シャガールです。これくらいワシでも描けるとは言わぬ

5月20日  (月)  0506  0507  0508  0509  0503

               今週も上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みしています。

100%快晴というわけではないがいい天気である。
適当に風もあって日陰を選んで歩くと気持ちがいい。
でも日差しはかなりのものでアスファルトが
におい立っている。もうすぐベタついてくる。
図書大厦まで行って、有声雑誌2冊を買う。
昼過ぎ、飯を食わずに出たので
「孤独のグルメ」の雰囲気で店を探して歩く。
いろんな店をのぞいたが結局は
伊勢丹7階の「板得」の「おばんさん定食」に。
やっぱりこれが一番楽しくてうまい。
一汁十菜だ。デザートに杏仁豆腐がついて46元。
老人大、個人レッスンの他にいくつかの大学の
授業参観(授業参加)を入れたので
明日から約2週間、ほぼ毎日「お出かけ」となる。
それぞれの準備などでちょっとわくわくするね。
DVD「孤独のグルメ K コロッケとぶり大根」









 このチューリップもパリだ。

5月19日  (日)  0506  0507  0508  0509  0503

               今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みしています。

日本人会のおかげで「紙の本」もたくさん横に積んでる上に
 iPad へのダウンロードもずいぶんの数になる。
「青空文庫」だけでも150冊ほども入っているし
 iBooks Appbooks 聴読本棚(有料)、
アプリで購入した図書、CD付き書籍の音声などなど
 iPad には300冊ぐらいは入っているんじゃあないかな
それにしてもえらい世の中になったものだ。
「積ん読」から「入れ読」に変わってきている。

DVD「東野圭吾ミステリーズ J 二十年目の約束」 主演 篠原涼子
DVD「東野圭吾ミステリーズ K 再生魔術の女」  主演 鈴木杏香   このシリーズ完了
DVD「孤独のグルメ J タイカレーと鶏の汁なし麺」   このシリーズあと1回









 天津の人民公園にもこれと同じ格好で日向ぼっこしている真っ白な孔雀がいたが、これはパリっ子の孔雀

5月18日  (土)  0506  0507  0508  0509  0503

               今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みしています。


今日は月一回の「天津日本語教師会」
急遽お願いした「和陽語言文化中心」に
会場を移して無事開催。
テーマ「学生への評価」について
4つのグループに分かれてディカッションの後
全体討議、かなり突っ込んだ話し合いが行われた。
その後、これまた新しい会場で
食事会。19名が一つのテーブルを囲んで歓談。

教師会は午後2時からだったので、その前に友人とお隣の人民公園に行って散策
ダンス、太極拳、音楽会、お絵かき大会、水遊び、遊園地遊具、ボクシングの練習まであったよ。
お年寄りも子どもたちも、花もみんな楽しそうだった。
こういうのはちょっと日本では見られなくなった風景だなぁ。








 パリの美術館にて 

5月17日  (金)  0506  0507  0508  0509  0503

               今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みしています。

一日中 家にいた。万歩計を見るとなんと350歩。
明日の日本語教師会の準備とか結構いろいろと雑用があって
本は「無理 下」奥田英朗著 読了。
「寝不足必至!!」というほどではないし中身とか、
役に立つこととか少しもないけれど
やっぱり次から次へと読み続けてしまった。

DVDも例によって3セット
「書店員ミチルの身の上話 I 告白」
「東野圭吾ミステリーズ I 結婚報告」 主演 広末涼子
「孤独のグルメ I 燻製と甘い卵焼き」








   ワインで寿司を食うというのもちょっとオツなもの かな?

5月16日  (木)  0506  0507  0508  0509  0503

                  今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みしています。

日本語個人レッスンの第2回目
午後は「篆刻」の授業なので
木曜日は朝の9時からだ。
歩いて20分ほど、
ちょっと早く着いたので
小区内を10分ほど散歩
生徒は書道の先生なんだけど
左のような青磁の皿や壺など
の作品もある。
白い磁器に墨絵を描いたり
なかなかすごいものである。

一旦家に帰り
大急ぎで飯を食ってから
老人大学に出かける。
授業の休み時間に
みんなあらそって篆刻印を押していたので
私も和紙をもらって押印
作者はたぶん先生なのであろう。

本館の7階で書道展をやっていたので
帰りにのぞく。
なかなか立派な作品ばかりだがやはり
読めるものにめが止まるのは仕方がない


授業をしたり、受けたり、その往復もかなりの時間
だのにこのような時に、本を読んだりビデオをみたり
がはかどるのはなんでだろう?
昨日なんか一日家にいてもこれということは
DVD「東野圭吾ミステリーズ H 
     小さな故意の物語」 主演 三浦春馬
DVD「書店員ミチルの身の上話 H 放浪」
DVD「孤独のグルメ H 事務所飯」








   和敬清寂 和敬静寂 沈思黙考

5月15日  (水)  0506  0507  0508  0509  0503

                  今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みしています。

夕方 銭湯に行った以外はずっと家にいた。
といってもそんなに閑にしていたわけではない
今度の土曜日の日本語教師会で使わせてもらっている教室使用が
突然断られてしまった。もう案内も出している。
大あわてで、他の会場を手配、会員に変更連絡、とあわただしかった。
久しぶりに篆刻で石に向かった
「無色声香味触法」般若心経である。
眼鏡をかけても字や篆刻刀の先がかすんで見えない。






   う〜ん、俺も何か考えなきゃあな 5月14日のロダン美術館にて(注 私がじゃあない)

5月14日  (火)  0506  0507  0508  0509  0503

                  今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みにする。

いい天気だ。
露天の遊園地も輝いている。
pm2.5 なんてどこ吹く風というもんだ。
道ばたに風呂場で使うような小さな椅子を置いて
年寄り夫婦がぼんやりと座っている。
経済大国となった日本が失った風景だな。
経済成長著しい天津だから
こういう風景もいつまで見られることやら・・・

今日から週2回、マンツーマンレッスンを開始。
生徒は大学の美術(書道)の先生である。
今年の10月から筑波大学の博士課程に
留学を予定しているが、
日本語会話はほとんどできない。
博士課程だから大教室で日本語の講義を聞く
ということは余りないのかも知れないが
教授との一対一の会話はできなければなるまい。
3ヶ月余りの短期決戦である。大変不便だけれども
この授業では会話は日本語だけにすると決めた。
聞き取れなければ私が仮名で書く、言い方を変える。
それでも解らなければ電子辞書OK
彼女の方も言い方が解らなければ中国語を書くのはOK
それを私が日本語に置き換え、彼女が繰り返す
口でしゃべるのは日本語だけということを取り決めた。
ホント面倒だけれども手応えは感じている。
何年ぶりかで「給料」をもらった。うれしくなって、焼鳥屋に行って全額飲んでしまった。
いい酒だった。 焼鳥屋で鳥インフルエンザになるということもなかろうて。







   ヨーロッパ(パリ郊外)の畑だ。

5月13日  (月)  0506  0507  0508  0509  0503

                  今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みにする。

朝 4時からパソコンの再手術に取り組む。
「機械の話ではない。人間の話をしているのだ。」 昨日の「神様のカルテ」より。
おお元の大手術はわりと簡単なのだ。
あとの細かい神経をつないでいくような作業が大変。
ディスクではなくて、ダウンロード→インストールとつないでいかねばならぬ。
夜になって、まあ何とか社会復帰できる体調に戻した。
個人辞書の再生とか、購入したデジタル雑誌のの復活などまだまだ作業が残っている。
その間に「無理 上」奥田英朗著 一気読みとは正反対の読み方で読了。

大家から電話があった。
今、借りている家は7月18日までなんだが、今と同じ条件でもう一年延長可となった。
引っ越さんなんか、かなりの家賃値上げを覚悟していただけにこれは朗報だ。








   「母の日」

5月12日  (日)  0506  0507  0508  0509  0503

 今週は上の「日本語」「中国語」等のコーナーはお休みにする。

朝、ブログをUPしてから、パソコンのリカバリにとりかかる。
ハードディスクかえらのリカバリだと復元ポイントに入っているプログラムが
すでに変更・汚染されたものであるかも知れないと思って
購入後すぐに作成したリカバリディスクからの復活を試みた。
Windows がちゃんと入らないし、一太郎もだめだ。
一日かかって、結局はダメ。明日 もう一度チャレンジだ。
 インストール終了まで残り時間58分とか、しょっちゅう出るので
 集中はできないんだけれど、本を読むのには好都合ではあった。
「神様のカルテ 2」夏川草介著 とぎれとぎれに読了
左はその帯にあった感想文である。

昨日書いた日本語の個人指導の件、
明日から週2回のペースで始めることになった。
1対1で2時間というのも
ちょっとしんどい点があるかも知れないが
現在天津大の先生で、
10月には日本の大学院に行くという目的がはっきりしている人なのでうまくいけるかもしれない。
いや、うまくいくように私の方ががんばろう。







   5月10日 パリのマロニエだ。トップの写真提供者は現在パリに滞在中

5月11日  (土)  0506  0507  0508  0509  0503

 
老人大「太極拳」第8回目
なんか盆踊りの練習しているみたいに見えるなぁ
武術をやっているとか技を究めるとかよりも
体を動かすことが楽しみでやっているのだから
確かに盆踊りと変わるところはないと言えるかも知れない。
それにしても暑かったなぁ
窓の開けっぱなしから窓閉めての冷房に切り替えたものね。
そう言えば太極拳ってのはもっぱら夜の公園が舞台という感じがするね。
帰りに暑いさ中を歩いて
代奥城まで。
途中「天津市老年活動中心」
という施設を見つけた。
ここはどんなことをしている
施設なんだろうか。
時代奥城では
また新しいコーヒーショップが
今日開店するというので見に行ったのである。確かに開店そのものだった。
ウェイトレスがうろうろしているだけで、みんな真剣なんだけど
注文したものがなっかなか出てこない。30分もたってやっとサンドイッチ到来。その後、
水をくれが3回、コーヒーはまだかが5回催促してサンド食い終わってからやっと到来
おかげで「名もなき毒」宮部みゆき著、この喫茶店で読了。 読了というか、
以前に呼んだことがあるような気がしながらとうとう最後まで付き合った。

ある人からメールをいただいて、ひょっとしたらまた日本語の個人指導を始める、
かもしれない。もう仕事はしないと決めたはずなんだけど
まあ、神様が決めたことだったら仕方がない。まだ、もう少しは人様のお役に立てるんであれば・・・・

今日(12日)これからパソコンの手術(リカバリ)にとりかかる。
うまくいくといいんだがね。
まあ、インフォームドコンセプトは万全なんだけどね。
じやあまた麻酔が覚めたころに・・・・・







先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。