春節  旧正月 中国の一年で最大の祝日である。


2月10日  (日)  0207  0205 0210  0207  0208

  
旧正月、とは言いながら
寝たのが4時半、起きたのが10時である。
中国の正月には初日の出とか初詣とかの
習慣はないので、それでもいいのかな。
DVD「岳」看了。
景色はいいんだけれど、
ストーリーはつまらんな。
「旋風につげよ」陳舜臣著。やっと上下読了。

→→ 中国語で聴く「春節の紹介」4回シリーズ開始。




 除夕 中国の大晦日である。


2月 9日  (土)  0207  0205 0206  0207  0208

  
大晦日である。
仕事は15日までの大型連休に入り、地方に故郷を持つ人はもう天津にはいない。
買い出しなどの仕事もほぼ終えて、今日は家の中でギョーザを作ったり、団欒をしたり
町も正月を迎える掃除を終えて、路上駐車の車もなく、歩道も驚くほどきれいになっている。
私は運動をかねて昼食は外に食べに出た。
というより、日本の一ヶ月のテレビ番組を載せている「天津テレビジョン」という
フリーペーパーをおいている喫茶店に行ったついでにカレーを食ったということである。
あまり旨いカレーではなかったが、約6000歩ほど歩いたし、
自宅以外の喫茶店でもiPad が使えるということの確認もできたし、
まあ、大晦日の昼としてはこれでよしとしよう。

そうそう、iPad の方だけど、相変わらず Mobile Backup の停止とかで、パソコンとの同期はできないけれど
iPad 自体から APP Store につないでアプリケーションをダウンロードすることで解決できた。
青空文庫や新聞各紙、本や雑誌も読めるし、単に iPhone が大きくなっただけではない良さが出てきた。
どういうわけか音楽は同期できるし、DVDはコピー・ペーストで iPad でみることができる。

夕方から来客有り。
白酒を飲みながら、
中国版紅白歌合戦のような
テレビを見る。
賑やかで派手な画面だが、
話も歌詞も
さっぱり分からないし
途中で眠たくなってしまった。

来客が帰った後、早々にベッドに潜り込んだんだが、11時半ごろ
すごい花火・爆竹の音でたたき起こされた感じ。26階だから確かに花火鑑賞にはいいのだが、
その後も眠れなくて、焼酎のお湯割りを飲みながら、ほぼ徹夜。







 


2月 8日  (金)  0207  0205 0206  0207  0208


中国のテレビを見ていて思ったんだけど
中国では琵琶も二胡も縦に構えて演奏する。
日本の琵琶法師はギターのような構えだ。三味線も同じだ。
何か違う理由があるんかな。


中国では明日が大晦日だ。
町は正月の準備たけなわ。
我が家も明日は来客がある予定
市場に買い物に出かけた
左の3枚は路上の店である。
完全に道いっぱい
多分自分の屋内店舗よりは
何倍かの面積を路上店舗だ。

下は屋内市場の様子だ。魚屋、肉屋、野菜屋、種屋まである。その他調味料屋とか豆製品屋とか・・・・


パソコン内蔵のDVDがいうことを聞かなくなったので、取り替えようと思って
パソコンを背負って鞍山西道の電気街まで歩いていった。(往復12000歩)
ところがもう春節の休みに入ってしまっている。次の開店は16日だという。
日本ではなんぼ正月でも3日か4日には開店しているだろうに、やはり中国は大きいわ。
ま、DVDが動かなくても特に困るということでもないので、また、ゆっくりと歩いて帰った。







 


2月 7日  (木)  0207  0205 0206  0207  0201


電話がかけられない。受信はするんだが、発信しようとすると「機関停止」というようなアナウンスがあってつながらない。
相手が電源を切っているんだろうと思って放っておいたが、水を注文してもかかない。
近くにいる人の電話にかけても同じだ。これはおかしい、と思って電話局(中国聯通という会社だ)に問い合わせた。
電話代がなくなっている、今1200元不足という。そんなはずはない。
神戸に行くとき電話代400元と保証金500元を入れている。
神戸で電話なんかほとんど使わなかったし、今まで1年間で100元か200元だった。
以前、神戸に行った時、何度も中国に電話したがそれでも2000円程だった。
明細を見せろというと金を払ったら見せるという。これもおかしいじゃんか。
私は使っていないと言うんだから、使った証明をしてから請求するのが普通だろう。
でも、中国ルールだから仕方がない。1200元払ったら、
明細は自分で調べろとインターネットのアドレスをくれた。
ふざけてる! と思ったけど仕方がない。ここでケンカして尖閣問題に悪影響を与えてもいかんしな、と
家に帰って調べたら、なんと神戸滞在中はメールすべてが課金されているのだ。
開封していなくても、迷惑メールでも全部だ。当然100通以上ある。
これは高い授業料だったな。

もひとつ、パソコンのDVDが言うことを聞かなくなった。
ほんの時々、気が向いた時だけ再生できる。これも修理に出さなきゃぁ仕方がないだろうな。

よくこれだけ次から次へと新手の難題が登場してくるものだ。
次は血の池地獄かい? 針の山かい?

今日はホント寒い日だった。
午前7時前の窓の外はー9℃
9時半になってもー8℃だ。
午後、スーパーにいった。
スーパーの魚屋の水槽では
なんと、カエルが泳いでいた。
ごく一般の人たちが食材として
買って帰るんだろうな。





  大阪の鳩たちにも春が。


2月 6日  (水)  0204  0205 0206  0131  0201


除夕(大晦日)まであと3日
数百メートルおきに花火屋が店を出している。
要は数百メートルおきに火薬の山が並んでいるわけだ。
先日はこの花火を運ぶトラックが引火して大爆発
高速道路の橋が吹っ飛び何十人もの人が死んだ。
商業大にいるときは近くの花火工場が爆発
教学楼10階の窓ガラスも割れた。
そんな危険が街に数百メートルおきにある中での春節だ。
ちょっと銀行に出かけたついでの写真だが、
それ以外は今日もずっと家に籠もっていた、肉うどんなどつくって喰っていた。
パソコンの方はスピードはあまり上がらないままだが一応すんなりと動いている。
iPad mini もよちよちしながらではあるが、次第にそれらしくなってきている。
次に表れたのは、パソコンと iPad の同期という問題だ。
何か、いきなり全部が表れずに、きっちりと順番を守って出てきている。
同期しようとすると「Mobile Backup は動作を停止しました」とる。
無視して続けると今度は「MDCrash Report Tool は動作を停止しました」。
Yahoo などで検索するとみなさんこの問題でお悩みのようだ。
じゃあ、同期はやめて iPad で直接アプリケーションのダウンロードを、と思ったら
「このストアのアカウントではありません」ときやがった。
これもまた、多くの人が「どういうこっちゃぁ」と文句を投稿していたな。

話は変わるけど、またまた尖閣諸島がキナ臭くなってきたな。
なにも沖縄が中国領だといっているわけじゃあない、
なにも青島が日本領だといっているわけじゃあない。
言っちゃあ悪いが、たかだか20数億円の岩礁じゃあないか。
お互いに面子があるから、もう引っ込められないだろうから
話し合おうとか理解し合おうとかじゃあなくて
「おまえの主張は認められない」ということで平行線でいいんじゃあないの
無理を通せば血を見るよ。税金も上がるよ。つまらん土俵に乗るな。




  今日も暮れゆく異国の丘に重い雪空 陽がうすい


2月 5日  (火)  0204  0205 0205  0131  0201


今日も朝から小雪が舞っている。「細雪」ってな雰囲気では全然ない。
ても、この間とは違って悪臭混じりのスモッグではない。
スモッグも1〜2日遅れで日本に到着したようだから、
明日、明後日は日本も雪になるのかね。

まあ、こんな時に出歩くこともあるまいと一日家に籠もっていた。
夕方から、焼酎のお湯割りなど飲んで「夕方寝」
6時頃に起きてDVDを見、10時前にもう一度酒を飲んで寝る。

DVDは「夜のとばりの物語」 アニメというか動く絵本だな。
ストーリーも単純明快、絵も美しくて、大変いい。
「狼男」「黄金の都と選ばれし者」「嘘をつかなかった若者」「ティジャンと瓜ふたつ姫」
「タムタム少年」「鹿になった娘と建築家の息子」の6編。
日本の映画館で今も上映しているような作品が、天津でDVD鑑賞できるというものすごいな。
きれいな画面をいくつかお楽しみください。







 立春。  春立つや・・・・


2月 4日  (月)  0204  0129 0205  0131  0201



立春とはいえ、街はまだ昨日までの冬が残っている。
でも、お天気はよく、風も穏やかで、そんなに寒さは感じない。
雪を眺めながら14000歩ほども歩いた。
街は春節の飾りがいっぱいで、
まだ散発的ではあるが
時々爆竹が鳴り響く。
ラーメン19元を喰い
DVD10枚を買って帰った。
やはりかなり疲れた。

iPad とパソコンの方は一応順調に動いているが、それでも○○をインストールしてください、とか
アップグレードせよとかの請求が出て面倒はまだまだ続いている。

本やDVDからもしばらく遠ざかっている
3日ほどかかって文庫本一冊(「旋風に告げよ 上」陳舜臣)を読んだ。
本のせいなのか、読み方のせいなのか、ちょっと退屈気味。
DVDの方も iPad でみれるようになったので、また再開しようかな。




    節分だ。 冬の最後の日は悩みの多い日でした。


2月 3日  (日)  0129  0129 0201  0131  0201


もう、もう、もう 大変な一日だった。
とにかく、パソコンだけでなく、インターネットテレビ、 iPhone iPod iPad どれも通じない。
メールも見れないし、設定のやり直しをどのようにすればいいのか、
インターネットを通じて聞くこともできない。
パソコンとインターネットに頼り切っている私への神様のご注意なんだろうな。
さすがのインターネットも神様とはつながっていないものな。
そのこともよ〜くわかりました。
結局、天津広播電視網絡有限公司というところに電話をして修理に来てもらった。
ついでに、 iPad のインターネット接続もやってもらって、万事解決。
それていて、無料というから感激したなぁ

明日からは 春だ!!






    


2月 2日  (土)  0129  0129 0201  0131  0201


今日もまた、昨日「文革酒場」に行った人の自宅に
招かれて広西の手料理をごちそうになった。
ホント愉快な人たちで、ついつい私も
「デカンショ節」とか「北国の春」とか歌ってしまった。
ベリーダンスを踊っているのは
そのご両親の娘さんで、衣装はお母さんの手作りだ。
いつもはその娘さん、まじめ一筋
といった顔をしているんだけどさすが、親子だな。
   写真は文中の娘さんとは関係ありません。

朝からインターネットが通じない。
インターネットテレビ、 iPhone iPod iPad どれも通じない。
どうやら iPad のインターネット接続のためいろいろ設定をさわっている内に
モデムかルーターのパスワードを変更してしまったらしい。

またまた、明日の仕事ができたな。






    気持ちのよい晴天で2月をスタート   札幌雪祭り


2月 1日  (金)  0129  0129 0201  0131  0201


2月1日、晴れ。昨日と今日同じ午前9時半
我が家の窓からの写真である。
とは言ってもただかなりの風が吹いて
スモッグを吹き飛ばしてくれただけで
公害が減少したというわけではない。
とは言え、今日の写真のような日は
10年前の天津では年に2〜3回しかなかったことを
考えれば天津の環境は格段によくなっていると言える。
まどから見ているとほかほかとした小春日和に見えるが、
外に出ると冷たい風で、さすが二月、きさらぎ(着更着)だなと思わせる。
それでも、昨日、一昨日のようにおそるおそる息をするのではなく、
冷たい空気を胸一杯に吸い込めるのは気持ちがいい。

外出可能になったので思い切って
iPad mini を買いに出かけた。
天津には apple 直営店は無いのだが
明らかにそれをまねた店が何軒かある。
その他大きなビルの中に apple 専売店というのが
何軒もある。今日はそれらを8軒回ったところで購入を。
今まで立ち寄った店は延べ30軒にはなろう。
さっそく家に帰って設定にとりかかった。
ところが、どうしてもインターネットにつながらない。結局また買った店に行って、対処方法を聞いた。
日本語と中国語とのやりとりなのではっきりはしないのだが、親切に教えてくれた。

次の食事会の予定が入っていたので、結局、設定は明日以後に。

今日は友人のご両親が天津に来たというので、
「老火抗(火偏)」という店で食事会。
文化大革命時代を再現した店に行った。
家や部屋の飾り付け、服務員の服装も
当時を再現している。
もちろん、文革の暗い悲惨な面は抜きである。
何というかグッと封印していた栓を抜いたような
日本の「寮歌祭」に似たような開放感と熱気がある。

われわれ外から歴史の一面として「文革」を見ている者にはマイナスの面のみが前面に出るが
そこを生き抜いてきた人たちには(もちろん思い出したくもないことがおおいのだろうが)
その中でも、ものを想い、人と触れあった忘れがたい思い出もあったはずだ。
友人のご両親はどうだったのだろうか。
歌ったり、踊ったりずいぶん盛り上がっておられたなぁ。
そういう熱気が感じられて、天津で十数年、いちばん面白い店であったな。
あのご両親がいなければ、それほど楽しく盛り上がられたかどうか。








先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。