4月25日(土)
  
昨24日、天津商業大学では運動会が挙行され、全学授業は休講となったそうである。
「そうである」というのはそのことを私は全く知らなかったからである。
金曜日の午後は「大学日語」の授業日である。
午前中に学生から「今日は学校は休みですけど、どうしましょう?」という 電話がかかってきて、初めてそのことを知ったのであった。
授業といっても学生は二人だけなので、
「じゃ、君たちで相談してまた電話してください。」というと
しばらくして電話がかかってきて
「私たちは運動会には参加しませんので、もしよければ授業をしてください。」という。
私の授業が、なるべく受けたくない授業、
休講になれば「やった!」と喜ぶ授業ではないということかと勝手に思ってうれしくなった。

23日、柳絮もなく、気持ちがいいと書いたが、翌24日は一転、柳絮乱舞する一日だった。
吹雪のように吹き付ける柳絮で息も注意して吸わねばならぬというくらいだった。
写真にはなかなか飛んでいる柳絮は写らないが、道ばたにたまった柳絮でご想像いただきたい。

 






4月23日(木)
  
昨夜来からの雨、今朝はほとんどやんでいて、
傘はささなくてもいいくらいの小雨

雨に洗われて、緑も輝いているし、空気もおいしい。
何度も大きく深呼吸しながら早朝出勤をした。

数日前のことだが、市場に行くと「筍」が出ていた。

   

さっそく、小さいのを3本買って帰って「筍の刺身」にした。
1本はそのままで、
1本はトースターで時間をかけて焼いた
1本は糠なんてないので米を半カップほど入れて茹でた。
生はやはりちょっとエグかったので、細かく刻んで焼きめしに入れた
焼いたのも、茹でたのも 同じようにうまく灰汁抜きができて
わさびをつけなくてもおいしく食べられた。






4月22日(水)
  
また、パソコンの故障である。
月曜日の夕方、またもインターネットの接続が不能となった。
幸いというか、インターネット以外の機能は働いているので
授業の準備には支障がない。
またも、リカバリ。
せっかくの設定や、覚えさせた語や単語のでてくる順番等
変わってしまって、やりにくいことおびただしい。

戸外は陽気で華やかな春爛漫だが、パソコンの看病で外出もできない。

   





   先週以前のブログは下の「過去のブログ」からご覧ください。