トンパ文字
    花蘇芳 (はなずおう)  14/04/29 季節は移り気温も上昇木々の勢い ますます盛ん


  
  4月30日 (水)                                    
  「過去のブログ」


これはきっと天津の市花だろうと思う。
市内あちこちに咲いている。
そういえば天津は小公園、街路樹、道ばたの花壇などの多い街である。
ただ、それらがどれもピカッと光っていないんだなぁ。
空気のせいと道につばを吐き、物を捨てる習慣がそうさせている。
経済最優先のこの一時期をすぎれば、街も花生き返ってくるのかも知れない。
日本でもかつての尼崎や四日市は今の天津のようだった。
 午後、プールに行ってゆっくりとしてくる。

DVD「明日、ママがいない」全九話の@
連続ドラマがいくつも出番を待っている。
一つずつ片付けていてはきりがないので
平行して見ていくことにした。

iPhone のインターネット接続不良は
相変わらずである。
今度は動画取り込みソフトが壊れた。

「はちまん 下」内田康夫著 読了
浅見光彦探偵シリーズなんだけれども、あんまりおもしろくない。
サッカーくじだとか、特攻だとか、八幡信仰だとか、政治だとか、教育だとか
とにかく話がややこしいのだ。
上巻を読み終えたのが20日だったから
下巻だけで10日もかかっている。
上巻のときも歴史観のようなものを引用したが
今回もまた少々・・・・・読まなくてもいいよ。

日清、日露から太平洋戦争に至るまでの日本の戦争史は、
ほとんどすべてが「悲.劇」として、あるいは「悪」として語られることはあっても、
そこで戦い、散っていった人々の勇気や国家愛が語られることはない。
それが現在の近代史教育である。
「負ければ賊軍」という、きわめて幼稚で短絡的な負け犬思想が、
敗戦当時ならともかく、いまもなお生きつづけているのは奇妙な話だ。
比較するのもどうかと思うが、歴史上の敗者の中には、
むしろ勝者よりも多くの英雄や美談の持ち主が存在する。
源義経、山中鹿之助、真田幸村、西郷隆盛……と、挙げれば際限がない。
このように、敗者に対してもきわめて公平かつ寛大な評価を与えてきた日本人が、
なぜ近代史に関するかぎり、自国と同胞を一方的に貶めてしまったのだろう。
たとえ国の意思決定が間違っていようと、たとえそれが侵略的行為であったとしても、
その戦いに従事した人々すべてを、単なる悪事の加担者であったがごとく片づけてしまっていいはずはない。
たとえ邪.悪な戦であり、無残な敗戦に終わったにしても、
その戦には勇者もいただろうし、美談もあったに違いないのだ。
その何もかもを抹殺して、「あれはなかったこと」にした。
それどころか、それ以前の日本戦争史までも、無味乾燥な国際史の断片として扱い、
当時の小国日本が、強大国に対していかに勇敢に立ち向かったか、
などという壮大な叙事詩は語られることはないのである。
近代史教育をそのょうにした背景には、もし公平を期してそういうことを語れば、
「従軍慰安婦」問題や「強制連行」といった悪事にも触れざるをえないための、
恣意的な頬っかぶりがあったとしか思えない。
恥を隠すために誇りまでも捨ててしまったのか。

というぐあい。









トンパ文字
    モッコウバラ  14/04/29  小さな苗は いつしか・・・・・


  
  4月29日 (火)                                    
  「過去のブログ」

パソコンを見るブラウザによって
Windows インターネットエキスプローラーと
Google Chrome とでは
画面がまるっきり変わってしまうんだな。
昨日は一応 Chrome にあわせたが、今までの画面がめちゃくちゃになってしまう。
今後もこのブログは InternetExprorer 版で行くことにします。

午前中、酒の宅配、労働節連休で宅配が停まってしまうかも知れないので
午後、プール、ひょっとしたら今日が有効期限最後の日かも知れないので
聞いてみたら明日までOKですよ、とのことだった。明日また来よう。
今日は初めて他の客2人と3人でサウナを使った。
携帯がメールを受信出来なくなった。インターネット接続がダメみたい。
いろいろやっている内に、パソコンもインターネットに繋がらなくなった。
インターネットテレビも映らない。テレビではルーターの電源を切って、と
注意が出ている。受信機全体を再起動してみるとパソコンも回復した。
でも携帯の方は以前メール受信ができない。
また明日の仕事ができた、ということだな。

同じ題名のDVDを2つみた。
「劇場版アニメ 空の境界」とも一つは普通のドラマ「空の境界」
同じ内容かと思ったらストーリーは全く違うものであった。
アニメ版はストーリーは面白いのだが絵が乱暴でいけない。
ドラマの方は心理的な「推理もの」としておもしろい。











トンパ文字
    神戸元町通りの花絵  神戸もいろんなことをやるもんだ


  
  4月28日 (月)                                    
  「過去のブログ」


月曜日は「太極拳」の日
今日は 15 「拍脚伏虎」 16 「左撤身捶」
というのを勉強やった。
だんだんと難しくなってくる。
何度やっても動きが覚えられない。
家に帰ってからDVDで復習するがそれでも覚束ない。
  DVD「1ポンドの福音」
  何の意味もないところが魅力だったが
  やっと最終回という感じだな。
DVD「マダム・マーマレードの異常な謎」
3本の短編に隠された監督の真実を探せという設定だが
出題の短編はそれぞれに短編として面白かったのだが
「謎」なんて全く手がかりもつかめなかったな。
ま、それだけよくできているということでもある。

パソコンのブラウザを google に変えたことでは
別に支障はでていない、と思っていたが、
iPhone への同期などで支障が出てきている。
メールが iPhone で受信できなくなっているみたい
それにしてもいろいろあるなぁ。
ボケ防止と暇つぶしにはなっているが
お付き合い大変だわよ。












トンパ文字
    庭(神戸の友人宅です)の隅のシャガが咲き出した裏山の杉林の外れに群落があるのを思い出し自転車で出かけた。


  
  4月27日 (日)                                    
  「過去のブログ」


久しぶりの「青木学級(視覚障害者日本語培訓学校)」だ。
今日のテーマは「DNA検査と出生前検査」
難しいテーマであるが出席17人、賛否両論あり。
昨日パーティーにも来ていた音楽家の楊雪元さんも奥さんとともに参加
楊さんの京都新聞の記事、今日配られた機関誌「大地」の記事にも感動
内容はまた、後日に紹介しよう。
「青木学級」は 日本語培訓学校とあるが、その教材たるや
大学社会学科のゼミ同様である。私も毎回学ばせてもらっている。
   ところで今日は一日タイミングの悪い日であった。
  @ 朝のバス、出た直後を見送って約20分待つ。
  A 伊勢丹のエレベーター、合計3回停まらずに通過されてしまう
  B 伊勢丹BUNT 数分遅れで午後の休みになり入店出来ず
  C 前のトンカツ屋、入ろうとしたら6〜7名に前をこされ、十数分待ちに
  D 地下の讃岐うどん、私の前で麺が切れ新たに茹でるため5〜6分待ち
  E プールのサウナ、いつも電源を入れても作動せず、元栓が切られている。
  という具合である。
DVD「1ポンドの幸福」 ひさしぶりに。
DVD「ごちそうさん 後編」 これもお久しぶりだ。
おせち料理 @ まめに暮らせよ(黒豆)
A 地にねを張って(たたき牛蒡)
B めでたい(鯛の尾頭付き)
C 子宝に恵まれて(数の子)
D 喜ぶ(昆布巻き)
E 腰が曲がるまで長生き(海老)






左は主人公 め以子さんの子どもである。
この週で子供が生まれ。父と仲直りができた。

天津大の学生に教えてもらってパソコンのブラウザを
インターネットエキスプローラーと共に
グーグルの Chrome というのを入れてみた。
こういう事が出来るとは全く知らなかったな。
ブラウザってIEに決まっているものと思っていた。











トンパ文字
    イペ  ブラジルの国花だそうな。


  
  4月26日 (土)                                    
  「過去のブログ」


久しぶりの雨だ。
傘をささなくてもいいかな、という程度の小雨だが
うれしくて傘をさしてでる。
バス停の近くで交通事故があったようだ。
雨の中をかっさんが膝をかかえて転がっている。
賠償目当ての演技の感じ。見物人も集まりつつあったが
誰も心配しているという風ではない。

10時水上公園での待ち合わせ。
雨の水上公園、なかなかいいものである。
ただ半袖のカッター一枚で出たもので
寒くてたまらない。
青木学級のお母さんが予備のジャンパーを貸してくれた。
女物だけれどそんなことは言っておれない。
それを着込んでなんとか快適に公園内を散策。
ちょっとだけだけれど目の見えない人の腕をとって
歩行のガイドをした。
なるほど腕をとるんじゃあなくて
腕をとってもらうんだ。
一度立ち止まって立ち止まってゆっくりと階段を上れば
何も言わなくても階段の上り下りも平気だ。
やってみるといろんなことが解る。勉強になった。

12時からはレセプション。
日本人の参加は私と青木先生だけだったので
そこでの話は全く解らなかったのだが、
十分に雰囲気と料理と白酒を楽しんだ。
帰り、若い女の子6人(弱視2人、全盲1人、晴眼3人)と
カラオケに行く。昴と他一曲(名前忘れた)を歌ったが
白酒の酔いもあり5時間ほどのほとんどを居眠りしていた。












トンパ文字
    ライラック  漢字では 紫丁香花 和名は むらさきはしどい  いずれも意味はよく判らない


  
  4月25日 (金)                                    
  「過去のブログ」


ちょっと用事があって「泰達国際会館」に行った。
随分と立派にビルでロビーには香水の匂いがただよっている。
残念ながらこの時には相手の人と会えなかったんだけど
場所が南開大学の西門、周恩来像の真前なので
南開大、天津大を散歩して帰ってきた。

いったん家に帰ってから、国際大厦日本人会へ
5月に行われるバス旅行の申し込み。
ついでに本を11冊借りてくる。
まだ読んでいない宮部みゆき、宮本輝の本があった。Lucky!

国際大厦地下のスーパーで探していたレトルトのカレー
お好み焼き粉、ポン酢など購入、これもまたLuchy な感じだった。

DVD屋にも寄った。「ごちそうさん」の後編が出ていた。Lucky!

随分の荷物になったが、それを担いで水遊館へ。
CoCo一番屋で激辛カツカレー、Lucky!

そしてプールサイドで iPad で夏目漱石「こころ」を聴読。Lucky!
プールでゆっくりと体をほぐし、サウナへ。
このごろサウナは自分で温度設定ができるようになって
100度に設定して1時間ほど経つと85度ぐらいになっている。
これで完全に幹線が開いて、汗と老廃物が排出される。Lucky!

今日は最初の泰達会館だけが空振りだったけど、そのあとずっとLucky 続きの一日であった。










トンパ文字
  たんぽぽ 蒲公英と書く。意味はなんなんだろうか?  こどもの頃 よくフッと息を吹きかけて飛ばしたものだ


  
  4月24日 (木)                                    
  「過去のブログ」


久しぶりに古巣 天津商業大学に行った。
私が着任した頃はこのあたりは一面大きな養魚池で、古びたボートに乗って遊んだものだった。
退職してから嘱託で池の上に建った大きなビルで授業をしていたが、
そのころとはまたひと味違ってきて、今は構内バスなどが走っている。
また、ちょっとハイカラな食堂兼喫茶店のようなパーラー(?)もオープンしている。


商業大に行った理由は日本語学科2年生会話の授業、
「模擬面接」の試験官を勤めるためである。
学生は午前19人、午後12人。全員がエントリーシートを提出しており、
それにもとづいて、4〜5人のグループ面接だ。
2年生なので日本語表現ではまだたどたどしいところはあるが
日頃と違って姿勢や言葉遣いにも注意してやや緊張気味である。
何よりも素直に面接を学ぼうという態度が明らかで気持ちがいい。
今日は本当にいい時間を過ごさせてもらったな。

帰りにプールとサウナに寄るつもりだったが、教室に眼鏡を忘れてきたことに気づき
サウナからUターン、無事眼鏡の回収に成功。
失敗しておれば8日、18日、24日と一月に3回も眼鏡を作る羽目になるところだった。
で、プール、サウナはあきらめて帰宅。

DVD「あの日見た花の名前を
僕達はまだ知らない」という長い名前
死んだ幼友達が主人公という
ファンタジーなアニメ
「幽霊」が出るんだけれども
ストーリーはそういう霊界の話はなく
普通の物語として展開していく。
絵もきれいし、なかなかよかった。

SOURCENEXT の「驚速」というのを再インストールしようとしたが、sourcenext.com に入れない。











トンパ文字
  紫木蓮


  
  4月23日 (水)                                    
  「過去のブログ」


午前中に酒の宅配、午後はビザ更新のための招聘状の件で
会社の人が来宅予定、・・・結局は金曜日に変更。
神戸で一つ残っていた土曜日の宿泊先を何時間もかかって探す。
結局クアハウス(それもカプセルしか残っていない)に決めて
インターネット予約。
それから、明日の模擬面接のエントリーシート31人分を精読
グループ毎にまとめてプリント化。Nortonユーティリテイのインストール
と、なんやかやで一日が暮れる。かき揚げうどん、まずまず。











トンパ文字
  葉ボタンってこんなに背が高くなるんだっけ


  
  4月22日 (火)                                    
  「過去のブログ」


午前中の宅配で酒とティッシュペーパーなどを注文
ところが1時になっても来ない。
電話をすると3時頃になるというので、
今日はもういい、明日に変更してもらって。
鞍山西道に出かけた。
プリンターのインクが無くなっているのと
コード無しのマウス購入のためである。
一応以前使っていたのを持って行って
試してみるとなんとちゃんと動くではないか。
家のパソコンでも動くと思いますよ、と言われて
買わずに帰った。ちゃんと動いた。大もうけだ。
パソコンの方もほぼ完治。退院できる状態になった。
これから暑くなることだし、パソコンの下に置く
クーラー(扇風機)を退院祝い買ってあげた。

その後タクシーでプールへ。
ちょっと腹が減ったので、隣の喫茶店で
アイスコーヒーとサンドイッチで小一時間読書

天津から上海に、大阪から上海に到着した日の
ホテルをインターネット予約をした。

DEVD「1ポンドの福音」 F
治療前よりもスイスイと写っているような気がする。











トンパ文字
  シロハナアケビ  庭木に絡んだ蔓に 可憐な花が


  
  4月21日 (月)                                    
  「過去のブログ」


老人大「太極拳48式」 今日は14式「白蛇吐信」というのをやった。

またまたパソコンの介護日記だが、ほぼ回復したと思ったら
今度は iPhone の写真の取り込みができなくなった。
iTunes を入れ直したり、デバイスの設定を変更したり
午後半日それの回復にかかっていた。
で、結局デバイスの iPhone を削除して、自動再生欄のiPhone を
「写真の取り込み」から「何もしない」にしたら回復した!!!

老人大に行くと
絵画系学生の
作品展をやっていた。
太極拳の開始には
まだ大分時間があったので
それを見に行く。
なかなか堂々たる
作品群だったよ。











以前のブログは「過去のブログ」からご覧ください。