7月31日  (日)



7月の晦日
そして2年間住んだ旧居を退去する日である。
午後4時、大家の親子が来て
なんか敷金を返したくないみたいで
部屋の状態を異常に詳細に点検。
でも見ての通り、綺麗に使っていたので
敷金は全額返金された。

写真上が居間、寝室、台所、(トイレは撮し忘れた)、下は辛うじて机が入る程度の小部屋が2つあった。

そのあと、天津の中心部からはちょっと郊外にあたる「梅江」というところにいる友人宅に行く。
大きな住宅団地のようなものが出来ており、友人宅も我が新居と同じ26階である。
街に出るとちょっと歓楽街のような雰囲気の通りがあり、そこで広東料理をたべる。かなり美味しかった。


「地球一週の旅」の写真を記録している光盤が再生できなくなっている。
回復にはちょっと時間がかかりそうだ。





   7月30日  (土)

引っ越し作業最終日。旧居にいくつか残っていた毛布や本、食器などを台車で搬送。
あとは旧居の清掃。明日、大家にカギを引き渡して引っ越し終了ということになる。
中国のテレビ、日本のテレビ、DVDが
スムーズに見られるように配線する
そのための連結のコードを
鞍山西道に買いに行った。
鞍山西道は日本橋、秋葉原のような
電気用品専門街である。
でも、そこに出ている露店がおもしろい。
パソコン、マウス、デジカメから化粧品、アクセサリー、コップ、靴、はてはパンツ屋までが店を開いている。
マクド、ケンタッキー、中国の軽食屋なども軒をならべているのだが
今日はまた「味千ラーメン」でトムヤンクン冷麺を食べた。

新潟や福島では津波に続いて今度は大雨・洪水の被害だ。
もう、ええ加減にせぇよ、という感じだな。
そんなに弱い物いじめをしちゃあかん。

天津でもやはり記録的に豪雨だったようで
31日朝刊ではトップ記事だった。
でも、写真の人たち、みんな明るいね。




・・・・・・ ぽろぽろと思い出すままに記す老いの繰り言のようなものである。同じことを繰り返していることもあるかも知れないが、お許しを。 ・・・・・・

今、日本でも天津でも大雨、洪水のニュースが氾濫、洪水の如くあふれている。。
天津の市街地は水はけもずいぶん良くなったが、商業大着任当初(10年前)は
1時間ほども雨が降れば宿舎前は膝ぐらいまでの水たまりとなったものである。
女性はスカート、素足にサンダルだからいいんだけれど、
男のズボンはなかなか膝まではめくり上げられないし、靴下、革靴である。
結果、びしょびしょのズボンに靴を胸に抱いての出勤というのがしばしばであった。





   7月29日  (金)

引っ越し作業第十日目。新居で第五日目である。
おおむね、片付けは終わったが、左の写真の通り、
大体の分類によって
本を書架に並べ終えたという段階である。
机の下や書架の下段には
何を書いているのか解らない書類が
ぎっしりと詰まっている。
まあ、これらの整理は一生仕事だろうな。
と言っても、それほど長い時間じゃないけれど。

一台のテレビで中国のテレビ、日本のテレビ、DVDの3種類をスイッチの切り替えだけで
見れるようにする配線もだいたい目途がついた。

午後、盲人按摩。あんまり上手とは言えない兄ちゃんに当たってしまった。

ちょっと落ち着いたので、連載附録「地球一周の旅」を再開します。
おじゃまさまですが、時々見てやってください。




(15)   2001年 6月18日

洋上ショー

わたしの平和宣言

6月18日夜、
ネプチューンデッキにてピースナイト。
オリビア合唱団のコーラスもあったのだが、
何と言っても圧巻はチームユネスコのダンス
『わたしの平和宣言』である。

5月24日(出港2日日)には
もう練習が始まっていたものね。
それから1ヵ月足らず、
よく練習して本当に
素晴らしいダンスを作り上げている。
  この欄の上の2枚は旅行中ほぼ毎日プリントして私の部屋の前に掲示したものである。GPSとプリンターと早起きが威力を発揮している。
  下の小さな写真はその時々のスナップである。説明や感想は左欄につけれたらと思っている。長旅だが、どうかゆっくりとお楽しみください。









  各寄港地14カ国で踊り、5323名の署名を集め、
  9月19日の国連総会に提出、併せて国連本部前でも
  このダンスを披露することになったそうな。すばらしい。

  上は練習風景。左は代表の人と、練習中の選外の風景





   7月28日  (木)

引っ越し作業第九日目。新居で第四日目である。
今日はちぐはぐとしたうっかりミス連続の一日であった。
まずはまずは午前中の書斎内配線。
本を出し、書架を動かし、机の下にもぐり
やっと配線をしたと思えばテーブルタップが不良
また、潜ってコードを取り替え
よ〜しこれで全部終了、書架を戻し、本を並べ直す
アイヤー、配線を一つ忘れていた。
もう一度、全部をやり直し。

うっかりミスの最たるものは財布の紛失である。
きのう焼き肉屋に行った時にはあったことは確実、家のどこかにあるはずだ。
  (注 焼き肉屋に行ったのは一昨日だったのに、昨日と思いこんでいる。)
机の上などはそれはそれは乱雑なので、それを全部動かして探すが、無い。
床の上もすみずみまで探したが、無い。各種引き出しも全部開けて見たが、無い。
熟慮深考の結果、ゴミと一緒に捨ててしまったのだという結論に達した。
明日は一番に銀行に行ってカード用として預金している金をとりあえず全部引き出すこと
スポーツクラブ、伊勢丹、日本人会 ・・・・・あ〜あ。

まぁ、くよくよしてもしょうがない。風呂に入って一杯飲んで 今日はおしまいにしようと
風呂に湯を入れながらサラダを作り、トマトを切り、豆腐を皿に入れ、
大根おろしを作り・・・と思ったらおろし器が見つからん、豆腐にかける鰹節が見つからん
しまった!と風呂を見に行くと水が満々だ。
水を半分捨てて、熱湯を追加、そうしている内にフライパンにかけていたじゃがいもが真っ黒

なんとか風呂には行って、さあ始めようとトマトに塩をかけたらこれがドバッとかかってしまった。
塩漬けトマトだ。

そして、最後はインターネットの不調。
つながっているはずなのに、インターネットにつながっていない可能性がありますと警告が出て画面が出ない。

結局、日本のテレビは見れなくて、あまり面白くもないDVDを見ながら飲んだ。
DVDは畳の部屋なので足が窮屈でうまく酔えなかった。
という一日だった。

注 サイフは前の家の整理に行ってズボンを脱いでソファーに放り投げた時、床に転がり落ちていたのだった。
  おろし器も鰹節もかなり時間はかかったものの探索に成功した
  インターネットは翌日の朝(今これを書いている時だが)自然回復していた。えらいものだ。



   7月27日  (水)

引っ越し作業第八日目。新居で第三日目である。
やっと書斎の床が見えてきた。
やむを得ず押しかけ居候の冷蔵庫も使用可能の状況に。
でも、これからが正念場、捨てる本も選ばにゃならん。
そのためにはざっと目を通さねばならんだろう、目を通せばまた愛着も・・・
愛を断ち切り、友人を送る試練だな。(でも喪服を着なくても出来る)
椅子にかかっている金ピカの布はインドで買ってきたサリーの布である。
穴蔵のような書斎なのでせめてちょっと豪華な雰囲気を、と飾ってみた。

中高と一緒だった友人が今朝方亡くなった。
6年間一緒だったンだけれど彼は秀才部、私は落第すれすれ部だったので
そんなに親交があったわけではないが、医者が先に死んだらあかんやろうが・・・

写真はわが六甲15期生のホームページから借用した通夜の模様である。
早いねぇ、昨夜7時からの通夜の写真がもうホームページで報告されているんだものねぇ。


みんな黒いスーツと黒ネクタイなんだな。オレそれ昨日捨てたところだ!
でも、写真にもあるように亡くなったご本人は黒いスーツを着なくてもいいみたいね。
喪服もっていないオレは通夜とか葬儀に参列するのはやめて、普段着の写真で出れる立場になればいいわけだ。
もう、誰もオレより先に行くなよ。喪服持ってないヤツに迷惑だよ。

昨日、ベットから落ちた。
今まで、横180pあったダブルベットから150pのセミダブルと小さくなったのが原因かもしれん。
落ち方が上手なので、怪我ひとつせず、1分後にはまた熟睡していた。



   7月26日  (火)

引っ越し作業第七日目。新居での実質第二日目である。
やっと書斎の床に転がっていた本の束を書架に移動し終えたと思ったら
またまた、居間、寝室、台所からいろんな物件が侵入
おかげで居間や台所、寝室はまあまあ片付いた感じになってきたが
書斎は相変わらず。
昨日は古本屋の一角のようだったのが、今日は古道具屋の一角に変わっただけだ。

昼頃、家具センターに行き、タイルの壁に貼り付ける食器棚やタオル掛け、フック、下駄箱などを購入。
その店になかった物を、車で30分ほどかかる系列店まで買い足しに行く。
その店まで行って、家まで送って70元というミニバンを雇って出かけたのだが
次の店まで行った時、此処まで、といって運転所は帰ろうとする。さらに家までだとあと30元と言う。
まだ、こんなセコイやつが横行しているんだな。
バカ言うな、何なら前の店に帰って仲介の店員に確認しようか、というと
わかった、わかった、といって家まで送ってくれる。
文句を言えばすぐ引っ込めるようなら初めから言うな! 根性無しめ!
ミニバンなので冷房はない、頭のてっぺんを手で触ったら熱くなっている。

二軒目の店では前の店で買った商品がリュックに入っていたので万引きと間違えられて一騒動。
店のレシートを見せ、商品の在庫を確認する電話がかかっているだろう、
前の見せに電話してみろとか言って、やっとこさ通過。
頭の中も熱くなってきた。

家に帰って食器棚などを貼り付けようとしたら、それがまたうまくいかない。
結局いくつかは強力ボンドで接着してとりつけた。
とにかく、艱難辛苦我にあり、という一日だった。
心も熱くなっている。

一軒目の店で写真のようなコップを買った。
ひっくり返して冷凍庫に入れておくと
中の青い液体が凍って氷のグラスとなる。
これでビールを飲めば一段と旨いハズだ。

疲れたので夕食は丸福という
日式焼き肉屋に行って済ませた。
ここの焼き肉は旨かった。それに、
キャベツの浅漬け一盛り 1元というのもいい。

というわけで、今日も「思い出ぽろぽろ」はお休み。
昨日もも今日も、・・・・ その内、消えてしまうのかも。





   7月25日  (月)

引っ越し作業第六日目。というか新居での実質第一日目である。
一日がかりで居間や寝室に散在していた本を書斎に収める。
紐でくくっていたもの(おそらく百個ぐらいはあるだろう)を
ほどいて書架に並べる。
これだけでもクタクタになる。
さらに、衣服類の整理。服は三分の二は捨てた。
背広、ネクタイは全部捨てた。
もし、これから冠婚葬祭に
出ることがあってもジャンバー姿だ。

坊さんが墨染めの衣一枚でどんな席にも出られる、
出家はしなくても、世を捨てた退職者(大食者かも知れん)に社会公認の服飾があれば便利なのにねぇ。

昼は近くの「味千ラーメン」という所で、トムヤンクンラーメンと日式餃子を喰った。
餃子は大変不味い。トムヤンクンラーメンはまあまあの味(美味しいとは言えない)だ。

今日も「思い出ぽろぽろ」はお休み。





   7月24日  (日)

引っ越し作業第五日目。大型荷物の引っ越し。
予報では一日雨ということであったが、
引っ越しが済む6時ごろまでなんとか降らずにすんだ。
そのあとは、まっていたようにすごい雷雨
26階は雷さんに近いせいか、飛び上がるほどの雷鳴がする。
そして雨粒も新鮮だ。

朝早くから作業にとりかかる。
作業と言っても主たるものは、
書架から書籍を下して紐でくくることである。
いつも引っ越し屋が「たくさんの本だなぁ、これ皆読んだの?」と
感嘆三分、苦情七分の感じで言うほんの量である。
こちらも同感でやっていてすぐに飽きが来て再三の小休止がはいる。
暑くてぼんやりしてくるし、これまた再三冷水シャワーを浴びて
無理に元気をつけてがんばる。もう明日には延ばせない作業だ。
あとは鍋、炊飯器、衣服、蒲団 等のダンボール箱詰め。

3時、引っ越しのトラックが来る。エレベーター1基を占領し、10階から下ろし、26階へ運び上げる。
選別をしないまま全部運んだので、新居には収まりきれないのは必定である。
まず、運んだ時点で電動按摩椅子が収容不能、大型ゴミと化した。
明日からは、服も鍋釜もコップや食器も整理の対象となる。書籍も全部は残せないだろう。
それぞれに思い出があり、なかなかつらいものがある。
窓際は休憩、レストラン、ラウンジ、バー等々としての役目が決まっているので
書籍等を「窓際族」として残してやるわけにもいかない。

荷物を梱包のままそれぞれの部屋に移し終えて、今日の作業はお終い(上の写真の状況)とし、
風呂に入って、毎日毎日、風呂のことが書いてある、それほど値打ちがある
シャワーでは鼻歌はでないものね。今日の鼻歌は「ここはお国を何百里」から始まって軍歌シリーズだったね。

というわけで、今日は「地球一周の旅」はお休みします。





   7月23日  (土)

引っ越し作業第四日目。
昨日は新居の方で寝たので朝起きても何もする仕事がない。
かと言って5時ごろにまた旧居にもどるのもヘンだし、
ということで朝方はごろごろして、昼過ぎから荷物運びにかかった。

昨日の夕方、電話がかかってきてインターネットはつながったが
ワイヤレスにはならない。
今日の夕方になってまた作業の兄ちゃんがやってきて、
やっとワイヤレスでの通信OKとなる。
何分、眼に見えないヤツは付き合いが面倒だ。

風呂に入ってから(風呂というのはホントにいい)旧居に戻って
引っ越し荷物に囲まれて、ビールを飲んで早く寝る。
と言っても、いったん運んだ削り節や醤油など、もう一度運び直しての食卓だ。
なかなか大変。
明日が大型荷物の引っ越しだ。が ん ば ろ う!!




・・・・・・ ぽろぽろと思い出すままに記す老いの繰り言のようなものである。同じことを繰り返していることもあるかも知れないが、お許しを。 ・・・・・・

  つづき
中学校の教師になってからのことだが、
地区の小学校の先生と生徒指導の交流会を小学校で行ったことがある。
その時、ついでに給食を一緒に、ということになつた。
これが給食か!と思うぐらいに美味しかった。
現在の給食はもうレストランに手が届きそうなものを喰っているみたい。







   7月22日  (金)

引っ越し作業第三日目。
明後日の日曜日に引っ越しのトラックに来て貰うんだが、
近いことだし、特に包装に注意を要するもの、
食器類、調味料、冷凍・生鮮食品、精密器機等は
団地の台車を借りて、自分で運んでいる。
いちいち新聞紙で包んでとかやるよりは楽だけれども
それでもなかなか大変。
ホント言えば、こんなつまらんブログを書いている折ではないのだが、
ま、毎日書こうと決めたんだからと頑張っております。

インターネットを始め、電話、新聞、インターネットテレビ、
年金もとへの住所変更、伊勢丹、日本人会、スポーツクラブ等への住所変更
などなど、なかなか大変だよ。

まだインターネットがつながっていないので、パソコンを旧宅へ持ち帰って
荷物運搬の合間、積み上げた荷物の間で、これをUPしている。
いまから、もう一度、荷物運びをする。




(14)   2010年 6月19日

地球一周洋上

ファッションショー


 6月17日

 船内フアツションショーが
 盛大に挙行された。

 当初6月8日に
 予定されていたのだが、
 インド洋での船の揺れが激しいので
 延び延びになっていたものである。

 おそらく運動会の
 仮装行列程度のものであろうと
 思っていたのだが、
 なかなかどうして
 かなり本格的と言ってもよい
 ファッションショーであった。

 何日もウォーキング練習を
 繰り返しただあって
 歩き方も炊に入っているし、
 何より成功させようとの熱意が感じられる。

  この欄の上の2枚は旅行中ほぼ毎日プリントして私の部屋の前に掲示したものである。GPSとプリンターと早起きが威力を発揮している。
  下の小さな写真はその時々のスナップである。説明や感想は左欄につけれたらと思っている。長旅だが、どうかゆっくりとお楽しみください。











   7月21日  (木)

引っ越し作業二日目。今日も雨気味。
まずはパソコン、DVDを担いで行って接続テスト。
テレビのコードを抜いてDVDと差し替えればDVDは映るんだが、
いちいちそんな面倒なことはやっておれんしねぇ。
いろいろ、さわっている内にテレビまで映らなくなってしまった。
インターネットの方は、これもほぼあらゆる方法をトライしたけれどもダメ。
あきらめて、接続会社にTel。
午後から来てくれるというので、ケンタッキーの宅配を頼んでそのまま待機。
外に出るわけにはいかないし、別に何もすることはないし
26階 窓際でゆったりと読書。
4時頃になってやっと業者の兄ちゃんがやって来た。
私と同様、色々やってみるがやっぱりだめ。
でも、今度は本社と電話でいろいろ報告・連絡・相談をしながらだ。
結局、本社がたどりついた結論は
この接続への加入手続きが出来ていないということ。
まったく、な〜んだ! である。
明日、またまた2年分の料金先払いで契約をして、明後日、工事に来てくれるという

そのあと、また台車で荷物運びを再開。
友人二人が陣中見舞いにケンタッキーでハンバーグやポテトフライ、鶏の唐揚げなどを盛ってきてくれたので
それで夜景を見ながらビール。屋上ビアガーデンの雰囲気だよ。




・・・・・・ ぽろぽろと思い出すままに記す老いの繰り言のようなものである。同じことを繰り返していることもあるかも知れないが、お許しを。 ・・・・・・

小学校低学年の時にも学校給食はあった。
私たちの年代の人は家に食べ物がなく、この給食で命をつないだという人も多い。
私もよく他所の畑に忍び込んで芋などを掘り(盗み)生のまま囓ったりしていたが、
給食はホントに不味かった。
その最たるものが脱脂粉乳を溶かしたものに野菜を彫り込んだスープである。
でも、1回だけチョコレートが出たことがある。
これは忘れられない。







   先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。