ちひろの絵
    二十日大根の花


  
  5月20日 (火)                                    
  「過去のブログ」

プールに行くといつもロッカーキーを
もらうところで香の展示販売みたいな
ことをやっていた。といっても
ただ飾ってあるだけで販売員が
いるわけではない。

昨日からインターネットによる
大学講座が開始されている。
「インターネット」というのが
私が受講している科目で週1回4週間で
修了というものだ。
そんなに難しいものではない。

「35歳の高校生」G H I J と看了。
「臭さッ!」とか「寒むッ」って感じだな。
最終回なんか最後まで見るのにかなりの努力と忍耐力が必要。










ちひろの絵
    『ネギ坊主  14/05/18  いつの間にか ネギに花が咲き種をつけていた。虫にも人気、香か蜜か。』


  
  5月19日 (月)                                    
  「過去のブログ」

暖かくなった、とかいうものではない。暑い!!
数日前から頭がぼんやりして霞がかかったようになっている。
これが暑さのせいか、痴呆進行のせいかは不明であるが・・・
それでも花や木の葉には快適なんであろう、元気がいい。
写真は我が家の前の花壇であるがこうして見ると立派なものだ

老人大「太極拳48式」
今日は「穿拳下勢」と「独立掌掌(前の掌には手偏がある)
この間からしばらく太極拳のDVDを編集したりしていたので
今回はわりとすんなりと動けたような気がする。
もちろんこんなに姿勢を低くしたり、片足姿勢を保ったり
することができるわけではないのだが、
全面の鏡を見ないようにしておれば
結構自己満足に浸って運動できる。

上海行きの切符を買いに行ったら明日から発売といわれた。

夜は友人とこれもまた家の比較的近くにオープンした
炉端焼きの店「炉石六本目」というところに行った。










ちひろの絵
    『ジャケツイバラ  14/05/17  唐櫃台の道路わきに 黄色い花が・・・』


  
  5月18日 (日)                                    
  「過去のブログ」

「青木学級」とは視覚障害者のための日本語培訓学校であるが
日曜日は公開授業として目の見える学生も参加して
ゼミナールのような活動をしている。
日本語の勉強としてはかなり程度の高いものである。
今日のテーマは「ハリウッド映画は中国社会を変えるか」
中国青島近郊に巨大な映画村を建設し、外国映画を
どんどん呼び込もうとしているが・・・さて、というのが
テーマである。

帰りに鞍山西道で途中下車してプリンターインクを購入。
CoCo一番屋で激辛カレーを食って、プールへ。
水遊館ではなんか料理番組のイベントをやっていた。

プールの帰りに今度は乗り越して伊勢丹へ
晩の酒のあてに例の弁当を買う。
ま、その他いろいろ買ったんだけど、
右の写真がその「弁当」である。
巻き寿司までついてこれで22元は安い。

DVD「海の上の診療所 HIJ」
瀬戸内海の景色だけが取り柄のようなドラマだった。











ちひろの絵
    暑くなってきた。日本では梅雨に、天津では盛夏にはいる。


  
  5月17日 (土)                                    
  「過去のブログ」

月一回、第三土曜は
天津日本語教師会のひである。
今日のテーマは「作文指導」と
「新聞講読の授業」の二つである。
中国人教師に作文指導は可能か、
尖閣、集団的自衛権、ベトナムとの
海上衝突、反中デモなど「敏感」な
テーマは避けて「新聞購読」と
言えるのかなど悩ましい問題を
含んでいる今日のテーマであった。
会後は和やかに食事会。
家に帰ってから韓国焼酎を
飲みながら「世界一受けたい授業」
DVD「海の上の診療所 FG」
は午前中に見たものである。










ちひろの絵
    『道端のフェンスにヤブガラシが芽生える。首をかしげながら、蔓を伸ばしながら、まだ幼く可愛いらしい』


  
  5月16日 (金)                                    
  「過去のブログ」

地下鉄の駅一つは歩くのにちょうどいいくらいの距離である。
我が家(海光寺)の隣の駅(鞍山道)を出たところに
新しいお好み焼き屋が開店した。
行ってみるとちょっとがちゃがちやと飾りすぎという感じはるけれど
その雰囲気にあわせて結構にぎわっている。
豚玉30元、特別美味しいというほどではないがまあまあの味である。

すぐ側の地下鉄の駅から乗って4つ目の駅前が水遊館、プールだ。
右はプールから見る工事現場、初めは駐車場でも作っているのかと思ったが
随分大きなビルができるみたいだ。泳いでいるときはクレーンの林だけだが
夕方は友人と近くのピザ屋さんへ。
欧米系の人が何十人も入っていた。そういう感じの店なんだ。

DVD、連続ドラマをいろいろ見るのはやめて
「明日、ママがいない」をFGHと最終回まで一気にみる。
















ちひろの絵
    『鉢植えの刈り込んでいたチェリーセージが咲きだした』


  
  5月15日 (木)                                    
  「過去のブログ」

プール(Holiday Inn 水遊館)に行くと、寝椅子の配置が変わっていた。
いままではバラバラっと8つ置いてあっただけだったのが
2つづつがセットになって小さなテーブルと観葉植物が配されている。
ヨガ室も何かに(温泉だといいな)改装中だし、
ちょっとしたグレードアップが期待できるのかな。
  DVDを4本も見た。いったい何をしていることやら。
  「海の上の診療所E」「35歳の高校生E」「明日、ママがいないE」
  「夜のせんせいE」 要は何にもする気になっていないということなのだ。











ちひろの絵
    へぇ〜、京都にはまだこんな風呂屋も営業しているんだ


  
  5月14日 (水)                                    
  「過去のブログ」

「こいしり」 畠中恵著。
久しぶりの時代小説だけど、そして雰囲気も悪くはないのだが
でも、もひとつ呼びかけてくるものがない小説だったな。 
  午後、プールに行く。
DVD「明日、ママがいない D」 
DVD「35歳の高校生 D」
DVD「夜のせんせい D」
まあまあ、時間つぶしだなぁ。それ以外何ものでもない。












ちひろの絵
    太田神社の カキツバタ


  
  5月13日 (火)                                    
  「過去のブログ」

いろんなことがあるものだなぁ
今日はこの26階の部屋に子犬が迷い込んできた。
なんか我が家が気に入ったみたいで、追い出してもドアの前から離れない。
同じ階の人が何人も出入りしているのに、そっちは見向きもしないのだ。
我が輩は犬である。名前はまだない。という顔をして座り込んでいる。
かといって衣装ケースにじっと収まって大声をたてたりしない亀さんと違って
犬をこの部屋で飼うわけにはいかない。
結局はエレベーターに乗せて1階まで連れて行き、
玄関ホールで走り回っている間に
私だけ26階へ戻ってきて
お別れしたという始末である。

DVD「明日、ママがいない」 C
DVD「海の上の診療所」   D

今日はホント パソ君ご臨終かと思った。
わけの解らんメッセージが出て
OKしてもCansel しても、消去して
再起動しても変わらない。ついに
スタートプログラムが壊れているときた。
それをなんとか修復、再起動してもわけのわからんメッセージは出続ける。
もう打つ手はないのか、と思いながらも必死にシャットダウン・再起動を繰り返していたら
ある時、フィっと正常な起動画面が出てきた。
打つ手がないと思ってもあきらめちゃあならん、ということだな。

今日(14日)の朝日新聞デジタル版の記事である。

  認知症による徘徊(はいかい)が原因で行方がわからなくなっていた女性が、
  夫と7年ぶりの再会を果たした。
  手違いがあり、警察も身元をつかめなかった。
  行方不明になる認知症のお年寄りは後を絶たない。    (中略)

  妻の失踪から7年近く。この日は41回目の結婚記念日だった。
  「99%あきらめていた。年末に失踪宣告の手続きをするつもりだった」








ちひろの絵
    奈良 万葉植物園


  
  5月12日 (月)                                    
  「過去のブログ」


老人大「太極拳48」 先週は休み(労働節)だったので
2週間ぶり、今までの復習を中心にやったのだが
やっぱりほとんど忘れている。
いま人気の「認知症」ってのはこんな感じかな
というくらいの立派な忘れぶりだ。
毎日、この絵日記を書く毎に、
まだ「認知症気味」程度だろうと安心している。
ブログがひとつの診断基準となっておりまする。

午後はDVDを iPad に入れながらDVDを見るという生活。









DVD「宮本武蔵」は連続ドラマではない。上下併せて4時間ほどにもなる大作である。
これを一気に見、その間に、10本ほど連続ドラマを iPad にいれたかな。









久しぶりにノーテンキな時代小説を読みかけているんだけれど
iPad のおかげで読書の方が滞りがちだ。








ちひろの絵
    長谷寺のぼたん祭りも今日までだな  「母の日」


  
  5月11日 (日)                                    
  「過去のブログ」


朝から土砂降りではないがかなり本格的な雨、午後からは少々小雨にはなったが一日中降り続いていた。
そんな中ズボンのすそを濡らしながら「青木学級」へ。半袖だったので少し寒かった。
雨のせいか、9時半の始業時には私と日本人学校の教頭先生の二人だけ。
少し遅れて学生が2人、かなり遅れてまた2人、4人になったところで授業開始。
今日のテーマは「韓国船沈没事故」である。
事前にインターネットでいろいろ検索してみたが、結局は ? ばっかりが残った。

出席していた学生はほとんどこの事件のことについて知らない。
というより調べてきていない。質問されたら携帯で検索してそれをそのまま答える。
これはかなり恐ろしいことじゃあないかな、と思った。


帰り鞍山道から地下鉄に乗って水遊館へ。
そこの日本料理店「真剣」で寿司うどん定食。ずっと前ここで喰ったとき、こりゃぁ不味いわ、と思ったが
なかなか立派で味も悪くはなかったし、客も随分入っていた。水遊館3階は子どもの遊び場だ。
右端の陶器づくりはおもしろそう。ろくろもあり、作った物を電子レンジで焼成してくれる。

プールに行くと、ヨガ練習場が閉鎖されて改装工事が行われていた
左下に赤で「SPA 遊水療」とあるので、ひょっとしたら温泉とか?
だったらいいなぁ。

「ユタが愛した探偵」内田康夫著 読了。
今回の場所は沖縄である。
そして殺人事件ではなくて、自殺を殺人に見せかける事件。
沖縄では普通にある「ユタ」という超能力者も登場する。










以前のブログは「過去のブログ」からご覧ください。