8月31日(月)
 

前の家の終わり頃からNHKプレミアムが映らなくなった。
引越も決まっていたことなので修理はせずにそのまま我慢していた。
そして引越が完了、インターネットで見る日本のテレビ というのを申し込んだ。
今はインターネット回線そのものが遅いのでテレビの映りももひとつであるが
それでもNHK総合と教育 フジ 読売 朝日 大阪 サン 関西 の地上波8局が見られる。
今まではNHKひとつだったので
  なぜ関東地方の天気予報を見なきゃあならんのだ とか
放送権の都合で・・・・とかに腹を立てながらみていたが
これからはそれはなくなった。
しかし今度はチャンネルを選ばねばならぬ。
これが結構面倒なものだ。
それからいままで無かったコマーシャルにも付き合わねばならぬ。
中国では中央テレビ(CCTV)でもすべてコマーシャル入りだ。
それもコマーシャルの方が長いんじゃあないかと思うぐらい延々と入る。
と思っていたが日本のコマーシャルも結構長い。




昨日 我が家でちょっとした宴会をやった。
別に何のテーマがあったわけでもない。
何となくその気になって
急遽電話して集まってもらったメンバーでの宴会である。
エビフライ キムチ鍋 お好み焼き 
ビール 白酒 焼酎 梅酒 日本酒
そして最後はカラオケ・・・・

何となく大いに発散して、夏休みのお終い。


今日から大学の授業が始まっている。
私は明日 今期初出勤である。







  8月28日(金)
 

現代七十二候というのがあって、8月28日は「天地始めて寒し(処暑次候)」というのだそうだ。
なるほど、よくあたっている。今日は今年始めて「寒さ」を感じた日だった。
太陽は真夏の日差し、でも外に出ると風がさわやかで秋の風情
「目にはさやかに見えねども・・・・」ってやつだ。
それが夜になると肌寒くなり「天地始めて寒し」の実感。

そんな中、授業の打ち合わせもあって、久しぶりに天津商業大学にいってきた。


  商業大学正門を入ったところ                第一教学楼      


  私が授業する教室の入っている棟              図書館


  右は学生寮の中の通りである。
  始業前とあって構内に学生の数は少ないが、
  時々 私に頭を下げてすれ違う学生がいる。
  外来者と見て挨拶をしているのであろうか
  だとすれば、大学生のマナーの向上に感心する
 
  あるいは、日本語学科の学生で私を知っていて
  挨拶をしてくれているのかもしれない。


授業の時間や教室を確認し
使用教室の下見に行った。
持ってきた教材をPowerPointで映写してみる。
録音、音楽、DVD映写などはOKである。

ただし、PowerPoint そのものが映写できない。
教室のコンピュータが Office2007 に適応していないのだ。
2007が使えるソフトをダウンロードしてやればいけるんだろうけれど、どうもうまくインストールできない。

ホント危ないところだった
下見せずに授業に行ったら、初っぱなの授業でつまずくところだった。




夜は「旬彩」という日本料理店にヒラメの活け作りを食べに行く。
メールで右写真のチラシが届いた。
おや、今日が活け作り半額の日だというので、早速電話を入れて予約。

ヒラメの活け作りはなかなかのもので、テーブルに運ばれてきても
しばらくは口をパクパク させている。
ヒラメにも末期のビールをちょっとご馳走して、
身の方はこちらがご馳走になったが、
その途中でも、ずいぶん大きく身をくねらせておどかせることがあった。
もちろん、ヒラメなのでエンガワも刺身でつく。


半身は寿司
そして、アラは
「焼き石味噌汁」
となって出る
大きな鉢に入った味噌汁に
十分に焼いた子供の拳
程度の石を放り込む
温泉のように
泡が吹き出して
見事である。

これで148元は
やすい。
  半額で148元かと思っていたら
今日はなんと74元。
二人で食えば、一人34元。
これは大満足だった。





  8月26日(水)
 

昨日 やっと新しい家にインターネットが通じた。
ADSL 2M とはいうものの それは9月1日からで
まだ500K程度しか出ていない。
それでも今日はインターネットで見る日本のテレビというのを接続した。
これもやはりまともに見られるのは9月1日以降であるが
それでも一応日本語のテレビが映っている。
ブログもなんとか更新が出来そうである。

8日以後の動きを追ってみると
9〜12日 一日に3〜4回 タクシーで小物を運ぶ
引越といってもタクシー ワンメーターの距離なので
茶碗などは新聞紙に包んで段ボールに詰めて とやっているより
鞄に入れてそっとタクシーで運んだ方が楽なのである。
13日 大型家具の引越。引越屋のトラックで机や冷蔵庫、畳などを運んでもらう。
ついでに本も引越屋に頼んだ。
それでもまだまだいろいろな小物が残っている
8月中は前の家の家賃も払っているので、メールのチェックかたがた荷物運びがつづく。

14日 新しい家の電灯を付け替える。
16日 郵便受けの鍵を付け替える。
    これにはちょっと驚いた。鍵のかかった郵便受けを開けるのに60元(開鎖)
    鍵の付け替えは20元である。
18日 インターネットで見るテレビの工事依頼。
21日 スポーツクラブ更新
24日 日本人会に住所変更届け
25日 ADSL設置工事
26日 新聞購読 インターネットで見るテレビの設置工事

といった具合。

その間 本を5冊ばかり読んだ。

明日は前の家の鍵を返す。
明後日は天津商業大学に打ち合わせのため出勤する。

と、まあ こんなところだ。





8月 8日(土 私の70歳の誕生日)


大学を卒業してほぼ40年間、公務員として学校の先生をやって
2000年3月末、退職。
あとは「おまけ」というかご苦労さんの10年
人生を70歳までと定め、好きなことをして暮らそうと決めた。

ところが、その好きなことというのがやっかいであるる
最初の一年こそは
帆船に乗り組んで太平洋を渡り、豪華客船で地球一周の旅もした。
雲南、北京の大学に短期留学もしたし、大阪の公立大学の先生もやってみた。
中国南方のかなり長途の一人旅もしたし、2週間泊まり込みの日本語教育の研修も受けた。
以上を1年半でやってしまった。

2001年9月からは中国に住み着いて、天津の大学で日本語の教師をし ている。
そして8年! が過ぎた。
もちろん、これも私の好きなことであり、生き甲斐でもある。

でも、ひょっとしたら公立学校40年のご褒美は1年半でつかい果たしていて、
この8年間はまた新しく貯金をすべく「仕事」に励んでいたということなのかもしれない。
8年の貯金ではそんなにたいしたことはできない。

授業を週一日、4時間に減らして、心豊かに教材研究をし、自分に納得のいく授業をしよう
というのが、8年間の中国生活の「利子」としての生活と思っている。


昨日、在留証明書をとりに北京に行ってきた。
すぐに書留で社会保険庁と公立学校共済に送ったが、
受け取りも、書留の番号もくれなかったが大丈夫なんだろうか。
ついでに王府井をすこしぶらぶら







それでもまだ時間があったので、南駅ちかくにある「中国古代建築博物館」というところを見学してか帰ってきた。




今日、家主が新しい家の鍵をくれるという。





8月 6日(木)


いろいろと気分的に忙しい。
パソコンもXPからVista にかわって便利になっただけではない。
かなり、不便になったというか、使い勝手が悪くなったところも多い。

それやこれやで、気がつけばもう6日
ちょっと気晴らしにビール祭というのに出かけてみた。



この写真をデジカメから取り込む方法も変わっている
やれやこれややって1時間以上かかってっと写真が表示できた。
こんなことで仕事の予定が全然狂ってしまう。
疲かれた。

明日は北京の領事館に「在留証明」というのを取りに行く。
年金支払い機構さんにちゃんと生きておりますから今年も年金をくださいという手続きだ




8月 2日(日)


この間から、あちこち家を探して回っている。
今の家を8月末までにでなければならないことになったからである。
なんでも家主の娘がイギリスに留学するので、まとまった金が必要になり、
今わたしが借りている家を売りに出すことになったそうである。

もう何軒も見て回ったが、帯に短し、たすきに長しで、なかなかこれといったものに当たらない。

でも、1日にまずまずという物件に出会って、一応契約をした。
家賃一年分の前払い、これで一年間の住み家はなんとか確保できたが
生活費の方がかなり心許なくなってしまった。

まあ、なんとかなるか・・・・・
 





   先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。