまったな。
愛、暖かさ、思い出、希望、明日、勇気・・・
なんだ! 中学生の学芸会か!
でも、酒は八海仙、つまみもなかなかだろう。
テレビで新年を迎えて(天津はまだだが)・・・・












久しぶりに gacco「イノベーション Week4」聴講。
課題は満点だったけれどもレポートが2題あった。 これは来年だ。
池井戸潤「最終退行」 読了。

じゃあ、よいお年をお迎えください。








 12月30日 (火) 1922年 ソ連邦成立


  年の瀬のこの日、有馬温泉「太閤の湯」は入湯待ち90分とか・・・  でも神様の方はこの通り(湯泉(とうせん) 神社)

  神戸旅行記はまだ途中ですが、「過去ブログ」からみてください。




いよいよ明日が大晦日か。
忙しさも、慌ただしさも、せわしなさも、なにもない。
「門松は冥土の旅の一里塚」とか詠んだ人もいるが
その門松すらもない。ただただぼんやりとした日が過ぎていく。

あんまりぼんやりだけでは困るので今日は頑張ってプールに行った。
従業員以外一人の客にも出会わず、こちらもまたぼんやりしたプールである。
昼飯に回転寿司に行った。珍しく寿司の調理場面に出会う。客は皆無である。










 12月29日 (月) 孫文 革命政府臨時大統領となる


  右側の立っている「あんこう」は売り物ではありません。

  神戸旅行記はまだ途中ですが、「過去ブログ」からみてください。




一日中在宅。昨日プールに行ってストレッチとサウナで大層気持ちがよかったので
今日も是非と思っていたのだが、いざとなると何となく面倒になって・・・・
こういうのが老人性うつ病の初期状況なのだよな。
そんな状況だから「神戸旅行記」の方も遅々として進まない。
ちょっとやりかけてはすぐに東野圭吾に逃げ込んでしまうというわけだ。
おかげで「ウインクで乾杯」 一日で読了。

Paintshop に代わる Paintgrapic3 の使い方にもまだ慣れないのも書き進めない原因の一つである。






 12月28日 (日) 官庁御用納め  


  いよいよ年の瀬も押し詰まってきたなぁ

  神戸旅行記はまだ途中ですが、「過去ブログ」からみてください。




今日の青木学級のテーマは「癌治療に向き合う」である。
癌について考えるということは死について考えることである。
癌は死に至る病という一般的な認識があるからである。
そういう点から言えば癌治療の一つの柱は
緩和ケア、ホスピス、カウンセリングなどを考えねばなるまい。
しかし、一方、らい病も結核も天然痘も克服してきた医学は
やがては癌をも克服するであろう。
そして人類の平均寿命は100歳とかいうことになり、
人口の10%が120歳以上、30%が百歳以上という社会も
現実になってくるかも知れない。死ねない社会の到来である。
ただ寝ている人のために家計は破産し、財政は破綻する。
「命」あるいは「死」ということについて
考え直す時がきているのかも知れない。

日本で買ったパソコンの電源コードが125V限度である。
これでは220Vの中国ではつかえない。
私の机はトランスで100V OKだが学校などに持ち出したとき
コードから煙が出るということになる。
青木学級の帰り、鞍山道によってコードを購入。20元だった。

そのあと水遊館に行きCoco一番の激辛カレーを食ってから
久しぶりにスポーツクラブに。
カレーを食っているときに友人から電話があって
夜は「神戸園」に。体調不良だったけれども
飲んで食ってしゃべっている内に気分がよくなってきた。やっぱり酒は百薬の長だ。









 12月27日 (土)

  

  樹の上でのんびりを見せつける王子動物園の豹(?)




今日は一日何んにもする気にならない一日だった。
神戸旅行記を書かねばと思うんだけど、
昨日のことすら定かでない認知症(おっと、医者でもないのに病名診断をしたら違法だな)の
私が一週間も前のことを日記風に書こうというのだから、すぐいやになっても当たり前だね。
それでも15,16日と二日分ほどなんとかかいたかな。

そんなんで休み休みの間に、神戸に行く前から読みかけていた「慈雨の音」宮本輝著 読了
特になにという内容ではないのだけど、やっぱりおもしろい。










 12月26日 (金) キューリーフ人ラジウム発見

  天津に帰ってきての第一日目。  王子動物園のシカ君同様私もまだまだ眠りからは覚めていない。

  神戸旅行記はまだ途中ですが、「過去ブログ」からみてください。




今日は朝からどうしてもしなければならない用事2件
まずは午前中に老人大に行って来年度の受講料を納入しなければならない。
早めにと思って9時頃に家を出た。バスで老人大に着いて、
いざ金を払おうと思ったら、お金を持ってくるのを忘れていた。
なんちゅうこっちゃ!! また家に引き返してやり直し。
早めに出たからよかったようなものの、もしぎりぎりに出ていたら
受講出来ないところだった。危ないところだ。
ま、「終わりよければすべてよし」ということにしようか。

もう一つの重要事は、神戸の友人に借りたお金を送金することである。
帰宅してすぐ銀行に行った。なかなか大変だよ。
@ 通帳に残っている日本円を調べる
A 神戸から持ち帰った日本円を預金する(硬貨は預かってもらえないことが判った)
B 借金総額から預金残高中の日本円残高を引く=(a円)とする。
C (a円)がいくらの米ドルに相当するか計算する=(bドル)とする。
D (bドル)を日本円に換金して預金する。=借金総額が通帳に入る。
E 外国送金申請書を提出する。
以上のことをするだけでだいたい1時間以上はかかった。
たとえばAで預けたお金は外国送金には使えない、とかいろんな想定外事態が発生する。
あと、
F 残った米ドルを人民元に換金して通帳に入れる。
G 当座の生活費の人民元を卸す。

といった具合だ。あ〜ぁ、疲れた。
でも神戸の友人にメールで問い合わせたら、まだ入金されていないとのことだった。
まだまだ不安は残る。