8月20日 (水)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      私 の 世 界 旅 行
   



1996.12. 西双版納
・・・・・・・
 20日の六甲山牧場の空


iTunesU 東大学術俯瞰講座「エネルギーと地球環境」 山地建治
 その2 「エネルギー資源と技術」
 その3 「地球温暖化対策の長期技術シナリオ」
 工学部の講義だけあって数式やわけの解らぬカタカ単位など沢山出てくるが
 そのあたりはまあ、適当に聞き飛ばしながら、今日は2講義3時間がんばった。


今日は分割にしてもらった家賃を払う日。
銀行に行って年金を卸し、この間行った「大西」で昼飯。
会員カードを出すと前回の割引分が入っているからということで
無料だった。前回一緒に飲んだ人の分で今日の昼飯無料だ。
なんか、わるいことをしたなあ。そのままプールに行って
そのあと、大家のやっている店「柚の雅」に行って家賃を払う。
もちろん、食事代はちゃんと払ったよ。
そのかわり、日本酒一本もらってぶら下げて帰った。

プールでほとんど毎日会うオッチャンがいる。
もう、3ヶ月以上になるが今日はじめてにっこり笑って挨拶をした。
話しは何もしていないけれど、なんかいい気持ちだった。









  8月19日 (火)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・      私 の 世 界 旅 行
   



1996.12. 西双版納の朝   
・・・・
 天津の花


8月19日、語呂合わせでハイクの日である。

 プールサイドではあるが、「NHK俳句8月号」を半分ぐらい読んだ。
 それとこの25日から gacco で俳句の講義が始まるのでその予習の意味もある。
 絵が美しくて(紙の本よりはきれいだと思う)いいのだが、
 俳句そのものは芭蕉、一茶、蕪村などより、かなり難しい感じだなぁ。

iTunesU 東大学術俯瞰講座「エネルギーと地球環境」

京大「神と仏の精神史」を聴くはずだったのだが、これは「現在ダウンロードできません」とかで
こっちもまた、次の青木学級が「エネルギー問題」なので、その予習にと思ったが
これまたシチ面倒くさい数式の講義があったりして(大学らしさを出しているのかなぁ)
ABC G KL の6講座の内のAを聴講。

DVD「最後から二番目の恋 E」


午前、インターネットテレビ(jitakuTV)の業者来宅。
昨日も来てくれたみたいだが、電話に出なかったため不在と思って帰ったらしい。
悪いことをした。

プールの方は水中ストレッチとサウナだけのつもりで行ったんだが
サウナの電源が入っていなかったため、温度が上がるまで
プールサイドで本を読みながら時間をつぶす。
ま、時間はいくらでもあるんだけれどもね、









  8月18日 (月)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  私 の 世 界 旅 行
   



1996.12. 雲南に行く途中 上海で。
・・・・
 ヤブガラシの花と蜂   14/08/17


iTunesU 東大学術俯瞰講座「歴史とは何か B」 羽田正
  歴史学が人類の幸せに役立つとはどういうことか。
  日本もかつてはいくつもの国に分かれていてお互いに国益をかけて戦う戦国時代があった。
  江戸時代になって徳川氏によって統一はされたが、
  薩摩の国、土佐の国などと国意識が残っており、戦争要因にもなった。
  しかし今は日本という一つの歴史で統一されており、東京と大阪が戦争するなんて考えられない。
  EUはちょうど江戸時代のようなものかな。まだ「国」は解消されていない。
  「地球主義」の歴史が書かれるようになったとき、
  そういう歴史編纂の観点が見えてきた時、歴史が人類に幸せをもたらすことが出来る。


東大学術俯瞰講座「歴史とは何か」終了
次も他の俯瞰講座をと思っていたが
京大の「神と仏の精神史」というのが
あったのでそれを受講することにした。

BookLive でNHKのテキスト
「裏千家 茶の湯と出会う」 「藪内流 織部も親しんだ茶の魅力」
「NHK俳句 8月号」を購入。

「一瞬の風になれ」 佐藤多佳子著全3巻を読了。
何度も言うけれどもホントいい本だ。
登場する「俺」や「連」、「陸上部顧問」や「かあちゃん」などの
人柄もいいし、その心情や言葉や行動の描き方もすばらしい。
1巻から3巻まで長いことかかったが、これは大切に大切に読んだからである。
数ページ読んで、しばらく味わう。
1巻を読んでしばらく置いてから2巻にかかる、という読み方だ。
まだインターハイの出場権を得たところだ。インターハイまでとインターハイでの春高陸上部
「俺」と「谷口」のその後など、第4巻が待ち遠うしいね。










  8月17日 (日)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  私 の 世 界 旅 行
   



1996.08. シルクロードを自転車で走る   



・・・・
 秋海棠 14/08/17   雨がよく降る。しばらく見ぬまに花が咲いていた



日曜日。青木学級である。学生は6人。目の不自由な人は一人もいない。
今日のテーマは
「AKB48を生み出す若者文化及び社会的背景について」である。
が、先生の話はほとんど「アイドル論」についてであって
「若者文化」「社会的背景」についてはあまり触れられなかった。
私の準備はAKBについてはほとんどなにも解らない。
「若者文化」と「社会的背景」についてのみ話をしたが、
ちょっと的外れだったかな。
家に帰ったら参加しいてた学生からメールをもらった。その一部を紹介する。
  今日の課題は若者文化でした。若者文化というのは、10代と20代の文化と言えます。
  実は中国で若者は半分以上文化という概念が薄いです。
  本を読まなくて、映画は娯楽なのしかを見ないし、物事に対して深く考えていません。
  私もそういう状況にいる場合があります。時々バカになってしまいます。
  難しいことを正面にしたくなくて、逃げたいです。
  私が実はよく逃げる自分が大嫌いです。
  しかし、難しいタスクを考えると「自分はダメだ」と判定します。
  チャレンジする勇気はしゅっとなくなってしまいます。

参観はいつもは私とあと二人の三人なのだが、今日は一人はお休み。
授業の後、今日は二人で「大西」という広島焼きの店で昼食。
ビールを飲みながらいろいろと話しをした。
私の家からも近いし、地下鉄の駅前、そして主人の態度も気持ちがいい。
ここで会員になってカードをもらった。
これからは特別割引があるらしい。
プールの行きか帰りに時々寄ってみよう。

種田山頭火の「四国遍路日記」というのを読んだ。
BookLive で無料でダウンロードして読める。
山頭火って何も知らないのにヘンなヤツと思っていたが面白そうなヤツではないか。
貧乏で、酒飲みで、感情的で、文句言いで、でもいい友だちもいるようで
幸いほとんどは青空文庫で無料で読めるみたいなので
これからは時々読んでみよう。
      晩飯は昨日の残りと有り合わせで。山頭火とおんなじ様な感じかな。








  8月16日 (土)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・私 の 世 界 旅 行
   



1995.12. ミャンマー A・・・・
 天津の街路につつましく咲く花



iTunesU 東大学術俯瞰講座
「歴史とは何か A」 羽田正
ドイツ史とはドイツに住んでいる人の
経歴史ではない。今ドイツを支配して
いる人の価値観でドイツ人の過去を
編纂したものである。なるほど。
チンチンがあるから男なのではない
「男だから」「女だから」という
価値観を教えられ身につけて
はじめて男となる、みたいなものか。

明日の「青木学級」の勉強ノートを
万年筆で書いてみた。何となく
作家になったような気がする。
作家気分になったのはいいのだが
トイレの水が流れなくなって大便不能
作家は直ちにカルフールに行って
ガポガポとやる道具を買ってきて修理
ついでにいろいろ野菜も買ってきて
夕食の準備もおこたりなく。

DVD「最後から二番目の恋 D」
これは見ている間は結構面白い。
次も見たいという気持にはならない。
DVD「青春 金属バット」
なんだかさっぱりわからん。

左はこのごろ街に氾濫している
ひょうごのポスターである。
  富強民主 文明調和 自由平等
  公正政治 愛国敬業 誠信友善
とある。目標だから当然 
今欠けているものが列挙されている。

トイレ修理などやっている内にプールには行けなくなってしまった。
そのお陰というか、たくさんTVをみた。
終戦記念番組「激論 日本の平和をどう守るか」 主として集団的自衛権の問題
「大人のドリル」 8月6日、8月15日が何の日か、
第二次大戦では日本はどの国と同盟を結んでいたか。 こういうの知らない人の方が多いんだね。
「踊るさんま御殿」出演のスターたちはほとんど知らない人ばかりなんだけど、笑いは面白い。








  8月15日 (金)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・私 の 世 界 旅 行
   



1995.12. ミャンマー・・・・
 敗戦記念日  この平和、国の、或いは一内閣のメンツのために壊してはならない。





iTunesU は昨日途中で中断した東大学術俯瞰講座
「歴史とは何か」の第一回(羽田正)の続きを受講。

昼は水遊館のパン屋さんでサンドイッチとレモンティーで
しばらく本(「一瞬の風になれ」)を読む。
高校陸上部の生徒たちを描いた小説で、陸上の技術的な説明も多いのだが
全く苦もなく読める。本当に不思議なくらい子どもたちの心の動きがすんなりと
心に入ってくる。1巻を読んですぐに2巻にかかるのがもったいなくて
しばらく置いておいてから2巻に、そして3巻も同じ(つなぎに入れた「在日」も良かったんだけれどもね。)
プールでは読むつもりはなかったんだけれど、
サウナの電源が入っていなかったため一定の温度になるまでの時間かせぎで
続きをよんでいた。プールは子どもばかり10人ほど。

終戦記念日だからというわけではないが
DVD「永遠の0」百田尚樹原作 う〜ん、やっぱり本の方がよかったかな。
DVDでも戦争はアカンということは伝わってくる。
70年前と今との青年とを比較するとどうしても今の姿が軽薄にみえてしまう。


今日の朝日新聞の記事に
■ 誇りと罪悪感、葛藤する元操縦士 集団的自衛権・秘密法…「今は一番危険」
2012年、小説「永遠の0(ゼロ)」の映画化で、模型ができるのを知った。小説に登場するのは宇佐にもいた部隊。
模型の現物も見ないうちから、何度も掛け合い、市は1050万円で買い取った。
「戦争が生むのは、勝者や敗者ではない。犠牲者だ。それを伝えるためにも人寄せの材料が必要なんです」。
30年近く、戦争の証言や米国公文書館の映像を集めてきた。本当に見てほしいのは、こっちだ。
だが関心のない人を引き寄せるには、地味だと思う。
 「どうしたら分かってもらえるか。本当に難しいと思っています」。元零戦パイロットの原田要(かなめ)さん(98)=長野市=が語る。

「外国とのお付き合いで集団的自衛権を使ったら大変。
特定秘密保護法で、思ったことが言えない昔のようになったら、不幸になる。
私はね、今は一番、危険だと思う」。
戦場の空気を理解できないのは若者だけではないと感じる。










  8月14日 (木)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私 の 世 界 旅 行
   



1995.08. 蘭州・武威・酒泉・敦煌・・・・
 やっと日本(淡路島)の花のお目見え





今日から iTunesU は
東大 俯瞰講座「歴史なんていらない」を受講する
90分の3回講座の初回だ。
とは言えパソコンの調子が非常に悪く
再起動を繰り返して、結局第一回の途中で終わり。

「私の世界旅行」の写真探しにも随分時間がかかる。


昼は冷凍庫に入っていた餅を解凍して雑煮風にして食う。
Eテレ「はじめての四国遍路 A へんろ転がし」
Eテレ「100分で名著 アンネの日記 A」

プールとサウナに行ってから、順延になっていた青木先生のガーデンパーティーに。
さすがにシェラトンホテルのパーティーだ。雰囲気がいい。
まるで映画の一場面に入り込んでいるような感じ。
ビールもよく冷えているし赤ワインもうまい。
ほんと、これは最高だったな。










  8月13日 (水)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・私 の 世 界 旅 行
   



1995.04. モンゴル・ロシア・・・・
 天津の我が家の近くで見つけた花、葉っぱはブドウのような感じだったが、実が全然違うな





夜中は寒いくらいで、開けていた窓を閉めて、毛布にくるまって朝を迎えた。
予報では雨とのことであったが、外は晴れとは言えないまでも明るい。
今夜のガーデンパーティーはどうなんだろう?

朝はスパゲッティーを茹でたが、なんとソースがない。
仕方なしにタイのトムヤンクンをかけて食ったら、これも結構いける。


午前中に iHomeTV 返却。
iTunesU 今回も「プラクティカル・エシックスの諸分野」
御子柴善之  といういかがわしい題
要するに「応用倫理学」ということだそうだ。
それならそうと言え、ちゅうんだよな。

昨日の講座ではゼミ生の発表として「望ましい社会」とは
「人間が大切にされる社会」などと言っていたが
それに対する疑問提示という点では確かに一歩前進

昼はちょっと早めに出て、水遊館の「真剣」で「寿司定食」
前は「うどん定食」だったと思うが不味くなっただけで
全く同じ、うどんの汁の色が薄くなっていた。
関西風になったのかな?

サウナから出て休憩していると電話があって
今日のガーデンパーティーは天候の都合で
明日に順延するとのこと。
プール・サウナに入っている間は雨が降っていたみたい、
行きも帰りもいい天気だったんだけどなぁ
仕方がないから夜は「福楽屋」という日本料理店に行く。
見た目の雰囲気はいいんだが、味も値段ももうひとつだった。









  8月12日 (火)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・私 の 世 界 旅 行
   



1994.12. アンナプルナ・トレッキング・・・・
 墓参りもあり、神戸の取材は盆明けだな。ということで今日も天津の花





iTunesU 早大 人間関係論基礎講座 第九回
「ディスアビリティと現代」 岡部耕典
  コケおどかしのような題をつけているけれど
  中味は大したことはない。
  「望ましい社会とは」というゼミ生のコメントは
  なるほど、その通りなんだけど、
  まるで中学生の答えみたいで
  それだけではなんとなく薄っぺらい感じがする

昼、早い目にプールに行った。人が少ないのはいいんだが、
サウナの電源は切れておりサウナ室はヒンヤリとしている。
110度に設定して45,6度になるには1時間近くかかる。
プルサイドで1時間近く本を読んで、プール30分、
やっとサウナという段取りになる。
もっともサウナを使うのは一日で渡し一人だけみたいなので
文句は言えない。
DVD「イノセントラブ」
DVD「泣かないと決めた日」
DVD「ハダカのいとこ」 の
3編は見ないことに決定した。




「在日」 姜尚中 著 プールサイトで読了。
プールサイトで読んでいてはいけないような内容の濃い自伝である。
在日、差別、運動、身近な朝鮮人、まわりの日本人、金大中拉致事件、光州事件
などなどが本当に素直に描かれている。

DVD「サニー」 韓国映画とは知らなかった。おもしろい!
3〜40年前と現在がオーバーラップしながら描かれているコメディーであるが
言論の自由、軍事政権独裁反対、などの学生運動などを通じて今の韓国があるんだなぁ、という感じ。








  8月11日 (月)   「過去のブログ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私 の 世 界 旅 行
   



1994.08. パミール高原・・・・
 明日から 南淡の民宿へ出かける。そのあとは墓参りもあり、神戸の取材は盆明けだな。ということで今日も天津の花





iTunesU での勉強は確かに現実の大学生を対象にした講義なんだけれども
今選んでいるのは基礎講座というか講座の紹介のようなものなので
どうしてもええかげんな聴き方になってしまう。
その点 gacco の講義は各講義毎にテストがあって
合否があるというのは確かに勉強の励みになる。
別段何の役にも立つわけではないけれども、
今日 gacco 国際安全保障論の修了証が届いた。

今日の iTunesU は早大 人間関係論 基礎講座「性格について考える」 小塩真司

Wolet を使って BookLive から「デジタル版 アンネの日記」を購入した。
Wolet で BookLive のポイントを買ってそれで支払いをすると回りくどいのだが
PCで買えば何もしなくても IPadでも読めるようになっている。
2日間だけ読めるという割引制度もあるようだが、まだよくわからない。

何やかややっている内に時間がなくなってプールには行き損ねてしまった。

夜は誕生日の祝いをしてくれるというので
この間行った「柚の雅」へ。食べ放題、飲み放題で満腹
家に帰って珍しく飲み直しもせずにバタンキューで寝てしまった。












以前のブログは「過去のブログ」からご覧ください。