7月31日  (火)    0730    0731    0725    0726    0727

相変わらずオリンピックだ。
卓球など見ていると中国とオランダがやっている。どっちも選手は李さんだ。
あと10年もすると
1位 中国 李 2位 オランダ 李 3位 カナダ 李 4位 アメリカ 李 てなことになるかもね。

福原愛 準々決勝で敗退。次は日本も李さんで行くか?!

 寒い。つい数日前 35度とか言っていたのが今日の真昼で18.6度
 しかも雨と風。体感では確実に20度以上下がっている。
 それでも惰性で冷たいモノを飲む。
 今日はポートワインを氷と炭酸で割って飲みながら
 ビデオを見ていると、突然気分が悪くなって戻してしまった。
 歯や腰など体のパーツの不調は多いが、酒飲んで戻したなんて
 この10年ほどなかったことだよ。
 さすがの日本製もとうとうガタがきだしたかな。




7月30日  (月)    0730    0724    0725    0726    0727

オリンピックをみている。
飛び込みや競泳に黒人選手がほとんど出てこないのは何か理由があるんだろうか?
身体能力のせいではないような気がするんだが・・・・ 体操にもいないな。

一転して涼しくなった。
天津の街は街路樹も多いし
公園にも市民の憩いがある。
草花も春、秋よりも夏に
色とりどりのが多いようだ。
これということもなく
ぶらぶらと街に出た。
歩いていて気持ちがいい。
ふらりとDVD屋に立ち寄って、またもついつい12タイトル買ってしまった。
今回は洋モノも何枚か入っている。

ヤマダ電器に行き
初めての店で昼飯を喰った。
ラーメン祭りというのを
やっていて今日は
ラーメンすべて19元という。
ラーメンと言っても
30元ぐらいから
50元超もある。
ついでだから一番高いのを注文したら、それはないという。
適当なところで豚骨ラーメンとギョーザを注文したらギョーザはないと言われて
なんとなく興ざめしてしまった。
しゃあない、ラーメンはキャンセルしてカツカレーにした。
このカレー、まあまあおいしかったけど、結構高く付いてしまった。

ヤマダ電器には各階売り場のベンチや
レストラン街にはこういう(写真A)休憩所もあって
こんなところで本など読みに来てもいいかな、と思った。

家に帰って、ちょっと寒さを感じるくらいの風に吹かれながら
コーヒーを飲みつつ「重役養成計画」城山三郎著 読了
日が暮れてからは連続テレビドラマ「隠密八百八町」看了。
ともに、軽〜いユーモア作品として楽しく読み、見ることができた。





7月29日  (日)    0723    0724    0725    0726    0727

助数詞ってのが何かおもしろいね。
日本ではウサギは「羽」で数える。肉食禁忌の日本でウサギは食べてもいいとするためだろう。
中国では卵は「枚」で数えるみたいだ。これはどうしてなんだろうか?

パソコンのセキュリティソフトの有効期限がいよいよ残り1日となった。@
新しく買ったのをいれようとしてもどうしてもはいらない。
どうやら、これがゼロにならないと次のソフトは有効化できないらしい。
ということが解るのにまた半日費やした。
結局今のソフトを削除(アンインストール)してやったら、やっと新しいのが有効になった。A
と思ったらすぐにセキュリティーにリスクありときた。B
全プログラムをスキャンしなおして、やっと平常に戻ったようだ。
あ〜ぁ、タ イ ヘ ン だった。






7月28日  (土)    0723    0724    0725    0726    0727

朝の7時過ぎからオリンピック開会式の録画を見た。
そんなに覚悟をして見始めたわけではないが、
延々5時間、終わったのは12時をすぎていた。
さすがは世界の祭典だわな。
でも、ちょっと長すぎたんじゃあないの。
パッキンガム宮殿からジェームズボンドと
落下傘で降りてきたエリザベス女王さんも
途中ちょっと退屈しているようにも見えましたよ。

入場行進を見て思ったこと。
イギリスは自分のことを「グレートブリテン」って呼んでいるのかな。
英連邦の国って結構おおいんだな。やっぱり待遇がいいのだろうな。
英語での国名は韓国は Republic を外して Korea だのに
北朝鮮は Democratic Peoples Republic of Korea なのはどうして?
えっ! 日本の国旗のコピーかい?って国もあったな。
アメリカの国旗は星条旗、イギリスはユニオンジャック
日本の日章旗は英語ではなんと呼ばれているんだろうか?

パソコンのセキュリティソフトがあと2日で切れるという。
何度も何度も警告が出てうるさくて仕方がない。
すでに1万円近くを払って新しいソフトを購入済みだ。
数日分は損するがまあいい、インストールしようと取りかかったが
インストールは出来るんだがあと2日の警告は消えない。
半日かかったがどうしてもダメだ。会社に質問のメールをだした。

「海峡」伊集院静著 読了。
十歳ぐらいの子どもの目を通して見たどちらかと言えば底辺に近い社会の姿。
別の目から見ればかなり悲惨かもしれない現実が生き生きと描かれている。
それは丁度私の幼年時代と重なる。場所も神戸の近辺だ。
たとえばこんな話。
「降参だって言やあ、そこのビー玉はかんにんしてやる」
「うるせえなあ、ちょっと黙ってろよ」
 真らゃんが言った。真ちゃんはビー玉を見ながら二、三度うなずいて、英雄の耳元で、
「玉を全部あいつの軸玉のところへ寄せてしまおうぜ」と囁いた。
 ゲームの要副は、まず土の上に大と小のふたつの同心円を描く。
そうしてお互いが賭けるビー玉の数を決めてそのビー玉を外側の円の中にばらまく。
次にそれぞれが一個の軸玉を選んでその玉を小さな円の中で打ち合う。
そうして自分の軸玉で相手の軸玉を大きな円の外へ打ち当てて出してしまべば勝ちになる。
賭けたビー玉は勝者が総取りになる。ただし打ち当てたビー玉は小さな円に残っていなくてけならい。
打ち込んだビー玉に逆回転をかけながら相手のビー玉を外に追い出す技術がいる。
そして相手を誘い込む駆け引きもいる。
そのほかに、サイダー飴、ブリキ、ピカ、密航船、糖蜜船、ダンスホール、稲尾投手などの言葉も
見してくれ、〜してしもうた、などの言葉遣いも懐かしい。
言葉遣いと言えば、
この荒れた時代、底辺に近い社会、その中でちゃんと敬語が生きているのも「今は昔」の感じだ。

風呂屋に行って、酒のんで寝た。





7月27日  (金)    0723    0724    0725    0726    0727

土用の丑の日。世界のウナギの7割を食うという日本。今年はウナギが高値で困っているようだ。
ロンドンオリンピック開会式。といっても日本時間では明日未明だ。
サッカーの試合は開会前から行われ、女子はカナダに、男子はなんとスペインに快勝。

今日は梅雨の中休みというか、
うっすらと晴れ間の出た一日であった。
晴れは結構なんだけれども、蒸し暑い。
午前中から、ビタミンと野菜の粉末錠剤を呑み
昼は盲人按摩(2時間半 75元+20元)
今日の按摩師はちょっとよかったので
20元はチップである。
夜は冷凍ではあるがウナギの蒲焼きも食った。

冷房もつけたり、消したりしている。
熱中症とやらいうはやり病いにかからずに、
夏を生き延びていくのはなかなか大変である。

DVD「市長死す」 松本清張原作 看了
清張没後20年特別企画(フジテレビ)だ。
やっぱり、ちょこちょこと作ったミステリードラマよりは
かなり推理の質が深いなという感じはするな。






7月26日  (木)    0723    0724    0725    0726    0720

女性はどうしてスカートを穿くのだろうか。
和服でも女性が袴をつけることは少ないし、イスラム圏でも女性はスカートのようだ。
イリアンジャヤの高地人もやっぱり女性は木の蔓で作ったスカートだった。

昨夜来、大雨である。
朝 起きてみると天津の幹線道路もかくの如し。(写真左2枚)
動けなくなって立ち往生している車もたくさんいる。
午後、用事があって郵便局に出かけたが足首まで水に浸さなければ歩けなかった。(写真右2枚)



27日の朝刊である。この他にも写真多数
26日に政府が発表したという北京豪雨の報道


DVD「鍵のかかった部屋」 看了
最終話(11話)が今年の6月25日放映というから、つい一月前までやっていたドラマだ。
本格的密室ミステリーというわけではないし、だましの手法も多いんだけれど
結構おもしろく次から次へと見てしまった。

午後は外出(盲人あんま)と思っていたんだけれど、オリンピック女子バレー
なでしこジャパン×カナダの録画を見ているうちに行けなくなってしまった。
事前に勝負がわかっている試合はやっぱりドキドキ ハラハラがなくてよくないな。




7月25日  (水)    0723    0724    0725    0719    0720

ロンドンオリンピック間近である。
ひとつ疑問なんだが、走り競争、なんで裸足でやらないのかね。
このごろ靴ってもいろいろハイテクだろう? 
靴で勝負が分かれるなんてやっぱりあかんのと違う?。

予報ほどの大雨ではないが、朝からくずくずとした天気。
曇り、ちょっとした晴れ、申し訳程度の雨、かと思ったら雷も鳴る。
稲妻はなくて、空全体がフッと赤くなるような雷で、雷鳴も台車を引っ張っているような低い音。

でも、外に出る気にはならなくて、
ずっと家で本を読んだり、DVDを見たり
かみなり様の音に合わせて、ごろごろとして過ごした。

昨日のコーヒー屋の続きで「誘拐」 高木彬光著 読了
文庫520ページの長編だが、それに100ページの
本山茂久による「雅樹ちゃん誘拐殺人事件」の裁判傍聴記録がついている。
えっ? どっちが小説でどっちが事実? と思うぐらいのものである。

本を読んだりDVDを見たりだけの生活は肩がこる。
肩に磁石を貼り付けたり、温シップをしたりしたが
そんなことで快癒するものでもない。
ちょうどNHK「ためしてガッテン」で
オナラ・肩こり・ゲップ・腰ひざ痛・頭痛・耳鳴り・めまいまで。
一見まったく関係なく思えるこれらの全身症状が、
たった1つの“ある癖”がやめられないばかりに起きている。
しかも、その癖は4人に1人は持っているもの。
あなたの“その悩み”も、もしかすると癖が原因かも!?
家庭にある道具を使い、困った癖の持ち主かどうか見分ける簡単ワザを伝授。
さらに、メモ用紙1つでイヤ〜な症状が根治する究極治療法まで大公開!
というのをやっているのを見た。
よ〜し、一つこの「究極治療法」てのを試してみるか。








7月24日  (火)    0723    0724    0718    0719    0720

東北地方の鳥と九州の鳥とではその声紋を調べると明らかな違いがあるそうである。
つまり鳥の鳴き声にもお国なまりがあるということである。
お国なまりがあるんだったら当然国語の違いもあるかもしれないな。

  家でごろごろしとりたい気持ちになる気象なんだけれども
そうばっかりもしておれんと思って、昼寝の後街に出た。
「買一贈一」28元でコーヒー2杯は安い。
冷房のあるところでゆっくり本でも読もうと思って出かけた。
たしかに「買一贈一」だったが、
一度に2杯持ってきたのには参ったな。
2杯目のコーヒーは完全に冷コーになっている。
でも2時間ここで本を読んだ。

その後、伊勢丹によってちょっとした買いもの。
ウスターソース、桃屋のが16元、イカリのが46元
なんでこんなに違うんだと思ったら
イカリは日本製、桃屋は広東省珠海製だった。

写真左は地下鉄から地上に出る通路の露天(?)商である。

「今さら他人には聞けない疑問650」読了。つまんない。

今日は「中伏」、麺を食べる日だったが忘れていた。




7月23日  (月)    0723    0717    0718    0719    0720

シンデレラ姫というのがいた。カボチャの馬車に乗り、ガラスの靴を履いて登場した世界一の美女。
あれ、もともとの名前はCinderElle という。そう「灰まみれのElle」 である。
中国語でも「灰姑娘」と呼ばれている。意味抜きで音だけを取るというのもひとつの技法ではあるな。
ある業界では広告に SEX はOKだけれどもセックスはだめという内規もあるそうな。

  昨日は天津の気象予報官は雨乞いの祈りでもしたのか、と悪口を書いたが、
 今朝の新聞によると、昨日天津は34年来の大雨が降ったんだそうだ。
  予報官のみなさまに謹んでお詫びを申し上げる次第です。
 そして初めて青色、橙色豪雨警報を出したという。
 我が家付近ではそういう雰囲気は全くなかった。天津は広いんだわ。
 左の空は今日の夕方の空。きれいんだけれどちょっと不気味でもある。

 昼はう〜んというくらい暑かったけど、夕方からは風も出て涼しくなった。
 ♪夕空晴れて秋風吹き・・・というわけではなかろうが。
 3時から6時まで風呂に行った。この時間だったら空いているだろう
 と思ったんだが、これは大間違い。ベッドはお年寄りたちで満員だった。


DVD「スープカレー」と言うのを見た。
北海道放送何十周年記念連続ドラマだそうだが、ストーリーとしてはまったく面白くない。
ただ、こういうカレーも旨いかも・・・という期待だけで終わりまで見た。





  東風吹かば  匂い寄こせよ 梅の花   主なしとて 春な忘れそ

トップの写真は北の天満宮の梅の天日干し。




7月22日  (日)    0716    0717    0718    0719    0720

水力発電、火力発電、原子力発電はなどはいずれも公害がらみで不評である。
そこで風力とか地熱とかが脚光をあびているが、どうして雷力発電というのをやらないのだろうか。
あれだとタービンを回さずに直接電気を取り込めばいいのに、もったいないことだと思わんか。

昨日と今日の大雨予報。
結局今朝の3時半ごろに雷が鳴って、少々の雨。
天津の予報官、雨乞いの祈りでもしたのかな。
日本ではすでに梅雨は明けたそうだが、
天津もこれで本格的な夏到来となるのかな。
今朝は写真(左)ではちょっと判りにくいが
気持ちのいい好天である。
また、夕焼けも(右)素晴らしい。

日本の学校は昨日ぐらいから夏休みに入っている。
各小学校のラジオ体操はまだ行われているようだ。これはすごいことだね。
中国にもラジオ体操のようなものはあるけれども、学校の業間体操みたいなもので
このように毎朝わざわざ集まってきて、というようなものはない。
  (大人の太極拳などはあちこちでやっているけれどもね。)
トップの写真は神戸市東灘区の22日の朝の体操風景。

「小説 金融庁」 江上剛著 読了
このごろ、なんかこういう企業小説を
選ぶことが多くなっているようだな。

午後より知人二人来宅。キムチ鍋などして飲む。

とにかく暑い。頭も体もぼんやりしている。
23日午前1時に暑さに負けて起き出しこれを書いている。




7月21日  (土)    0716    0717    0718    0719    0720

熱中症というのが問題になっている。 外は勿論、家にいても本当に暑い。
そこで思うのだが、平安貴族たちは熱中症にはならなかったのだろうか。
京都の夏は本当に暑いよ。冷房もない。氷もない。頭髪は1mいじょうもある。
十二単などを着ている。勿論夏用にしろ紫式部や清少納言が浴衣一枚ってわけではなかろう。
どうして生き延びていたんだろうか。


今日は大雨が降るとの予報で、なるほど空模様もうっとうしい。
で、外出は控えて家にいた。暑い、暑い、暑い。堪らず冷房をつけた。
それと、もひとつ効果があったのが左の写真である。
紫色の手持ちの電池式扇風機。
風は大したことはないんだが、引き金を引くと霧吹きの要領で水が噴き出してくる。
扇風機の羽根に散らされてかなりきもちよく涼感がある。
さらに、その水にグリーンコットンのアロマオイルを少量混ぜた。
こっちも人ではなくて部屋中にシュッシュッと撒いて結構気分がいい。

本を読んだり、テレビを見たり、DVDを見たりしながら
一日をごろごろと過ごした。
でも、午後6時現在までまだ一滴の雨も降っていない。
それでもすごいもので夕方から雨含みの風が吹いてきて
窓を開ければ随分涼しくなってきた。
神様も手持ち扇風機に負けちゃあならんと張り合っているんだな。
DVD「君へ」看了。
傷ついたり、叫んだりという感じではなくて、なかなかいい映画だったよ。




先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。