「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月30日  (日)  0624  0507  0508  0509  0503

 
今日は一日家にいてねよく働いた。
  @ 靴を置く竹製の棚がぐらついていたので修理(これはかなりの大作業だった。)
  A 冷蔵庫の霜取り(これも大作業だ)  
  B 天ぷら油濾しと天ぷら鍋磨き
  C 扇風機を出してきたら、少し壊れていたので修理
  D 風呂場にタオルをかけるハンガーのようなものを取り付けた
  E インターネット用のルーターのセット替え
  F 枝豆を買ってきて茹でた
  G 回転寿司とおでんを買ってきて食った(これは仕事とは言わんな)
  H 「ブラックジャックによろしく C」看了
 






 「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月29日  (土)  0624  0507  0508  0509  0503

 
今日の中国茶は「安居白茶」
産は浙江省湖州市安居県。 効能は
 滋味、甘醇、鮮爽、馥郁、
 持久、回味、甘甜、口歯、
 留香、葉底、玉白成雑、
 芽葉肥壮
ということだが、???

唐代の茶人、劉貞亮は茶には「十徳」があるとといた。
  @滋味を味わうこと、A体を養うこと、B食べものの生臭さをとること、
  C病気を予防すること、D活力を養うこと、E怒りを沈めること、F礼節を学ぶこと、
  G敬意を払うこと、H心をおだやかにすること、I治療の助けになること。

唐代の茶人、廬仝は
  一杯で喉を潤し、二杯で孤独を慰め、三杯で五千冊を読み、四杯で汗をかき、
  嫌なことも毛穴から出してしまう、五杯で体が清められ、六杯で仙人に通ず、
  七杯目は飲んではいけない、もう体が半分浮いている。

ということだが、???

朝は老人大にいく途中、バスを降りて
ケンタッキーで早餐を食った。
粥、油条、揚げ春巻き(4個)で11元、
コーヒーはべつで6元。

夕方、銭湯に行って
思いっきりゆっくりと寝た。
帰りの露店で制作中の子ども







 「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月28日  (金)  0624  0507  0508  0509  0503

 
老人大「中国茶芸」は
3回目にしてお茶をのませ
お茶を飲ませてくれた。
短期班の良いところだ。
今日は緑茶3種だが
時間の関係で2種のみ
一つは○○毛峰といったが
よく判らん。

夜は知人の誕生日ということで、私を含めて4人
「鳥内会」という焼鳥屋に行った。
昨日予約しておいたのに、それを忘れられて
しばらく立って待つはめに。
とにかくよくはやっている。いつも満席だ。
味は特別に美味しいというほどでもないが
ますまず、合格点がつくだろう。
雰囲気は日本の焼鳥屋と全く同じである。
あと、我が家に戻って軽く二次会。







 「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月27日  (木)  0624  0507  0508  0509  0503

 
今日もまたまことに蒸し暑い一日であった。気温は35度を超えていたろう。
今までの天津の夏もまことに暑かったが、
蒸し暑いということはあまりなかったように思う。
それが天津らしく、さっぱりとして良いどころだった。
今年などは pm2.5 画思い切り漂った曇り空
昨日の昼なんかは pm2.5 が 300μを超えたという。
こんな日は外に出てはいけない。
昼過ぎに散髪に行った他、ずっと部屋にこもっていた。
窓も開けない方がいいのだ。
滅多に使わない冷房をつけたり消したりしながら、香港旅行記のワープロ打ち。
相変わらず、遅々としてすすまないのだが、何とか明日にはUP出来るようにしたい。







 「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月26日  (水)  0624  0507  0508  0509  0503

 

朝早く起きて老人大「中国茶芸」へ。
写真のように茶道具は並んだが、並んだだけ。お茶を淹れることはなかった。

隣の教室でやっている太極拳(56?)はずいぶん程度が高いようだ。
朝8時にはもうやっているし、10時半に帰るときもまだやっている。
ないようも私ではついて行けないだろうと思うくらいのことをやっている。

午後、昨日貰った iPad の貼膜とケースを買いに鞍山西道へ。
貼膜をするとずいぶん綺麗になった。
ケースは apple の iPad と少しサイズが違うのでぴったりと合うものはなかった。
ついでに iPhone の方も貼膜してもらう。

そのままバスで濱江道まで行き、例の讃岐うどんを食って帰る。 今日はきっちり1万歩だった。







 立葵という。これは神戸の花だが天津の我が家のあたりにも多い    「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月25日  (火)  0624  0507  0508  0509  0503

 
このごろは夜中に毎日雨が降っているようだ。まあ、結構なことである。

今日は来宅予定が多くて一日中余儀なく在宅。
@ 津菱宅配、酒、ビールの配達。
A 飲料水の配達。
B 家主来宅。2014年7月までの家賃支払う。
C インターネットテレビ(JITAKUTV) の受信契約。
1年分の金を払って iPad iPhone で日本のテレビが見れるようになった。
画面は小さいが鮮明で音声(イヤホーン) も明瞭である。
iPad はテレビを見るだけでなく、電子辞書やノート、カメラ等
一般の iPad 機能も使える。
これが無料でもらえるとは儲けものだ。

これらの来客の合間に香港旅行記のワープロ打ちも。
こちらはすぐにいやになってなかなか進まない。







 香港のパンフから    「香港旅行記」をUPしました。  6.28.


6月24日  (月)  0624  0507  0508  0509  0503

 インターネット不通の間に「日本語」のコーナー「ゲド戦記 A」更新しました。


朝起きてすぐに老人大夏期短期コース
「茶芸と養生」第一回に出向く。
学生の顔ぶれが違うだけで、教室も先生も
講義の内容も一言一句前と同じ。
次はきっとこう言うな、と予想しながら聞くのは
確かに中国語の勉強にはなるぞ。
それと、いわゆる「内職」だな、先生の話を聞きながら
他のことをやるのは何か充実感がある。

老人大の帰りに銀行に行って家賃1年分を卸してきた。
今年の年末まで中国滞在はOK、来年の7月まで澄むところも確保した。
が、問題は来年7月まで食費が続くかどうか、だな。

たった5日間留守にしただけで片づけなければならない(と言うほどの大事ではないが)仕事が山積。
あれやこれややっている内にインターネットがつながらなくなってしまった。
日本のテレビも映らない、iPad iPod もつながらない。
日本のテレビを新しい会社に切り替えるために配線をいろいろさわったためかなと思って
汗まみれになって奮闘したが、解決せず。

そうこうしている内にインターネット接続業者が来宅。
以前、今の2Mを10Mにスピードアップを依頼していたのだった。
その業者いわく、この工事のため明日の夕方までインターネットは使えません、
工事のためにインターネットを止める必要があるんだったらそれは仕方がないが、
そんなん、前もって言えなぁ。大急ぎで処理しておかなければならない案件だってあるじゃあないか。

中国ではバスの運転手から料理屋のコックまで、すべて客よりは自分の都合が優先なんだから・・・・
でも、ま、これでインターネット不通の原因が解って、明日には10Mwでスイスイ?かな
それに明日、日本のテレビを新規契約して、iPad iPhone でもテレビが見られるようになる。
つまり、書斎にもベッドにもテレビを持ち込めるということだ(? 本当かな?)






6月23日  (日) 香港旅行 第五日目

6:00 起床、洗面、トイレ、食堂車での朝食、とすべて快適である。
9:00 鄭州、13:00 石家庄 14:00 保定 と通過して 15:20ごろ天津西着
ここで空港と同じ入国手続きがあった。
今日から180日間 中国滞在がOKとなったわけである。
さて、北京西駅から北京南駅だが西駅を30分以上歩き回った末
直通のバス(72路)があることがわかり、19:30ごろ無事自宅着。
 「香港旅行記」をUPしました 6.28.






6月22日  (土) 香港旅行 第四日目

午後3時過ぎに「紅碪カ」駅発である。
ホテルのチェックアウトが12時ということなので朝は九龍公園を散策
7エレブンで朝食を買って帰って食べる。ここの寿司は不味い!
午前中 喫茶店に出かけたりしながら「香港旅行記」を書き始める。
「紅碪カ」駅で残っていたHK$ 全部を消化して、列車に乗り込む。
今回は女の子連れの母子と3人と思ったら、また一人になってしまった。
 「香港旅行記」をUPしました 6.28.



6月21日  (金) 香港旅行 第三日目

「香港一日観光スペシャル」 これも6年前に乗ったコースである。
違うのは50人乗りの大型観光バスに乗客は私一人だけということである。
昨日の水上レストランも大きなテーブルに私一人だけとわびしさであったが
観光バスの一人も辛い。よそ見も居眠りも出来ない
さすがに昼食の飲茶にはガイドが同席してくれたが。
夜は「オープントップバス・ナイトドライブ」に乗る
 「香港旅行記」をUPしました 6.28.



6月20日  (木) 香港旅行 第二日目

4人部屋の寝台車の室内は73歳のおばあちゃんと二人きり。
香港行きのはずだのに、切符は「九龍」となっており
実際に着いたのは「紅碪カ」という駅だ。もう、ややこしい。
すぐに旅行社に直行のはずが紅碪カ駅のなかを1時間ぐらいうろうろした。
旅行社で急遽今夜の観光ツアーを申し込む。「アバディーンと
100万ドルの夜景、水上レストランジャンボキングダムでの夕食」だ。
 「香港旅行記」をUPしました 6.28.



6月19日  (水) 香港旅行 第一日目

9:30 自宅発(バス)→天津駅 10:35(C2024)→北京南 (地鉄4号線)
→(地鉄1号線)→(地鉄9号線)→北京西駅 13:08(T97)→香港
と行くはずであったが、地鉄1号線に乗ると9号線は不通との掲示だ。
なんやかんやして北京西駅着。また、入り口が解らない。
そうなんか、北京西でもう「出国」してしまうわけだ。
後は寝台車に閉じこめられたまま、一路南へ。
 「香港旅行記」をUPしました 6.28.






先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。