トンパ文字
  「残る桜も散る桜」って歌があったね。


  
  4月20日 (日)                                    
  「過去のブログ」


せっかくアップグレードに成功した IE9 が不調、というか消えている。
当面はメール機能の制限だけなんだが、非常に使いにくいので
四苦八苦して、今度はまた IE8 を入れ直す。
iTubes もおかしくて、iPhone からの写真の取り込みができない。
こっちもまたいったん削除して、再インストール、でもまだ iPhone の写真の取り込みはできていない。

プールから伊勢丹に寄って例の細巻き寿司のおまけつきの弁当を買って帰る。
日曜日の午後だのにプールは大変空いていた。

「はちまん 上」内田康夫著
浅見光彦探偵は出てくるし、殺人事件も起こっているのだが、
教育問題、宗教問題、場所の由来やら風景の描写などが多くて
浅見探偵の陰が薄く、今回はあまりおもしろくない。例えばこんな具合である。
「ああ、祖母か母が歌ったのを、聞いた記憶があります」
「その中に、『囲炉裏のはたに縄なう父は、過ぎしいくさの手柄を語る』という一節があります。
いくさとは日露戦争のことだが、それに『居並ぶ子どもはねむさ忘れて、耳を傾けこぶしを握る』とっづく。
これがわしらの子供時代のごく口常的な風景でした」
「はあ……」と、美由紀は老人が何を言いたいのか、掴めない。
その表情を読み取って、飯島は苦笑いいをした。
        「つまり、わしらの頃は、国の歴史を誇りに思っていたということです。
        親を尊敬し、おとなをえらいと思えた時代でした。ところが現代はどうです。子供たちが学校で習う教科書には、
        戦時中の残虐行為だとか慰安婦問題だとか、醜悪な歴史ばかりが載っている。
        これでは国を誇りに思ったり、愛国心が芽生えるわけがない,おとなや親に対する尊敬の念なども抱きょうがない。
        まったく、いまの子供たちはかわいそうですなあ」

というような会話が随所に出てくるのである。
もひとつついでに、この歌の歌詞も。
     燈火ちかく衣縫ふ母は
     春の遊びの楽しさ語る
     居並ぶ子どもは指を折りつつ
     日数かぞへて喜び勇む
     囲炉裏火はとろとろ
     外は吹雪

    囲炉裏の端に繩なふ父は
    過ぎしいいくさの手柄を語る
    居並ぶ子供は ねむさを忘れて
    耳を傾け こぶしを握る
    囲炉裏火はとろとろ
    外は吹雪

懐かしいな、と思う人はほとんどいないだろうな。












トンパ文字
  葉の混じってきた桜も悪くない。


  
  4月19日 (土)                                    
  「過去のブログ」


今日もまた少し寒い日であったけど、ベットの下から夏服を引っ張り出して
大量のアイロンがけをした。カッターシャツやポロシャツなど20枚くらいか。

パソコンの方は一応インターネットエクスプローラ9へのアップグレードが成功し
ほっとしたのもつかの間、今度は norton がセキュリティーに危険があるとの警告
緊急修復を選択すると延々何時間も。
教師会に行って帰ってきてもまだ続けていた。
さすがにあきらめて強制シャットダウン。
再起動すると norton を再インストールせよと言う
なんとかすべてのセキュリティーチェックに合格
さて、と思うと今度は iPhone の写真を読み込まない。
今度は iTunes の再インストールだ。
でもなんやかややっているうちに
なんとか理由は解らないまま回復するんだなぁ
こういう友達を持っていると
こっちがボケているヒマがない
いいことなんかどうか解らんけれどもね。

午後は外国語大学で天津日本語教師会。
今日のテーマは「寿儀容の失敗談から学ぶ」
ま、みんな失敗はたくさんしているんで、
いろいろな話が出て活発な話し合いとはなった。

その後の食事会は欠席させてもらって
「在那遙遠的地方 民族音楽合唱コンサート」へ
楽しかったんだが、知っている歌は一つもなかったな。

朝日新聞によると今夏目漱石「こころ」が
ブームなんだそうだ。私も殺人事件ばっかりでなくて
「こころ」でも読み直そうかな。

とにかく、今日のブログのUPにこぎ着けたというのは、内容は関係なく技術的にすごいことだ。











トンパ文字
  つつじ  ここまでくると「うぇ〜!」て感じだな。


  
  4月18日 (金)                                    
  「過去のブログ」


もう夏になりかかっているのかと思っていたら、今日はえらい寒い日だった。
明日の教師会の資料をつくり、コピーをしにいき、
銀行で年金の一部を卸した。6月の年金が入る前に神戸行きがあるので
全額を人民下に換えるわけにはいかない。
昼過ぎ眼鏡屋のJINSに電話すると保証書と一緒に持ってきてくださいと言う。
行くと割合親切に再検眼、ちょうどそのレンズがあったので、
待っている間に作ってくれた。確かにこっちのほうがいい。
いままで二重に見えたり、かすんだりしていたのがすっきりと見える。
しかも、無料だ。やってみるもんだなぁ

昼は伊勢丹BUNTで「おばん菜定食」 きっとBUNTで一番安い定食だと思う。
おかず10品と豚汁、これを喰うといつも非常に豊かな気持ちになれる。
今日も向のトンカツ屋の前を通ったとき、トンカツにしようかと思ったが
いつもそこでぐらついて失敗することが多いので今日は初志貫徹だ。

そこからプールに直行。
本を読んだり、うたたねをしたりして1時間ほどボーっとしてから
プールで水中ストレッチを30分、そしてほぼ私専用のサウナへ
帰る途中、電車の中で知人から電話、飯を食おうというので
かえってすぐに出かける。
飲み食い放題で鍋というのもおかしいが何分寒かったので
海鮮鍋も注文。よく飲みよく食って、帰ってまた焼酎を飲んだ。

パソコンは東芝の返信が来てその通りやると解決! さすが東芝だ!!











トンパ文字
  日本一の桜の名所 吉野の千本桜(ちょっと寂しいが・・・)


  
  4月17日 (木)                                    
  「過去のブログ」


今日も一日ずっと家にいた。術後の養生というやつだ。
ブラウザの回復に手を尽くしたがやはりうまくいかない。東芝にメールで問い合わせをして
その結果待ちということに決めたのは午後2時ごろのことである。
昨日と今日のダウンロードとインストールの合間を縫って「悼む人」天童荒太著 読了
よく解らない設定の小説だけど芥川賞と違って直木賞受賞作は読みやすい。
人を見る(悼む)のに
この人は誰に愛され、誰を愛していたでしょうか。何をして人から感謝されただろう。
という三点だけというか、必ずこの三点を含めて考えるというのはよいことかもしれないね。

DVDも普通に見られるので
宮崎駿の「風立ちぬ」を見る。
内容も面白かったのだが
その時代背景が非常に懐かしい。
ぐるぐるとハンドルを回してかける壁掛けの電話
戸袋から引っ張り出して閉める板の雨戸
畳の上の寝床、計算尺、カタカナの電報
みんな私の実体験のものたちである。











トンパ文字
  とうとう神戸の桜も散り始めてきたね。


  
  4月16日 (水)                                    
  「過去のブログ」


パソコンのリカバリに着手、全く一日中パソコンの前に座りっぱなし
もっとも「○○をインストールしています、残り時間1時間○分」など
の時も多いので、ずっと画面を睨んでいるというわけではないが。
一日がかりで何とか復元したように思う。
ただメールが、一応は使えるのだが、調子がおかしい。
Outlook.com の機能を最大限に利用するためにWeb ブラウザーをアップグレードすることを
お勧めします。今すぐアップグレードせずに、引き続きモバイル版を使うこともできます。
  注: モバイル版は利用できる機能に制限があり、パフォーマンスも劣ります。
というのがでてくる。
これはEP(インターネットエキスプローラー)が 5 にもどってしまったためだ。
EPを 8 とか 9 にアップグレードするためにはVISTAの ServicePack 1 を 2 に変えなければ
ブラウザーのアップグレードはできない。前に一度やったことがあるんだがその方法が記録されていない。
これだけでも何時間もかかっていまなお解決していない。
それと辞書が消えてしまっているのでもう一度つくりなおさなければならないのと
変換漢字が出てくる順序が違ってしまっているので、漢字をさがすのも大変。
まあまあ大手術の後だからゆっくりゆっくりと回復を待っていこう。

入れ歯がガタガタしていたのを固定する「糊」のようなものを買った。
といっても近くの薬局や口腔医院では見つからず
広州市からEMSでお取り寄せ。使ってみると確かに入れ歯の
ガタガタはなくなって、ものを食べるのにも都合がいい。
  一日中がパソコン対応だったので夕食はケンタッキーの宅配で。













トンパ文字
  八重の山吹です


  
  4月15日 (火)                                    
  「過去のブログ」


今日も先週の
「日本商務礼儀」
の授業参観に行った。
先週よりはほんの少し
よくなっているのだが
学生の予習のないこと
先生の準備不足は
変わっていない。

授業は8:20〜10:00 だったので、そのままタクシー、地鉄9号線、1号線、2号線と乗り継いで
イオンモールに行った。「五穀」で式部御膳というちょっと豪華そうに見える定食を食べ
10元ショップでイヤホーンなどを購入。
そしてまた9号線、1号線と乗り継いでスポーツクラブに行く。


DVD「1ポンドの福音」 F
 全くのドタバタ、中身は何もない。
 ま、そういうところが取り柄でおもしろい。

DVD「花のズボラ飯」 FGH
 こちらも内容は何もないのだが
 料理番組のマンガ版というか
 ズボラ料理のレシピ、作り方教室としての
 面白さ、有用さはある。


これだけの利用利の作り方が実演されている。
レシピを載せていないのは残念だけれども、まあ、料理の写真を見て楽しんでください。

明日はいよいよパソコンのリカバリをしなければいれないかなぁ。
うまくいかなければ今生の別れということになるやもしれぬ。
このブログがとぎれたらそういうことだと思ってください。











トンパ文字
  山の中腹に山桜が咲く。道がないので見に来る人はいない。訪問者を拒みながら華麗な饗宴は続いている。人里の桜と違った山の営み


  
  4月14日 (月)                                    
  「過去のブログ」


老人大「太極拳48式」F
今日は「転身推掌」と「右琵琶勢」を習う。
今まではみんなと一緒にやるときはなんとかついていけたのだけれども
今日なんかは先生の模範を見ながらやっても右と左を間違ってしまったりする
左は「右琵琶勢」である。練習中の写真は撮らないことにしたのでDVDから。

DVD「太陽は沈まない」HIJ
最終話まで一気に見てしまう。
第十話で終わったのかと思ったし
その方が余韻があって良かったように思う。
HIのあたりでやっと事件の「真相」が見えてくる。
Hでああ、そういうことだったんかと思わせて
Iでもう一ひねり
Jの最終話は余分。

新しい眼鏡が合わない。作ってしまった眼鏡は機械だから私の目にあわせることは出来ない。
生きている私の目の方が眼鏡にあわせるより仕方がないのか?











トンパ文字
  そばの よしむらで嵐山御膳をいただく・・・・・・ 勿論わたしじゃあないよ。  


  
  4月13日 (日)                                    
  「過去のブログ」


ちょっと遅い目にプールに行った。
プールのある HolidayInn の隣の喫茶店というか
パン屋さんで小さなサンドとアメリカンコーヒーで
30分ばかり本を読んでからプールに。
やはり日曜日の午後はいつもの人に加えて
家族連れ、若いカップル、水泳教室でにぎやかである。
やはりプルサイドの寝椅子も全部ふさがっている。
珍しくサウナにも他の人が一人入っていた。

「諸葛孔明 (中国英雄伝)」 狩野直禎著 読了
  記録とか覚え書きといった風で、物語性には乏しく、それほど面白いというものではない。

「怪談の道」 内田康夫著 1999年発行 読了
  例によって浅見光彦探偵の推理と鳥取県倉吉あたりの紀行風の読み物
  この前は航空機失踪事件で浅見探偵の「予知能力」に感心した(3月27日)のだったが
  今回は原発事故だ。まあ、これは「予知」と言うほどではないけれど、
  今の社会問題を先取りしていると言えるかも知れない。
 「現在のところ核.エネルギーがそのもっとも有力なもので、
  日本の消費エネルギーの二十パーセントを核エネルギーによってまかなっています。
  これによって、原油価格の高騰を抑えている効果は、
  計り知れfぬものがあるといってよろしいでしょう」
  吉永は核エネルキ゜ーの必要性を熱っぼく説いた。
  「必要性はよく分かるのですが、ただ、一方に安全性の問題がありますね」
  浅見は反対側の意見を代表してぶつけてみた。
  「おっしゃるとおり、残念ながら、安全性において、
  百パーセント安全と言えるだけの自信も実績も、まだわれ.われにはありません。
  チェルノブイリなどは論外としても、若干の放射能漏れ事故などが、
  わが国でも起きていることはご承知のとおりです。」

牡蛎、帆立、さざえを買ってきて、茄子も加えて
焼いて喰った。
もちろん、酒の肴で、美味かったのだが
時々、パチンパチンとはぜるし、
焼けた貝殻も茄子の皮も熱くて
火傷しそうになるし、
途中ポン酢はひっくり返るし・・・・で
酒に酔っているヒマはなかったという感じだった。

JINSから電話、眼鏡が出来たというので
早速取りに行った。帰って使ってみると、なんか却って見にくくなっている。
別のと交換して貰うというわけにも行かないし・・・どうしたものだろう?












トンパ文字
  神戸市しあわせの村 酒無しのお花見  ここは温泉、宿泊、スポーツ・レジャー、各種教室等の施設が整っている


  
  4月12日 (土)                                    
  「過去のブログ」


パソコンくん、調子が悪い。
特に寝付き(シャットダウン)と寝起き(起動)が深刻だ。
シャットダウ出来ずに強制終了しなければならないことが再三だし
起動に10分以上かかったりする。
さらに物忘れがひどくなって、ついに4月1日から10日の記憶が消失した。
もっとも、これは私の医療ミス(操作ミス)が原因である可能性が高いが・・・
それでも、健気に起きている間は比較的ちゃんと働くので
手術(リカバリ)の決断はなかなかつかないのだなぁ

DVD「太陽は沈まない」FG
写真は剣道の場面ばっかりだが
内容は医療ミスの問題だ。
パソコンくんが死んでから
いくら医療ミスを暴いても
なんにもならんしなぁ。
劇の方も最初は過労死の判断
我が家も同じだ

飲料水を注文していたが
午前中の筈が2時すぎになって
やっと到着、その間トイレ(大)
にも行けないしその後の予定も
大幅に狂って、プールを断念

結局、パソコンくんの前に
酒と肴を持ち込んで
一杯やりながらDVDを見る
左の料理じゃあないよ
いろいろあるみたいだけど
冷凍庫の掃除をしただけだ。
「1ポンドの福音」DE
「花のズボラ飯」CDE

アメリカ・ワシントンでも桜の花見が賑わっているそうな。












トンパ文字
  千刈の水源池

天津の

  
  4月11日 (金)                                    
  「過去のブログ」


朝7時に家を出て先週金曜日に行った大学に再訪
今回は1年生会話の授業である。
私の側に来て色々聞いたり、前の2年生と比べ
かなり活発だ。授業も会話らしく進んでいる。
 今日は担当の先生が引き続き授業があるので
 授業研究会は中止してまたまたバスに45分
 地下鉄に乗り継いで伊勢丹へ
Bunt で「おばんさん定食」を喰うはずが
なんとなく前のSevendaya ? で海鮮焼きめし
これは油がべとべとしていて旨くなかったなぁ
だいたい何かを喰いたいと思っていって
気が変わって他のものにした時には
たいがい失敗する。初志貫徹すべきである。
 続いて吉利屋でDVD 7タイトル
 「ごちそうさん」の後編はまだ出てなかったが
 宮崎駿の「風立ちぬ」があったので買った。
次いで国際大厦で鍋やすき焼きをするとき用の
カセットガスを買い、そこからまたバスに乗って
剣道の道場の方にいった。
地下鉄を乗り継いでいくと1時間近くかかったが
バスだと1本で30分ほどで着く。
 DVD「1ポンドの福音」C
 これは5日ぶりだな。
 ドタバタだけだけれどもな。
DVD「太陽は沈まない」DE
こっちは3日ぶりだ。
本当の死因は何だったのか
ただそれだけで引っ張っている
パソコンの調子が極めて悪い。
なんとなく、パソコンを使っているというより
パソコンの介護をしているという感じだ。
やっぱり一度手術(リカバリ)をしなければ仕方がないのかも知れない。












以前のブログは「過去のブログ」からご覧ください。